自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジ マガジン > 経営ノウハウ記事 > カフェを開業するには? 手続き・資金調達・広告宣伝まとめ

カフェを開業するには? 手続き・資金調達・広告宣伝まとめ

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

カフェを開業するには? 手続き・資金調達・広告宣伝まとめ

街角にあるおしゃれなカフェ。いつかは自分もそんなカフェを開いてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか? 今回は、そんな人のために、カフェを開業するために必要なことをまとめました。

この記事の目次

カフェを開くときに必要な手続き

カフェを開くときに必要な手続き

カフェを開くには、まず開業の形態を選択する必要があります。開業の形態には「個人事業主」と「法人」の2つのパターンがあります。

個人事業主の場合には、開業するために特別な手続きは必要ありません。税務署に開業届などの書類を届け出るくらいです。

しかし、法人の場合は、会社の登記を行う必要があります。登記には費用が掛かります。カフェの場合は、個人事業主で始めることが多いでしょう。

ただし、カフェの開業については、上記以外にも手続きが必要となります。カフェは飲食店ですので、飲食店開業に必要な手続きが必要となるのです。それが「食品営業許可」の届出と、「防火管理者の選任」の届出です。さらに深夜0時以降にお酒を提供する場合には、「深夜における酒類提供飲食営業開始」の届出も必要です。

カフェ開業までにどのような手続きが必要なのか、そしてどのくらいの時間がかかるのかということをしっかりと理解しておきましょう。

カフェを開くときに必要な手続きについて、詳細はこちらをご覧ください。

カフェを開くときの資金調達

カフェを開くときの資金調達

カフェを開業するときに重要なポイントが開業資金の調達です。どれだけ手続きについて理解していても、開業するための資金が足りなければ開業することはできません。

カフェに限らず、飲食店の開業には、お店の賃貸借契約や、内装費、調理器具や調理設備の購入費用など、それなりにまとまったお金が必要です。

新規開業の際の資金調達方法として、下記のようなことが挙げられます。

  • 金融機関から融資を受ける
  • 知人から借り入れる
  • クラウドファンディングを利用する
  • 会社の場合は、出資を受ける

どのような手段で開業資金を調達するのかということを知るには、まずどのくらいの開業資金が必要なのかということを理解しなければいけません。そのためには、事業計画書を作成することで、必要な資金をまとめてみましょう。

カフェを開くときの資金調達について、詳細はこちらをご覧ください。

カフェの営業ノウハウ

カフェの営業ノウハウ

必要な手続きを終えて、開業資金も無事集まり、めでたく開業することができたら、次はいよいよお客様に来てもらうための良いお店作りです。さまざまな手段を活用して、売れるお店作りをしなければいけません。

カフェを開業するからには、まずこだわりたいのが、内装やメニューでしょう。おしゃれな内装や、こだわりのメニューがあれば、口コミでお店の評判が広がったり、リピーターが増えたりすることで、お店の売上アップにつながります。

しかし、そもそもまずはお店にお客様が来なければ、始まりません。理想的なお店の立地が確保できれば良いですが、より立地はさまざまな事業者が狙っているため、必ずしも思い通りの立地で開業できるとは限りません。そこで必要なのが、それを補うための広告宣伝です。SNSでの発信を始め、目を引くロゴや看板、そして各種サイトの利用など、できる限りの方法を駆使してお客様に来てもらえるお店作りをしましょう。

まとめ

  • カフェの開業には、食品営業許可や、防火管理者の選任(深夜0時以降にお酒を提供する場合には、深夜における酒類提供飲食営業開始届出)が必要である
  • カフェを開くための資金調達のために、まずは事業計画を作って必要な開業資金をまとめることが必要である
  • お店を開いたあとは、SNSなどさまざまな広告宣伝を活用して集客を行う必要がある

カフェを開業するからには、きっと作りたいお店のコンセプトがあるはずです。そのコンセプトを最大限に生かしつつ、お客にとっても魅力的に映るお店作りをすることで、長く続けられるお店を目指しましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。