自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > もう人が足りないなんて言わない!あなたのお店に従業員を定着させる秘策とは?

もう人が足りないなんて言わない!あなたのお店に従業員を定着させる秘策とは?

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

飲食店を開業し、自分が自慢の料理を作り続けるためにも、アルバイトなどで従業員を雇って接客等は任せてしまいたいところです。しかし昨今、飲食店には人材が集まりづらくなっており、アルバイトの募集であってもなかなか応募する人が少ない状況となっています。自分のお店に従業員を呼び込むためには、また少ない人材でお店を運営していくためには、一体どのような工夫が必要なのでしょうか。

この記事の目次

人手が足りなくなる理由を理解しよう

飲食業界全体が人手不足になっている大きな理由としては、「飲食業界自体のイメージの低下」「人材が定着しにくい」という二つが挙げられます。前者に関しては、大手企業による「ワンオペ」「長時間勤務」などの影響により、飲食業界全体への印象が低下してしまったことから、特に若い世代が飲食店を働く場所として選ばなくなってきているという状況が生まれています。さらに景気回復によって求人の数が増えてきていることもあり、飲食以外の職種に人が流れていることも、飲食店の人手不足に拍車をかけています。また後者の理由から、せっかくアルバイトなどを雇ってもすぐに退職してしまうことも多く、慢性的に人手不足の状態となっている飲食店が多いのが現状です。

人材を確保し、定着させるための方法とは?

人材が不足している飲食業界の中で上手く人材を確保していくためには、まず自分の店の存在を幅広く知ってもらいましょう。そのためには、求人広告などにコストを割いて、少しでも仕事を探している人の目に留まりやすいよう工夫する必要があります。また求人広告の内容に関しても、自分の店のアピールポイントを前面に押し出すと効果的でしょう。お店の雰囲気の良さであったり、他のお店では得られない経験ができると言ったことは大きなアピールポイントになると言えます。次に、確保した人材を定着させるためには、従業員が長く働ける環境づくりをすることが重要です。業務マニュアルを作成して業務のノウハウを構築する、能力によって賃金がアップする仕組みを作るなどの工夫が必要になってくるでしょう。

少ない従業員数でも営業するための工夫とは?

人手不足に困っているお店では、一人の従業員に業務上の負担が集中することから従業員の働く環境が悪くなってしまい、その結果さらに従業員が辞めてしまうという負の連鎖が生まれてしまうこともあります。従業員数が少ない状態でも営業をスムーズに行うための工夫として、「セルフサービスの導入」「注文時のタッチパネル等の導入」などが考えられます。配膳や下げ膳をお客様に行ってもらうセルフサービスの導入で、ホール業務の負担を大幅に減らすことができます。また、近年タブレット端末が一般的になっていることから、注文を席に設置したタッチパネルで行うことで、オーダーをうかがう手間を省くことも可能です。これらの業務効率化策を行うことで、少ない従業員数でも十分にお店を回していくことは可能になるでしょう。

まとめ

飲食店で人手不足を解消するためには、

  • 求人広告にコストをかけ、自分のお店の良さをアピールする
  • 従業員が長く働けるためのお店の環境づくりを行う
  • 少ない従業員でも営業していける体制を作る

これら3つのことを行うと良いでしょう。人材不足にあえいでいる飲食業界ではありますが、その中でも工夫をしていくことでオペレーションの質を落とさず、料理以外の部分でもお客様を満足させることは可能です。自分が料理に神経を集中させるためにも、様々な工夫で人材不足を解消しましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

「これひとつでわかる Airレジ」
冊子を差し上げます

  • レジ機能が0円
  • すぐに売上分析
  • カンタンな操作

下記のフォームにご入力の上、送信ボタンを押してください。ご入力いただいたメールアドレスに「これひとつでわかる Airレジ」冊子のダウンロードリンクをお送りします。

必須項目

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。