自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 【軽減税率】ガチャレジを卒業し「カンタンなレジを使う」という手法

【軽減税率】ガチャレジを卒業し「カンタンなレジを使う」という手法

植竹 剛(うえたけ つよし)店舗コンサルタント

【軽減税率】ガチャレジを卒業し「カンタンなレジを使う」という手法

2019年10月1日から始まる消費税増税・軽減税率制度の準備の一つである「複数税率に対応したレジの導入・改修」は進んでいますか? 店舗オーナーや小規模事業者のお店に合ったレジをご紹介します。

この記事の目次

お店の状況を考えて「カンタンなレジ」を比較検討する

一般的に、レジには「ガチャレジ(従来型レジ)」「POSレジ」「モバイルPOSレジ」と3つの種類あります。軽減税率制度の実施に伴って、システム機器類の購入を支援する「軽減税率対策補助金」が受けられることから、レジの買い替え・改修にはもってこいのタイミングです。

この中で、POSレジは高機能ですが、高価で「手が出ない」と思っているオーナーさんも多いと思います。実際に十数万円から数百万円にもなろうかという機種が多く、「高機能すぎて使いきれない」という宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。「軽減税率対策補助金」の制度があるからと言っても導入は難しいかもしれません。

また、ガチャレジ(従来型レジ)の多くは「レジ会計の機能」だけなので、これからの経営や利益を出し続けるための「データ」が取り切れず、経営判断が遅れがちになってしまうかもしれません。将来の店舗繁栄を見据えると、機能の不十分さが否めません。

そのような店舗オーナーさんや小規模事業者の悩みや課題に対して、機能的にもコスト的にも応えられるのは「モバイルPOSレジ」だと思います。

モバイルPOSレジは、タブレットとレジアプリを使ってレジ会計をする機能だけではなく、POSレジ最大の機能である、集計と分析の機能も付いています。

10%・8%の複数税率対応も問題ありません。しかも「顧客情報」を入力・管理ができる機能まで備えていて、使い方・活用は十分できると言い切れます。

お店の営業管理ツールとしてレジを考える

お店の営業管理ツールとしてレジを考える

先に少し触れましたが、これからのお店は「ただ売る」だけではなく、いろいろなデータが抽出できて、分析できる「営業管理」をしていかなくてはなりません。

ガチャレジ(従来型レジ)からの卒業

ガチャレジ(従来型レジ)では難しい「営業管理」ができるモバイルPOSレジの検討は、賢い選択と言えるでしょう。モバイルPOSレジには、この営業管理の機能がすでにセットされています。その代表的な管理項目をご紹介します。

  • 売上分析(売上構成比・粗利構成比)
  • 在庫管理
  • お店にいなくても売上などのデータを確認できる
  • 顧客管理情報をすぐに確認し、接客に活かせる
  • シフト管理

ガチャレジ(従来型レジ)との違いをご理解いただけたかと思います。それでは具体例を挙げてみます。

今、お店で売れている商品にランキングを付けて販売促進活動をしたいとします。ガチャレジ(従来型レジ)ではどこまでの機能が付いているかは機種次第ですが、手動集計では膨大な時間が掛かってしまいます。

それが、モバイルPOSレジでは1分も掛かりません。その多くは「売上分析する」みたいなボタンを押すだけで、商品に関する各項目が表やグラフなどが表示されます。ここまで機能差があると、もはやわざわざ比べる理由もないはずです。

かしこく「最新式」のレジを導入するには?

かしこく「最新式」のレジを導入するには?

「最新式」のレジを導入したいなら、モバイルPOSレジの導入が良いでしょう。

その理由は、タブレットなどのモバイル機器にインストール(登録する)アプリは常にバージョンアップを繰り返しているからです。万一、タブレットが故障しても、他のタブレットがあればすぐに復旧することもできます。データはバックアップされているので消えてしまうこともありません。

そしてガチャレジ(従来型レジ)との購入比較ですが、先にも触れた「軽減税率対策補助金」の制度を活用すれば、一般的なレジとほぼ同じくらいの額で導入することができます。

また、レシートプリンタなどの周辺機器もそろっています。もしガチャレジ(従来型レジ)を利用されているなら安心して卒業され、モバイルPOSレジを積極的に導入してみてください。

それでも新しい機械に苦手意識があるなら?

それでも新しい機械に苦手意識があるなら?

モバイルPOSレジは比較的安く、機能も充実しているのはよく理解できたけれど、「やっぱり新しい機械は苦手だ」という方は正直いらっしゃるはずです。

しかし、これが「お店が末永く営業できるためには必要」と思われるかどうかによって判断結果は変わってくるのではないでしょうか。

タブレット操作はスマートフォン操作とよく似ていますので直感的な操作が可能です。しかもすべての操作に対してマニュアルが整備され、かつ随時質問も可能です。アフターサービスやアフターフォローも充実していることを足掛かりにされ、少しだけ勇気を出してみてください。

まとめ

  • もうガチャレジ(従来型レジ)では今後の売上対策などで活用することはままならない
  • POSレジ導入は難しいと思うお店はモバイルPOSレジを導入すべき
  • モバイルPOSレジはバージョンアップ・バックアップもでき、安心して使える

ガチャレジ(従来型レジ)はスペースを取るデメリットもモバイルPOSレジは省スペースで設置できます。お店の会計場所もスッキリとしてお客様からの好印象も期待できます。導入にあたっての事前相談もできるサービスを活用して、さらにモバイルPOSレジを知っていただき、導入してみてください。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

植竹 剛(うえたけ つよし)氏

植竹 剛(うえたけ つよし)店舗コンサルタント

1971年、東京生まれ。株式会社チームのちから代表取締役。実家が菓子業で、4歳より接客を始める。大学卒業後、株式会社ロッテリア入社。店長を経て店舗経営コンサルティング企業へ転職。業績立て直し専門コンサルタントとして、100店舗以上を経験。人材による業績向上を提唱している。『「できる店長」と「ダメ店長」の習慣』(明日香出版社刊)、『店長養成道場』(日経BP社刊)を上梓。https://team-chikara.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。