自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 【ロゴ作成ガイド】無料で簡単にお店のロゴをつくるには?

【ロゴ作成ガイド】無料で簡単にお店のロゴをつくるには?

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

有名なお店には必ずと言ってよいほどロゴがあります。このロゴが、お店の認知度に大きく関わっていることをご存知ですか?良いロゴには、お店をブランド化させる効果があります。本記事では、ロゴがなぜ重要なのか、どんなロゴを作るべきなのか、また、資金に不安があっても無料でロゴを作ることができる方法などをご紹介します。効果的なロゴを作成し、新規のお客様やリピーターの獲得を目指しましょう。

この記事の目次

どうしてロゴを作るべきなのか?

お客様があるお店に対して良い第一印象を持つかどうかは、どんな情報で決まるのでしょうか?一般的には、どんなコンセプトのお店であるか、あるいはどのくらい人気があるのか、などが判断材料です。これらはすべて、「言葉」「文字」であるために、左脳で判断するものです。しかし、お店のロゴは違います。これは視覚に訴え右脳で判断する情報なので、一瞬で理解でき、記憶に残りやすいのが特徴です。

きちんとした印象的なロゴがあると、お客様はその店を「プロフェッショナルである」「しっかりとしたブランドである」として認識し、信頼を寄せやすくなります。信頼できると感じられるお店には、新規のお客様が足を運びやすくなるのです。さらに、ロゴは文章よりも記憶に残りやすいので、多くのライバル店のなかで目立つことができます。一度足を運んで時間の経ったお客様に再度見つけてもらい、リピーターとなってもらえる可能性が高まるのです。

良いロゴのポイントとは?

良いロゴは、その店の情報を一瞬で判断してもらえるものです。重要なのはカラー選びです。青色は企業がもっともよく使う色ですが、これは青色が「冷静さ」「知性」「信頼」を表す色であるからです。そのほかオーガニックなど、自然をコンセプトにしている場合には緑色がよく使われます。元気で活力にあふれたイメージを与えたい場合は赤色、若い女性をターゲットにしたブランドの場合にはピンク色がしばしば見られます。

そしてデザインには店を象徴するマークや、店名を入れるのが一般的です。シンプルで、しかし必要な情報はすべて入っているのがよいデザインです。ロゴは通常、デザイン会社に発注して作成してもらいます。このロゴのデザインにより、将来的に売上は大きく変わる可能性が高いので、力をいれるべきところです。

無料でロゴを作る方法はあるの?

デザイン会社に発注するとだいたい8万~30万円くらいの費用がかかります。ロゴの大切さはわかったけれど、そんなに予算を割くことができない、という場合には、無料でロゴを自作できるオンラインツールもあります。

「LOGASTER」というサイトでは、低解像度のロゴであれば無料で作成し、ダウンロードすることができます。https://www.777logos.com

シンプルでスタイリッシュなロゴが欲しいなら、「squarespace」がおすすめです。シンプルなだけにカスタマイズできる余地があるもの魅力。名刺などのイメージに当てはめて決めていくことができます。https://www.squarespace.com/logo

細かい部分までを設定しながらも、簡単にロゴを作るのなら「無料ロゴ.com」が人気です。デザインが決まっていないときに、ランダムに決めてくれる機能も便利です。
http://www.logo-kako.com/maker.cgi

まとめ

本記事についてのポイントは下記3点となります。

  • よいロゴはお客様の信頼、店のブランド化に繋がる
  • 色やデザインに店の情報を詰め込んだよいデザインを目指す
  • 予算がない場合は無料で簡単にロゴを作成できるオンラインツールを使うとよい

一般的に、利益を出している大企業であるほどロゴの重要性を認識しているので、かなりの予算を割いていることもめずらしくありません。しかし今は、ロゴひとつを作るのにもさまざまな選択肢があり、予算のない人でも無料で信頼のおけるロゴを作ることが可能です。ただ注意しなければいけないのは、あくまで不特定多数に向けた無料ツールであるので、たとえば似たロゴの店を発見する可能性もあるということです。開業時は無料作成ツールを使用し、利益が出始めたころにイメージを崩さない程度のロゴの改変をデザイン会社に頼む、という方法も一考の価値があるのではないでしょうか。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。