自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 今注目されるQRコード決済とは? メリット・デメリットをおさらいしよう

今注目されるQRコード決済とは? メリット・デメリットをおさらいしよう

植竹 剛(うえたけ つよし)店舗コンサルタント

今注目されるQRコード決済とは? メリット・デメリットをおさらいしよう

「QRコード決済」とは、キャッシュレス決済の方法の一つです。現金を必要とせず、支払う側は手軽なため、現在注目されています。お店での会計時に、今後お客様に求められる可能性が高いのであれば導入すべきですが、最低限の知識やメリット・デメリットを知っておく必要があります。ここでは、基礎的な内容をお伝えします。

この記事の目次

QRコード決済の方法

まずは、QRコード決済も含めた「キャッシュレス決済」に関して確認しておきましょう。キャッシュレス決済とは、会計時に現金以外の方法で支払うことを指します。一番有名なのはクレジットカード決済ですが、現在では多くの種類があります。

QRコード決済の支払い方法

キャッシュレス決済の方法は下記の3種類があります。

決済方式 概要
事前決済(プリペイド)方式 利用金額を事前にチャージ(入金)する必要あり 交通系のICカードなど
即時決済(リアルタイム)方式 支払いと同時に銀行口座から引き落とされる デビットカードなど
事後決済(ポストペイ)方式 使った分を後払いにすること クレジットカードなど

QRコード決済の仕組みは上記3つの支払い方法すべてに当てはまります。お客様側で用意するものは、通信状態が確保された「スマートフォン」のみになります。

お店側はQRコードを用意するだけ

一方で、お店側が用意するものは、お店での支払いに適用する「QRコード(もしくはバーコード)」です。ここでのバーコードは情報量の観点から、今後はQRコードに集約されていく方向にあります。

ここで、QRコード決済には2つの方法があることも知っておきましょう。それは「静的コード」と「動的コード」です。

静的コードの仕組みは、お店でQRコードを印刷などして用意したものをお客様のスマートフォンのQRコードリーダー(カメラ)で読み取って決済する方法です。一方で動的コードとは、お客様のスマートフォンの画面に表示されたQRコードをお店のQRコードリーダーで読み取って決済する方法です。

QRコード決済のメリットとデメリット

QRコード決済のメリットとデメリット

印刷されたQRコードを、消費者がスキャンして(スマホのカメラで撮影して)支払う場合に使用されるのが、静的コード。一方、消費者が自分のスマートフォンの画面にQRコードを表示させ、店側がスキャンして決済するときに使用されるのが動的コードです。

キャッシュレス決済になることで、お客様にはメリットだらけです。お店側にもメリットがあります。

お客様のメリット

  • 現金を持つ必要がない(お店側はお釣りを用意する手間が省ける)
  • 会計に関する時間が短縮できる
  • 会計明細をスマートフォンで確認できる(お店側はレシート発行の頻度が減り、時間・コスト両方が節約できる)

一方、お店側はメリットとデメリットの両方が出てきます。

お店側のメリット(上記以外)

  • 会計履歴がデータ化され、売上管理などが楽になる
  • つり銭を用意する手間が省けることで、銀行に行く回数を減らせる
  • 現金を扱わないことで、会計後の手洗い頻度が減る・簡易化できる(レジキーの消毒作業は別途必要)
  • 会計時間が短縮できるので人件費を節約できる
  • 会計ミスがなくなり、クレームが減る

このようにメリットが多くありますが、お店側にとってはデメリットもあります。

お店側のデメリット

  • お客様のスマートフォンがQRコード決済に反応せず、現金を持っていない場合の売掛処理が発生する
  • 静的コードを悪用され、被害にあうこともある
  • クレジットカード決済と同様に3.25%前後の手数料がかかる(中には手数料無料のものもある)
  • 入金されるまでに時間がかかる場合がある(中には翌日入金のものもある)

他にもお客様のメリットとして、決済するごとにポイントが貯まる仕組みもあるので、今後の需要は高まることが予想されています。

かしこくQRコード決済を活用する

各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015 年)
経済産業省ホームページ「『キャッシュレス・ビジョン』『クレジットカードデータ利用に係るAPIガイドライン』を策定しました」の資料「キャッシュレス・ビジョン」より一部抜粋。

キャッシュレス決済が進んでいる中国では、キャッシュレスでの決済率が60.0%に対して、日本は18.4%です(経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」より2015年のデータ)。このように、キャッシュレス決済において今後主流になるであろうQRコード決済は、今後需要が大きく見込める決済方式です。

併せて、2019年10月1日より消費税増税・軽減税率制度が始まると同時に、政府や経済産業省が支援する「キャッシュレス・消費者還元事業」も始まります。

この事業は、お店の規模などでの制限もありますが、QRコード決済用の端末が実質0円になったり、決済手数料の1/3を国が負担してくれたりします。このような背景から見ても、決済手数料を支払うのは嫌だ、という考え方は通用しなくなる可能性があります。

店頭に「QRコード決済システム導入しました」という告知をするだけで、集客効果が期待できます。また、決済会社が利用客を増やしたいことから、リピートを促すために、ポイントなどの特典を付けられる機能もありますので、活用してみてください。

これからの時代は、より「便利さ」を求められてきます。クレジットカード決済額も年々増えていることも裏付けになります。キャッシュレス決済・QRコード決済も今後確実に使用率の増加が見込まれます。政府も後押しする政策に乗るべきです。

まとめ

  • キャッシュレス決済の方法を知っておく
  • キャッシュレス決済・QRコード決済のメリットとデメリットを把握する
  • お店として、かしこくキャッシュレス決済やQRコード決済を活用する方法を考える

キャッシュレス決済の需要は確実に増えてきています。これはいわば、「お客様からのリクエスト」でもあります。設備導入や手数料コストに対する補助も始まる中、利益率は下がるが、集客力を伸ばして利益額を確保するような工夫とシステム活用が求められていますので、お店としての努力する方法を探していきましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

植竹 剛(うえたけ つよし)氏

植竹 剛(うえたけ つよし)店舗コンサルタント

1971年、東京生まれ。株式会社チームのちから代表取締役。実家が菓子業で、4歳より接客を始める。大学卒業後、株式会社ロッテリア入社。店長を経て店舗経営コンサルティング企業へ転職。業績立て直し専門コンサルタントとして、100店舗以上を経験。人材による業績向上を提唱している。『「できる店長」と「ダメ店長」の習慣』(明日香出版社刊)、『店長養成道場』(日経BP社刊)を上梓。https://team-chikara.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。