自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 世界にひとつだけの居酒屋を開業しよう!開業資金や必要資格とは?

世界にひとつだけの居酒屋を開業しよう!開業資金や必要資格とは?

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

お酒類を提供するお店を開業したいと考えている方の中には、居酒屋を開業しようと思っている方も多いことでしょう。しかし、そもそも居酒屋について、きちんと理解できているという方はどの程度いらっしゃるのでしょうか。居酒屋についての基礎知識を押さえたうえで、実際に開業するにあたってどの程度の資金やどのような資格が必要なのか知って適切な準備ができるようにしましょう。

この記事の目次

居酒屋とはどのようなお店?

そもそも、居酒屋とはどのようなお店のことを言うのでしょうか。居酒屋は、お酒類に加えて料理を提供しているお店であり、お酒がメインに来る点でレストランなどとは違っているのが特徴です。

また、バーやパブなどが基本的に洋酒や洋食を提供しているのに対して、居酒屋は基本的に和食や日本酒を提供する場所となっています。ただ、近年では洋風居酒屋が誕生したり、和風の居酒屋でもウィスキーなどは提供されているので、このあたりの線引きは曖昧になっていると言えるでしょう。

居酒屋の特徴として、大衆的な価格帯でお酒を楽しむことができるというものが挙げられます。料亭などのように高級なお店と違い、気軽にふらりと立ち寄れる程度の価格帯であることも、居酒屋の大切な条件のひとつだと言えるでしょう。

居酒屋の開業資金や資格とは?

実際に居酒屋を開業する際には、どの程度の開業資金が必要になってくるのでしょうか。居酒屋の開業を行う際には、以下のような費用がかかってきます。

  • 物件を取得するための費用
  • 物件を改装したり、設備を購入したりするための費用

場所や店の規模、さらに居抜き物件を使うか否かなどによってかなり金額は変わってきますが、上記の費用を総合するとおおむね700万円から1,200万円ほどは必要になってくると言えるでしょう。

居酒屋を開業する際には、調理師免許や酒類販売免許などの特別な資格は必要ありません。しかし、飲食店であるために食品衛生責任者の資格や、営業許可は必要になってきます。いずれも、漏れなく取得しておくようにしましょう。

また、開業にあたっては必ず事業計画を用意することも大切です。事業計画書がなければ、開業資金を融資してもらうこともままなりませんし、お店のコンセプトなども曖昧な状態となってしまいます。適正に事業計画を定めて、事業計画書に起こしておきましょう。

カフェと居酒屋はどちらの方が開業しやすい?

このように、居酒屋開業にあたっては様々な手続きが必要になってきますが、居酒屋を開業することは、他の飲食店と比べてどの程度難しいものなのでしょうか。

開業にあたっての資格や事業計画に関しては、カフェも居酒屋もほとんど同じような手続きが必要になります。違いが生まれてくるのは、開業資金の部分です。

居酒屋と比べると、カフェの開業資金はより低く抑えることが可能です。カフェは居酒屋と比べて1坪あたりに配置できる席数が多くできるので、居酒屋よりも狭い店舗であっても十分に経営していくことは可能になります。

さらに内装や調理設備などに関しても、居酒屋よりも簡単なもので済むことが多いため、この部分でも開業資金を節約することが可能です。これらを総合すると、カフェの開業資金は場所や条件などでも変わってきますが、おおむね500万円から600万円程度と考えられるでしょう。

ただ、カフェの客単価と居酒屋の客単価は5倍から6倍程度違ってきますので、実際に開業してから軌道に乗りやすいのは居酒屋の方だと言えるでしょう。開業にあたって居酒屋とカフェで悩んでいる方は、開業後のことまで考えて選択する必要があります。

まとめ

居酒屋を開業する際には、以下の3点に留意する必要があります。

  • 開業資金の内訳を理解する
  • 開業時に必要な資格を押さえる
  • 融資を受けるためにも、事業計画書を正しく作成する

個人経営の居酒屋は大衆的であり、サラリーマンなどの方にとってはひと時の癒しを得られる場所でもあります。開業して、いわゆる「常連さん」である固定のお客様をつかむことができれば、愛され続けて長く営業していくことも可能になるでしょう。ぜひとも、自分だけのオリジナルな居酒屋を開業してみてはいかがでしょうか。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。