ポイントがカンタンにはじめられる販促支援アプリ

  • 飲食
  • 粋花 -suika-

2018年6月5日掲載

粋花 -suika-

予想をはるかに上回る展開の連続。ポイントカードが店舗の成長エンジンになってくれるとは知りませんでした

販促や集客だけでなく、提案力も上げてくれるツール

『POICHI for Airレジ』を導入した効果は想像以上でしたね。「ポイントカードをお持ちですか」の一言だけで店舗運営の可能性が一気に広がりましたから。サービスを使い始めた2018年1月以来、販促や集客、リピーター創出などで大変重宝しています。そもそもの導入の決め手は、お客様の属性を把握したかったからです。もともと業務サポートパックやホットペッパーなどを通して、お客様の情報を集めていました。しかし、そうしたサービスを経由していないお客様の情報を集める手立てがなくて、何かを提案したくてもスタッフの感覚に頼るしかなかったのです。どうしようかと考えたとき、目を付けたのがポイントカードシステムでした。カードを通してお客様の属性を把握できて、店舗運営に生かせる。しかも導入コストがあまりかからないとあって、すぐに導入を決定しました。
データを活用しながら、さらに魅力的な店づくりができるようになりました

『POICHI for Airレジ』の導入でスタッフが劇的に成長

当店が店を構える浦上駅周辺は、長崎大学病院や長崎原爆病院といった大規模な病院があるため、お客様にも医療関係者が少なくありません。店内にはカウンター席があるので、お客様との距離が近いのも当店の特徴です。しかし、ベテランのスタッフだと、お客様と会話が弾みますが、新人スタッフだとなかなかそうはいきません。ただ『POICHI for Airレジ』を導入してからは、コミュニケーションの回数が増えました。会話のきっかけをつかみやすくなって、名物の野菜肉巻き串やドリンクの追加注文も増えたのではないでしょうか。帰り際、次回来店時に使えるクーポンを渡していますが、どのお客様も笑顔で受け取ってくれます。最近、少しずつクーポンを利用してくれるお客様が増えてきました。週に2、3組はいるのではないでしょうか。『POICHI for Airレジ』の活用がファンづくりに役立っています。
お客様との会話の中から新メニューのヒントを得るケースも珍しくありません

お店の可能性が広がる手応えを感じる喜び

当店ではPontaとWAON POINTの2つが使用できて、7割以上のお客様がポイントカードを提示されます。AirレジとAirペイとの連携もまるで一つのサービスのように使用できるため、会計時にお客様を待たせる心配もないですね。入社したばかりのアルバイトでもすぐに使えこなせるので教育コストもかかりません。現在、『POICHI for Airレジ』を通して、日々、店が進化しています。しかし、よりお客様に満足してもらうため、やるべきことはまだまだあります。得られたデータを活用して、新メニューやコースなどを開発すれば、さらにお客様満足度を高められるでしょう。最近、二号店目をオープンさせる計画が進んでいます。もちろん新店でも『POICHI for Airレジ』を利用する予定です。サービスを活用しながらどのようにお客様を喜ばせようか。そう想像すると、今後の展開が楽しみで仕方がありません。
Pontaカードを使えることが来店のきっかけになる方もいます