自分らしいお店作りのための情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 経理・会計 > 国民健康保険料を払った人が確定申告で節税するためのポイント3選

国民健康保険料を払った人が確定申告で節税するためのポイント3選

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

あなたが支払う国民健康保険料は所得税の計算上所得から引けることをご存じですか?国民健康保険料の金額を申告しなかったばかりに損をしてしまうなんてことがあれば誰でもがっかりしてしまいます。そこで今回は国民健康保険料について知っておくと便利な知識をご紹介します。国民健康保険料を確定申告で忘れずに申告すれば税金を多く支払わずに済みます。

この記事の目次

国民健康保険料はどうやって申告するの?

確定申告をするときに社会保険料控除を使って申告します。

社会保険料控除となる保険料は他にも下記のようなものがあります。

  • 健康保険料
  • 国民年金保険料
  • 厚生年金保険料
  • 介護保険料
  • 雇用保険料
  • 国民年金基金の掛け金
  • 後期高齢者医療保険料

あなたが支払った上記の保険料を社会保険料控除とすることができます。たとえばその年に支払った保険料が下記のとおりだったとします。

  • 国民健康保険料:600,000円
  • 国民年金:754,620円

この場合は1,354,620円がそのまま社会保険料控除になるということになります。もちろん国民健康保険料でなく任意継続保険料も社会保険料控除として所得から引くことができます。

家族の健康保険料も一緒に合算できる?

あなたが支払った健康保険料であれば家族の健康保険料もまとめて合算することができます。ただし下記のような場合の健康保険料はあなたの社会保険料控除にまとめることができません。

パートをしている妻が支払う健康保険料

妻の給与から引かれる健康保険料を支払っているのはあなたではなく妻となります。そのため妻が支払う健康保険料をあなたの社会保険料控除とすることはできません。

4月から独り暮らしを始めて生計が別になった子どもの国民年金保険料

4月以降もあなたが子どもの国民年金保険料を支払っているとします。1月分から3月分の国民年金保険料は生計を一にしていたためあなたの社会保険料控除とすることができます。しかし4月から12月は生計が別々になったので、いくらあなたが支払っているとはいえ社会保険料控除とすることはできません。生活費を送金しているなどの事実があれば離れて暮らしていても同一生計といえるため、その場合は4月以降の国民年金保険料もあなたの社会保険料控除にすることができます。

健康保険の領収書や証明書は必要?

払い込んだ国民健康保険料の領収書や払込証明書は確定申告書と一緒に添付する必要はありません。ただしいくら払ったのか確認できる書類がなければ正確な金額を記入することができません。支払った健康保険の金額は下記の書類で確認することができます。

  • 金融機関の通帳
  • 国民健康保険料の納付書

通帳に印字しないまま取り扱い金額を合算されてしまったり納付書が見つからない場合は、市区町村の窓口で問い合わせるようにしましょう。

まとめ

国民健康保険料は下記の3つにまとめることができます。

  • 支払った国民健康保険料は【社会保険料控除】の対象となる
  • 一緒に生活している家族の健康保険料も一緒にまとめることができる
  • 支払った健康保険料の金額は通帳や納付書で確認しよう

②の家族の分も一緒にすることができる点は下記2点が重要なポイントとなります。
同居・別居を問わず生計を一にしているか・納税者本人が支払ったか
自分が支払った国民健康保険料が社会保険料控除になるかどうかわからない場合は税務署へ確認してみましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

【店舗コンサルタント監修!】店舗の設備機器を長持ちさせるために!メンテナンスとクレンリネス

店舗のメンテナンスとクレンリネス。実は実施しているのはオーナーだけ。そんなことはありませんか?コラムでは、そんなメンテナス・クレンリネスが何故大切か、どのようにして従業員の業務として仕組化するかのステップを紹介しています。

POINT

  • メンテナンス・クレンリネスがなぜ必要なのか
  • 仕組化するためのステップ
  • 実践するためのツールの作り方

この記事を書いた人

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。