自分らしいお店作りのための情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 経営・開業 > 【開業準備】開業分野を選んでターゲット客層を知ろう

【開業準備】開業分野を選んでターゲット客層を知ろう

中野 裕哲(なかの あきひろ)起業コンサルタント(R)

開業することを決心したら、まずするべきことは、ざっくりとした事業の方向性を定めることです。開業する分野を選定し、ターゲットとする客層を想定し、そのターゲット客層が持つニーズや悩みを探る。ここがうまくいくかどうか、開業が成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません。これには定石といえる考え方があります。まずは基本を押さえていきましょう。

この記事の目次

3つの輪が重なったところで開業する

お店の開業を決心したら、まずは事業の方向性を定めましょう。飲食業やアパレルを含む小売業など業態を決める事や、例えば飲食店であれば「カフェ」「バー」「ラーメン屋さん」などのジャンルを決めることです。

その際に意識したいのは、

  1. 人生で実現したいこと
  2. 自分ができること
  3. 社会が求めていること

3つの輪が重なったところで開業すれば、成功する確率が高まるということです。

この3つのうち、ひとつでも欠けたところがあれば、成功できる確率は下がります。例示してみれば、わかると思います。

  1. たいしてしたくもないビジネスで開業する
  2. 得意でもなく、できもしない分野で開業する
  3. 社会的に全くニーズがないのにその分野で開業する

これらの要素があったら、開業に失敗することは目に見えています。こんな風にならないために、この3つをそれぞれ突き詰めて考え、この3つが揃った分野を見極めましょう。

そして、数字的なアプローチで問題ないかを検証しましょう。つまり、ちゃんと利益が上がるビジネスかを確認するということです。利益が出なければ、お店を維持することも難しいため、事業計画書の書き方等を参考に検証してみましょう。

この記事では1~3のポイントを中心に説明します。

1.人生で本当にしたいことは何だろう?

開業したいと考えるきっかけは人それぞれです。

  • 今まで修行してきた和食をもっと世界に広めたい
  • 自分の得意なことで挑戦してみたい。
  • 言われたことをやるだけではなく、自分の思うとおりに経営してみたい
  • 収入を増やしたい

紙を用意して、思いつくままに書き出してみましょう。上記のように、まずは頭の中に思いついたものをなるべく多く書いてください。その中で、答えとして一言の文章にしてみてください。

注意点は、自分だけのものではなく、今後、世間に公表していくものという点です。例えば、Webサイトなどに掲載してお客様が見たり、取材でメディアに公表したり、朝礼では従業員が唱えたりといった公式な「理念」です。

2.自分ができることは何だろう?

開業して成功するには、先行するライバルがいる中で勝ち抜いていかなければなりません。だとすると、中途半端な実力しか持っていない分野よりも、他者と比較して圧倒的に勝てるジャンルで勝負したほうがいいに決まっています。あなたにはそのような得意なことはありますか?質問を変えるならば、あなたが経験してきたことはなんですか?人には絶対に負けないあなたの強みは何ですか?

  • 自分にはできるけど、人にはできないことはあるだろうか
  • 自分は持っているけど、人は持っていないものはなんだろう
  • 今までどんなことに苦労して、それを乗り越えてきたか
  • 自分って、どんなことで認められてきただろう
  • 何をしているときが楽しかっただろうか
  • どんな人が応援してくれる可能性があるだろうか

などです。こちらも紙に書き出してみましょう。新しいアイデア、事業コンセプトなどの発見にもつながるところです。じっくりと取り組んでみてください。

3.ニーズがあるか調べよう

いくら自分が実現したいことでも、得意なことでも、ニーズがあるものでなければ、ビジネスとして成立しません。売れるかどうかはお客様が決めることだからです。ビジネスを想定したら、ニーズがあるか、調査を始めましょう。この視点がない事業はほとんどの場合、失敗します。

「マーケットイン」を意識しよう

その際に意識すべき考え方は、「マーケットイン」です。マーケットインとは、まず市場のニーズを捉え、それに合った商品・サービスを提供していくという考え方です。

これと真逆なのが「プロダクトアウト」です。プロダクトアウトとは、売り手側が売りたい商品・サービスを一方的に市場に提供していく考え方です。「こんなに素晴らしいものなのだから、世間に受け入れられないはずがない」といった考えで、大してニーズの調査もせずに開業してしまうことがあります。プロダクトアウトの考え方をすれば、失敗する可能性が高くなります。たまたま上手くいくかもしれませんが、リスクが伴います。

まずは市場のニーズを探り、それに合った商品・サービスを提供していくというマーケットインの考え方を意識しましょう。

調査方法

具体的なニーズを探るにはさまざまな方法があります。
・ニュースなどでよく耳にする今後のトレンドに合致するテーマかを考える
・統計データなどを見て、今後、ニーズが高まりそうだと感じられるかを調べる
・インターネットでライバル店のことを調べる
・先輩経営者や専門家などに意見を聞く
・ターゲット客層の意見を直接聞く

図書館で調べたようなデータだけで判断するのは避けたいところです。できれば、ターゲット客層に近い属性の人物に話を聞く、同じジャンルの先輩起業家に話を聞くなど、リアルな「声」を聞いてみましょう。

専門家に相談する方法も有効です。特に開業支援に精通した専門家に相談すれば、会社設立や資金調達、税務など、他の疑問点についても疑問や不安を解消することができて、一挙両得です。無料相談などを活用しましょう。

まとめ

  • 3つの輪が重なるジャンルで開業するのが開業成功の近道
  • 何のために開業するのか、理念を徹底的に考える
  • 他者と比較して圧倒的に勝てるジャンルで勝負する
  • 市場のニーズを捉え、それに合った商品・サービスを提供することを心がける
  • ニーズの調査は、リアルな声を聞くことを大事にする

いかがですか?何となく考えていたけど、そんなに深く考えていなかったという方が多いのではないでしょうか。でも、この3つを考えることは非常に重要です。開業することによって、人生をより良い方向に持って行くために、じっくりと取り組みましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

この記事を書いた人

中野 裕哲(なかの あきひろ)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

飲食店経営者向け!初回客に次回も来店してもらうための5カ条

\こんな内容です/
・次回来店を促進する販促手段が分かります
・お客さまとだんだん距離感を縮める質問ができるようになります
・お客さまの次回来店時に3回目の来店確度を上げることができるようになります

対象:飲食店オーナー向け

POINT

  • 準備編:次回来店を促進する販促手段を用意する
  • コミュニケーション編:お客様と距離をだんだん近づける
  • 記録共有編:お客様の情報は当日中に記録する

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。