自分らしいお店作りのための情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 経理・会計 > 領収書に印紙が必要?今さら聞けない収入印紙の基礎知識

領収書に印紙が必要?今さら聞けない収入印紙の基礎知識

「領収書には印紙を忘れないでくださいね」お客様にこう言われたら、あなたはどうしますか。「印紙」という言葉は耳にしたことがあったとしても、その意味をご存知でしょうか。また、「印紙」がどんなときに必要で、どこに行けば買えるのか、領収書と印紙にどんな関係があるのか考えたことはありますか。基礎知識を覚えておくことで「印紙」という言葉を聞いても慌てずに済みますね。そこで今回は、領収書に貼る収入印紙について解説します。

この記事の目次

収入印紙って何?どこで買えるの?

俗にいう印紙とは、通常「収入印紙」のことを指します。収入印紙を貼る必要がある書類は課税文書と呼ばれ、具体的には契約書や領収書などがあります。印紙が必要なケースはさまざまですが、詳しいことは国税庁が発行する「印紙税額一覧表」に記載されており、飲食店の領収書の場合は17号文書というものにあたります。この場合、5万円を超える商品の売買があった場合に収入印紙を貼付します。

収入印紙は郵便局や法務局、そしてコンビニなどでも購入することができます。印紙の金額は領収書の金額によって決まってきますが、5万円以上100万円以下の場合は200円となっています。

  • 収入印紙を貼る書類には領収書や契約書がある
  • 収入印紙は郵便局やコンビニで買える

収入印紙を貼ることは税金を納めること

それではこの「収入印紙」とは、いったい何のために必要なのでしょうか。これは、実は「税金」を表しており、領収書に収入印紙を貼ることで納税しているということになります。領収書=課税文書、つまり税金がかかる文書であり、印紙を貼ることで税金を払っていることになるのです。例えば郵便を出す際に切手を貼りますが、これは郵便料金を払っていることになります。収入印紙の場合は、領収書に貼ることで税金を払っているということになります。

また、領収書に貼った収入印紙には割り印を押す必要があります。割り印を押さない場合、正式には印紙税を納付したことにはなりません。割り印はハンコでもサインでも大丈夫ですので、忘れないようにしましょう。

  • 収入印紙を貼ることは納税すること
  • 領収書に収入印紙を貼ったときは、割り印を忘れずに

税抜き5万円以上の領収書には収入印紙を貼付!

領収書は金銭を受け取ったことの証明として相手側に渡します。飲食店の場合、5万円以上の金額の領収書に対し収入印紙を貼る必要があります。この金額は、消費税をプラスする前の金額になります。つまり、税込みで5万円以上であっても消費税を差し引いた金額で5万円未満の場合は収入印紙を貼り付ける必要はありません。ただし、この場合、領収書には消費税額を明記する必要があります。

ちなみにカードでの支払いの場合、領収書は不要となります。場合によってはお客様に領収書を求められる場合もありますが、当然印紙も不要となります。しかし、領収書を発行した場合、クレジット払いである旨の記載が必要です。

  • 飲食店の領収書に収入印紙を貼るのは税抜5万円以上のとき

まとめ

  • 収入印紙を貼ることは国に税金を納めること
  • 収入印紙は郵便局やコンビニで買える
  • 収入印紙は消費税抜きの金額で5万円以上の領収書に貼る
  • 領収書に収入印紙を貼ったら、割り印を押すかサインをする

領収書に貼る収入印紙の基礎知識について解説しました。基礎知識を理解しておくことで、大口のお客様への対応にも悩む必要がなくなるのではないでしょうか。領収書に収入印紙を貼ることは納税にあたります。法律をしっかり守って、健全経営に役立てましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

【印刷してそのまま使える!】経営者・トレーナー向け!新人従業員育成チェックシート

「新人従業員を雇ったので、早く一人前になってもらいたい。でも何から教えれば良いのだろう」と悩まれたことはありませんか?多忙を極める店舗経営者だと、なかなか仕組みを作る時間は取れません。このチェックシートでは、何を・どう伝えれば一人前になるのかの、新人育成のステップと仕組を紹介しています。

POINT

  • 新人従業員の受け入れ準備をスムーズに行える
  • 育成の流れとポイントが一目でわかる
  • 印刷してそのまま使える

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。