自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 【軽減税率】従業員に知らせておくべき軽減税率の基本的な知識とは?

【軽減税率】従業員に知らせておくべき軽減税率の基本的な知識とは?

植竹 剛(うえたけ つよし)店舗コンサルタント

2019年10月1日から消費税が増税になります。複数税率に対応していることが求められるなか、お店として統一された方法で正しく会計処理を行うための従業員教育の基本とは何でしょうか?

この記事の目次

商品の消費税率が2つあることを伝える

これまでの税率とこれからの税率

1989年4月1日に3%、1997年4月1日に5%、2014年4月1日に8%と消費税率が上昇する中、2019年10月1日からは4回目の増税で10%になります。消費税の支払いについては生活や事業活動の中では浸透しています。

しかし、日本では「複数税率」という消費税制度は初めての試みです。複数=2つの消費税率が存在することになります。つまり、「10%になる商品」と「8%のまま据え置く商品」の2つです。一律で10%になるわけではないこと、施行日が10月1日であることは完全に記憶させなければなりません。

では次に、何の商品は10%に上がり、どの商品は8%据え置きなのかを理解してもらうようにします。

どの商品の税率が10%か8%か、区別の仕方を伝える

国税庁や中小企業庁によれば、「消費税の軽減税率の対象品目は『飲食料品』、『新聞』です」と明記しています。

でもこれは対象外の(つまり10%課税という例外的な)品目も多く、すべてを覚えるのは大変です。従業員には、大まかに分類して大枠を理解してもらうようにしましょう。

下記の4項目はぜひ記憶しておきたいところです。 ※飲食料品とは食品表示法に規程する食品であること「人の飲用又は食用に供されるもの」と定義している

  • 酒税法に規定する種類は除く(酒類は10%)
  • おまけ付き飲食料品は税抜金額で1万円以下であることと、飲食料品の価値が2/3以上であること
  • 医薬品、医薬部外品は対象から除く(10%)である
  • 飲食料品の持ち帰り、宅配は軽減税率対象で8%

実際に10月1日以降に値札(プライスカード)を設置するような業務を従業員に指示する場合に、ミス防止にも役立ちます。

そして、大切なことは従業員が自ら調べて、この商品は8%、10%と区別していくような環境づくりをすることです。これこそがミスを限りなく0に近づけ、お客さまからのクレームを減らす目的にも合います。

9月30日までに終わらせておくべき業務を伝える

10月1日の初日を迎えるまでに終わらせておきたい業務も列記します。

  • 複数税率に対応したレジ操作の練習を、従業員全員に実施する
  • 旧値札(プライスカード)との差し替え、撤去し忘れがないかを確認する
  • 新値札(プライスカード)が正しい税率で表示されているかを最低2回は確認する
  • 8%課税商品、10%課税商品の商品マスタの設定に間違いがないか確認する
  • なぜこの商品は8%(もしくは10%)の課税対象商品なのかを説明できるようにしておく

この5項目は必須であると言えます。この他にも、お店によって対策すべき項目があることでしょう。従業員同士で話し合って対策を工夫してみてください。

まとめ

  • 消費税増税と軽減税率対策の施行日は2019年10月1日からであることを従業員全員に周知する
  • お客さまのお会計、仕入れの納品金額が8%、10%に区分されていることをもれなく確認するよう徹底する
  • お店で行う変更作業をチェックリストにして漏れやダブリが無いように準備する

10月1日からさかのぼって、機器の選定やシステム改修は6か月前、お店の業務は3か月前から準備を始めるとスムーズに初日を迎えられるはずです。また自分事として取り組めるような労働環境の工夫も必要になるでしょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「軽減税率対策ツール」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

植竹 剛(うえたけ つよし)氏

植竹 剛(うえたけ つよし)店舗コンサルタント

1971年、東京生まれ。株式会社チームのちから代表取締役。実家が菓子業で、4歳より接客を始める。大学卒業後、株式会社ロッテリア入社。店長を経て店舗経営コンサルティング企業へ転職。業績立て直し専門コンサルタントとして、100店舗以上を経験。人材による業績向上を提唱している。『「できる店長」と「ダメ店長」の習慣』(明日香出版社刊)、『店長養成道場』(日経BP社刊)を上梓。https://team-chikara.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。