自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 求人は業務改善のチャンス! 従業員募集で守るべきルールまとめ

求人は業務改善のチャンス! 従業員募集で守るべきルールまとめ

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

求人は業務改善のチャンス! 従業員募集で守るべきルールまとめ

新たに店舗に仲間を迎え入れる新規求人・新規雇用は、業務改善のチャンスです。どのようなことに気を付けて、新規求人をおこなっていけばよいのかということをまとめてみました。

この記事の目次

求人にあたってのルールを確認しよう

求人にあたってのルールを確認しよう

従業員を新規求人するときは、ハローワーク、民間の求人サイト、職業紹介事業者の利用、知人の紹介などさまざまな方法があります。

各事業主には、どのような人を採用したいかというイメージがあり、そのイメージに沿って求人していきたいと思っていることでしょう。一方で、新規求人を行う場合には、さまざまなルールが定められています。それぞれの募集形態に応じて、法律による制限があり、事業主もそれらのルールを守ったうえで募集を行う必要があります。

新規求人のルールについて詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

加入すべき社会保険制度を確認しよう

加入すべき社会保険制度を確認しよう

新たに従業員を雇用する場合には、加入すべき社会保険制度に適切に加入することも重要です。労災保険への加入が必要ですし、法律上の要件に応じて、さらに健康保険や厚生年金保険、雇用保険への加入手続きも必要になってきます。

飲食店などではアルバイト・パートタイマーを雇うこともあります。アルバイト・パートタイマーについては、雇用保険や健康保険・厚生年金保険について加入要件が定められています。例えば雇用保険であれば、週20時間を超えて働く場合に加入が義務付けられています。また、健康保険や厚生年金保険についても労働時間によって加入要件が定められています。

さらに健康保険や厚生年金保険については、個人事業主と会社でも扱いが異なります。個人事業主では、会社に比べて、健康保険や厚生年金保険の加入について細かく規定されています。

どのような従業員がどのような制度に加入しなければならないのかということについて詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

雇用にあたっての労働条件を確認しよう

雇用にあたっての労働条件を確認しよう

新規雇用のプロセスの中で最も大切なことが、どのような条件で働いてもらうのか、つまり労働条件を決めることです。労働条件とは、始業や終業の時間、給与に関すること、休日に関することなど、従業員がどのような条件で働くのかということを詳細に決めたルールのことです。

決めた労働条件のうち、法律で定められた事項については、書面で新規雇用した従業員に通知し、事業主と従業員双方がその条件を守っていきます。労働条件は、正社員に限らずパート・アルバイトについても決定して、本人に通知をしなければいけません。

労働条件は従業員のやる気にも大きく影響します。労働条件の設定次第で、従業員のモチベーションが上がり、業務改善にもつながっていきます。事業主と従業員お互いにとって納得できる条件で働いてもらうということが重要ですが、労働条件の設定にも、もちろん法律によるルールがあります。

労働条件について詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

まとめ

  • 新規求人する際には、募集の方法によってさまざまなルールがある
  • 各社会保険制度は、個人事業主・会社によってそれぞれ加入要件が定められている
  • 労働条件のうち、決められた事項は従業員に書面で通知しなければならない

人材難と呼ばれるこの時代。せっかく雇った従業員には長く、気持ちよく勤めてもらいたいものです。まずは雇用する側がルールを守って、従業員のやる気を引き出していきましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「軽減税率対策ツール」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。