自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 勤務管理は適切に!コンプライアンス問題に発展することも!?

勤務管理は適切に!コンプライアンス問題に発展することも!?

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

従業員に働いた分だけ残業代を支払いたいけれど、そもそも従業員がどのくらいの時間勤務しているか把握できていないという経営者の方は多いのではないでしょうか。従業員が過重労働状態にもかかわらず、その実態を正しく把握できていないオーナーの方は、勤務管理がきちんとできていないことが考えられます。勤務管理をきちんとして、コンプライアンス(法令順守)の問題に発展しないよう早めに手を打っておくことが大切です。

この記事の目次

勤務管理はなぜ必要なのか?

そもそも、勤務管理とはどんなことなのでしょうか。勤務管理とは、従業員の勤務した時間、残業を行った時間、出勤時刻と退勤時刻などを記録することを言います。アルバイトの場合にはほとんどが時給制ですから、この勤務管理で記録した時間が給与計算の元になるため、きちんと管理しなければ適切に給与を支払うことができません。

勤務管理は、例えば残業を行った分だけ残業代を支払う、深夜に働いた人には深夜手当を支払うということの元になるデータです。ですから、勤務管理が曖昧な場合には、サービス残業が発生してしまったり、労働基準法違反を知らないうちに犯してしまうことがあります。

さらに、勤務管理は従業員とオーナーの信頼関係を築くためにも重要です。勤務時間を適切に管理することは、従業員の労働者としての立場や権利を守ることにつながります。従業員を思うオーナーならば、勤務管理は適切に行うのが当たり前なのです。

様々な勤務管理の方法とは?

勤務管理を行う方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 紙(冊子など)
  • タイムカード
  • Webサービス(勤務管理システム)

紙に勤務時間を手書きする管理方法は、手軽にできる点が最大のメリットです。しかし、量が増えてくると管理が大変ですし、改ざんも容易にできるのが大きなデメリットだと言えます。

タイムカードによる勤務管理は、紙に比べると不正がしにくく、手軽にできる点がメリットです。しかし、量が増えてくると管理が大変なのは紙と変わりませんし、給与計算時に結局は勤務時間を手打ちする必要がある点がデメリットになります。

Webサービスによる勤務管理は、これらのデメリットを解消した勤務管理方法です。量が増えても管理はデータ上だけで行えばよいですし、給与計算もそのままソフトと連携させれば問題なくできます。Webサービスによる勤務管理は、現在のところ最良の方法だと言えるでしょう。

勤怠管理のWebサービスとは?

現在勤務管理システムとして主に利用されているのは、「クラウド型」と呼ばれるものです。勤務管理を行うことのできるクラウド型勤務管理Webサービスとしては、以下のようなものが挙げられます。

「シフオプ」は、簡単にシフトの作成を行うことでシフト管理を適切に行えるようにし、さらに勤務時間による給与計算も容易に行うことができるシステムとなっています。

「タッチオンタイム」は勤務時間の打刻からシフト作成まで行うことができるシステムであり、打刻方法に関しても生体認証による打刻など、様々な方法が選択できるようになっています。「followスマートタッチ」も勤務管理を簡単に行えるうえ、給与計算もソフトと連携して簡単に行えます。

これらのWebサービスを利用すれば、従業員の勤務時間を適切に、かつ簡単に管理することが可能となるでしょう。

まとめ

お店のオーナーが勤務管理について押さえておくべきこととして、以下のようなことが挙げられます。

  • 勤務管理は法令を守り、従業員を守るために必要であること
  • 勤務管理方法のメリット、デメリットを理解しておくこと
  • Webによる勤務管理が最も簡単かつ適切な方法であること

特に飲食店においては、サービス残業などの労働基準法違反が問題となることが多くなっています。勤務管理を適切に行っていくことは、オーナー側のコンプライアンスの意識を高めることにもつながりますので、こういった問題を解決する第一歩にもなっていくのではないでしょうか。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。