自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > カフェの開業資金を集めよう!開業資金の基礎知識と集め方とは?

カフェの開業資金を集めよう!開業資金の基礎知識と集め方とは?

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

おしゃれなカフェのイメージやアイデアは持っているけれど、肝心のお金がなく実現できないという方は多いのではないでしょうか。いくら最高のアイデアがあっても、それを実現するためのお金がなければ当然お店は開きません。自分のアイデアを具現化するためにも、お店の開業資金の集め方を知っておき、状況に応じて様々な方法で開業資金をあ詰められるようにしておきましょう。

この記事の目次

開業資金の目安や内訳とは?

25席ほどのカフェの開業資金を用意すると考えて、一般的な目安としていったいどの程度のお金が必要なのでしょうか。

開業資金の目安は、坪数から考えていくと算出がしやすいと言えます。25席程度のカフェであれば、最低限12坪程度の面積は必要になってきます。ここに、1坪当たりの開業資金の目安である100万円をかけると、開業資金は最低1,200万円程度になるでしょう。

具体的な開業資金の内訳として、以下のようなものが挙げられます。

  • 物件取得費
  • 内外装費
  • 宣伝広告費

物件取得費は開業資金の中でも最も大きなウエイトを占める、保証金や敷金、仲介手数料が含まれるものです。内外装費は、取得した物件を実際にカフェへ改装するための資金を指します。

宣伝広告費はチラシの作成などに加えて、最近ではHPの準備費用なども含まれます。お客様に広くお店のことを知ってもらうためにも、手を抜けない部分のひとつです。

開業資金を低く抑えるためには?

標準的な大きさのカフェであっても軽く1,000万円を超える開業資金が必要になりますが、いくつかの方法で開業資金はある程度低く抑えることが可能です。

開業資金を抑える方法としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 居抜き物件の利用
  • 築年数の古い物件の活用
  • 内装等を自分で行う

居抜き物件とは、前に他の飲食店など何かしらテナントが入っていた場所であり、厨房などの設備が残っている場所のことを指します。前テナントのインフラを最大限利用できるため、余計なお金をかけずに済むのです。

築年数の古い物件を利用する方法は、内外装費のお金がかさむこともありますので、改装の必要がどれほどあるのかを調べましょう。また内装等は自分で行うことで、改装費を抑えることも出来ます。必要に応じてDIYを行うことで、よりオリジナリティの高いお店にすることも可能でしょう。

開業資金の具体的な集め方は?

開業資金を集める際に、全額自己資金で行えるという方は多くありません。自己資金以外に、何とかしてお金を集める必要が出てきます。

新規開業の際の資金調達方法として、以下のようなことが挙げられます。

  • 日本政策金融公庫
  • 地方自治体の起業支援制度
  • クラウドファンディング

日本政策金融公庫では、新規開業を行いたい方のために、最大で運転資金も合わせて7,200万円もの融資を行ってくれます。担保の有無や保証人の有無によって融資の限度額はかなり変わってきますが、一度相談してみる価値はあるでしょう。

近年は地方自治体でも、積極的に起業支援を行っています。その多くは補助金であり、返済不要な点も魅力的です。

クラウドファンディングは近年着目されている資金調達法です。ネット上の不特定多数からお金を調達することができますが、事業の進捗状況等をSNSなどで広く周知し、信頼を勝ち得る必要があるでしょう。

まとめ

開業資金を集める際には、以下のようなことを押さえておきましょう。

  • 資金の目安は坪数×100万円で見積もっておく
  • 開業資金を抑える方法を頭に入れておく
  • 開業資金を集めるための選択肢を持っておく

開業資金を集めることはスタートアップの中でもかなり骨が折れる工程ではありますが、自分の夢をたぐり寄せている実感があるひとときでもあります。今回紹介したような基本を押さえて、調達の選択肢を数多く持ち、実際に資金集めに走り出してみてはいかがでしょうか。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。