自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 【軽減税率】小売業のレシート対策 記載すべき2つの事項とは?

【軽減税率】小売業のレシート対策 記載すべき2つの事項とは?

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

【軽減税率】小売業のレシート対策 記載すべき2つの事項とは?

スーパーマーケットなど飲食料品を取り扱う事業者は、2019年10月1日から始まる消費税増税・軽減税率制度に伴って、日々発行するレシートについても記載事項の変更が必要となります。具体的にどのような変更をレシートに加える必要があるのかを見ていきましょう。

この記事の目次

軽減税率の導入で、レシートへの記載事項も増える

2019年10月から開始される軽減税率制度。肉屋や八百屋、スーパーマーケットなどの食料品を扱う事業者が発行するレシートも、軽減税率制度の導入によって、記載内容を変更していく必要があります。

これまでの請求書の記載

まずは、軽減税率開始前の記載事項から見てみましょう。基本的に小売業のレシートには、下記の3項目が記載されます。

  • (1)書類の作成者(つまり小売業者)の氏名又は名称
  • (2)取引年月日(販売を行った年月日)
  • (3)品目

これ以外にも、相手先の氏名や会社名、つまり宛名も記載事項となっていますが、小売業のように不特定多数を相手にするような商売では、この宛名の記載まで必須になっているわけではありません。さすがにレシートを渡すたびに相手の名前を確認してレシートに記載するのは不可能です。

軽減税率の導入前は、この3点を満たしていれば、購入した相手方にとっても消費税の処理を行うための要件を満たしています。

上記のレシートも、店名や販売した日付、購入した商品の内容が記載されているため要件を満たしています。これらのほかに、相手方の氏名(いわゆる宛名)を記載するという要件もありますが、スーパーマーケットのように、不特定多数のお客様を相手にするような業種においては、相手方の氏名は書かなくてもよいということになっています。さすがに、すべてのお客様の名前を聞いて、宛名を書くのは不可能でしょう。

軽減税率制度後の請求書の記載

さらに、軽減税率の導入によって、上記の3点に加えて下記2点を記載する必要があります。

  • (4)どの品目が軽減税率の対象品目なのかということが一目で分かるようにする
  • (5)軽減税率の対象となる品目の税込対価と、10%の税率の対象となる品目の税込対価を分けて記載する

これまでの領収書では、この(4)、(5)を満たしていないため、軽減税率導入後は、上記の要件を満たすようにレシートの様式を変える必要があります。

軽減税率の対象品目であることは、印をつけることで対応する

軽減税率の対象品目であることを明示する最も簡単な方法は、その品目に※などのマークを付けることです。こうすれば、「※印の付いた品目の税込対価の金額」と「※印の付いていない品目の税込対価の金額」を集計することで、税率ごとに合計した税込対価の金額も計算できます。

このように、追加で記載しなければならない項目自体は、何が軽減税率の対象品目であるかということを理解しておけば、それほど難しくないでしょう。ただし、レシートのレイアウトも変わりますので、既存のレジシステムを改修する必要はあるでしょう。

レジの改修や新たなレジシステムの導入には、軽減税率対策補助金という制度があります。軽減税率の導入に伴って、レジなどの改修を行う事業者に対して、費用の一部を補助する制度です。こうした制度を利用しながら、計画的にレシートのレイアウト変更を進めましょう。

まとめ

  • 消費税軽減税率制度の導入によって、「税率ごとに合計した税込対価の金額」と「商品が(軽減税率の対象品目である場合には)軽減税率の対象である旨」がレシートの記載事項に加わる
  • 軽減税率の対象品目である旨は、※マークを付けるなどして対応する
  • レジの改修には軽減税率対策補助金を活用できる

軽減税率の導入によってレシートのレイアウトも変わります。軽減税率の導入までに計画的に対応を進めることで、円滑に軽減税率の導入に対応できるようにしましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「軽減税率対策ツール」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。