自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジ マガジン > 経営ノウハウ記事 > 起業の失敗原因とは? お店をつぶさないための注意点と心構えを伝授

起業の失敗原因とは? お店をつぶさないための注意点と心構えを伝授

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業の失敗原因とは? お店をつぶさないための注意点と心構えを伝授

夢にまで見た店舗の開業。しかし残念ながらつぶれてしまう店舗があるのも実情です。ダメになってしまうのは多くのケースで開店してから3年以内です。では、なぜつぶれてしまうのか、失敗原因がわかれば対策することが可能です。ここでは失敗原因とそれに対する対策を見ていきます。

この記事の目次

起業の失敗原因は何がある?

起業の失敗原因は何がある?

売上が上がらない

店舗運営のすべての根本は売上です。店舗の家賃も従業員への給与も、仕入先への仕入れ代金も売上金の中から支払われます。売上が思うように上がらないと支払いが滞ることになり、つぶれてしまいます。売上が上がらない原因はいくつもありますが、集客が思っているようにできないことや、客単価が上がらないことがあります。

原価や経費が高い

飲食業の場合なら、お店で提供する料理は、仕入れた食材を調理して提供します。また店舗を借りている場合は家賃を支払い、従業員がいれば給与を払います。これらの原価や経費は売上に対し理想的な比率があります。しかし、つぶれてしまう店舗ではこの比率が達成できていない場合がほとんどです。

無理のある資金計画

店舗を借りる場合は、敷金や保証金、保証料、前払家賃などを支払います。お店の内装工事や調理器具、テーブルや食器、レジなど初期費用に多くのお金がかかります。また最初に食材やドリンクなどを仕入れ、従業員も雇います。このようにお店の出店には多くのお金がかかりますが、すぐにつぶれてしまうお店の多くは初期に用意する資金が少ないケースが目立ちます。お店が軌道に乗る前に資金がつき、経営が頓挫してしまうのです。

お店をつぶさないための注意点と心構え

お店をつぶさないための注意点と心構え

お店をつぶさないためには現状の把握と対策が必要です。また開店前の準備がしっかり行われていると、つぶれない確率が高まります。

売上が上がらない原因を分析する

売上は「客数 × 客単価」に分解できます。どちらが悪いのかを分析します。

● 客数を改善する

つぶれてしまうお店の多くは客数が少ないことが挙げられます。起業したばかりで知名度が低く集客が難しい点があります。知名度を上げるために何を行っているでしょうか。周辺地域でのポスティングやビラ配り、Webサイト制作、ポータルサイトへの掲載、SNSの活用や紹介制度など、お店ではさまざまな集客手段があります。どれか一つやればいいというものではなく、組み合わせて行う必要があります。

ポイントはなるべくお金のかからないものからやっていくことです。SNSは無料で告知できるので、積極的に活用していきましょう。また既存のお客様の紹介ほど信頼のおけるものはありません。紹介特典があるクーポン券を作り、来店いただいたお客様に積極的に配り紹介を促しましょう。

● 客単価を改善する

客単価のアップには商品ラインアップのコントロールと接客が重要です。

飲食業の場合なら、季節の食材を用いた新鮮味のある限定メニューを作ることで、通常のメニューよりも単価の高いものを設定します。季節感があり、限定という付加価値がつくことで、お客様は多少単価が高くても価値を見出し、ご注文いただけます。〆やデザートを用意することで、注文点数アップも期待できます。

次に接客ですが、ドリンクや料理の追加オーダーを積極的に提案し、注文を取りに行くことです。注文を促されればお客様も自然と注文しやすくなり、結果注文点数アップが期待できます。

コストをコントロールする

商品や材料の仕入れ代金や、お店の家賃、人件費には、売上高に応じた適正な比率があります。売上を分母に、それぞれの費用を分子にします。飲食業の場合、食材の仕入れは、売上高に対して30%程度、家賃は10%程度、人件費は30%以内に抑えると良いと言われています。

資金計画に余裕を持つ

最初に創業融資で借りられるだけ借りておくことが重要です。自己資金はいざというときのために残しておくくらいの気持ちでいきましょう。多くの資金を借入するには自己資金が多いほうが有利となります。開業を思い立ったら、自己資金をいかに増やすか、よく考えておきましょう。

まとめ

  • 起業の失敗原因は、売上が上がらない、原価や経費が高い、無理のある資金計画である
  • お店をつぶさないためには現状の把握と対策が必要である。客数や客単価を改善する、適切なコストのコントロール、余裕のある資金計画が重要である

お店をつぶさないためにも、売上を上げるための集客方法、客単価アップの方法を常に考え実践していきましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

この記事を書いた人

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。