自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジ マガジン > 経営ノウハウ記事 > お店のポスターづくりは安く、早く、センス良く!「今のトレンド」を徹底解説

お店のポスターづくりは安く、早く、センス良く!「今のトレンド」を徹底解説

Airレジ マガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

集客に欠かせない広告用のポスターですが、一歩間違うとお客さんを集めるどころか宣伝費で赤字なんてことも起きかねません。また、多くの人の目に触れるものですので、ポスターの雰囲気でお店の印象が決まることもあります。そんなポスター、できるならば「安く、早く、センス良く」作りたいですよね。そこで今回は、クラウドソーシングサービスを使って簡単にポスターを作る方法を紹介します。

この記事の目次

ポスター作製のトレンドはクラウドソーシングの活用

ポスターを作成する方法はいくつかあります。しかし、どれもクオリティや労力に問題があったり、またそれらをクリアするために制作会社に任せると、コストが大きくなってしまうこともあります。そこで、「安く、早く、センス良く」を実現するためにおすすめするのが、「クラウドソーシングサービス」を利用して作成を外注する方法です。

クラウドソーシングサービスとは、確かなスキルを持ったデザイナーやクリエイターに直接仕事を依頼することができるサービスです。また、その際に心配な契約の問題は、クラウドソーシングサービスを運営する会社が代わりに行ってくれるので、発注から納品までの手間もかかりません。サービスの利用開始は簡単、「クラウドソーシング」と検索し、出てきたサイトに必要な情報を登録するだけです。

クラウドソーシングの外注費用はどれくらい?

クラウドソーシングではポスター作製などを「コンペ方式」で外注することができます。例えば、制作会社などに依頼した場合では、相談を重ねて出てきた案を修正していく作業が必要になります。一方、クラウドソーシングでは一度に多くのクリエイターから提案を受けることができます。これがコンペ方式の特徴で、依頼者はその中から気に入ったものを選ぶことができます。こうすることで、細かな修正を重ねたりそのたびにコストを払うことなく、プロのクリエイターの作品を利用することができます。

ポスター作製にかかる費用の面で言えば、一枚を何回も修正するのではなく、確かなスキルを持ったクリエイターの作品の中から選択する方が優れていると言えます。クラウドソーシングサービスでは、おおむねA4サイズのポスターデータで5万円ほどの報酬を設定すると、多くの提案をもらうことができるでしょう。

クリエイターに情報をしっかり提示しよう

クラウドソーシングでより良いポスターを作成するために重要なのは、依頼を出す時点でクリエイターにしっかりと情報を伝えることです。自分がポスターに入れてほしいと思うデータや画像はしっかりと用意しましょう。そうすればクリエイター側も依頼者の要求に合わせた制作ができますし、依頼者側も一目で納得のいく提案をもらうことができます。最低限必要な情報としては、以下のものがあります。

  • お店のロゴデータ
  • おすすめしたメニューの詳細
  • 絶対にポスターに入れたい写真数枚
  • お店のロケーション(住所など)

また、ポスターの雰囲気を「かっこよくしたい」「お洒落にしたい」「可愛くしたい」などのイメージもしっかりと伝えましょう。それらの情報があれば、あとはプロのクリエイターが依頼者の要求に合わせたセンスある提案をしてくれます。依頼者の仕事は、寄せられた提案から「自分のベスト」を選ぶだけです。

もしクラウドソーシングの利用が難しいと感じたら

クラウドソーシングはクリエイターへの画像の公開など、少しだけパソコンスキルを必要とする場面があります。もし、それらが難しいと感じるならば、次のポイントを押さえて自作することをおすすめします。どれもマーケティングの観点から重要なことなのでしっかり押さえたものを作れば、ポスターとして効果を発揮してくれます。

  • お店の場所(できれば地図付き)
  • おすすめメニューの写真と価格
  • お客さんに来てほしいシチュエーション(例えば、「ディナーデートに最適」など)
  • 料理へのこだわり1つ

これらの情報は、お客さんに実際に足を運んだ後のことを想像させるものです。特に来てほしいシチュエーションにこだわって作ってみましょう。

まとめ

今のトレンドを押さえた「安く、早く、センス良く」ポスターを作るポイントは以下の3つです。

  • クラウドソーシングサービスでプロのクリエイターに直接依頼
  • コンペ方式を利用して、報酬の設定でより多くの提案をもらう
  • ポスターに入れてほしい情報、使用する画像などのデータをしっかりと提示する

これを押さえれば、依頼者の仕事は「選ぶだけ」で効率よくプロフェッショナルなポスターを作ることができます。また、クラウドソーシングが難しいと感じる場合には、「お客さんに来店時を想像させる」ことを頭に入れて自作してみましょう。

※この記事は公開時点、または更新時点の情報を元に作成しています。

この記事を書いた人

Airレジ マガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAir ビジネスツールズ。