POICHI for Airレジ サービス利用約款

本約款は、株式会社リクルートホールディングス(以下「当社」という。)が、株式会社ジェイシービー(以下「JCB」という。)と加盟店契約を締結した店舗がJCBの提供するマルチポイントサービス「POICHI」(以下「本サービス」という。)に加盟するに際し、アプリケーション「POICHI for Airレジ」(以下「本アプリ」という。)を利用する際の、当社及び店舗間の契約関係(以下「本契約」という。)を定めたものである。

第1条(定義)

  1. 「POICHI for Airレジ加盟店」とは、本サービスに加盟する店舗のうち、当社が提供する本アプリを利用する店舗をいう。
  2. 「本システム」とは、本サービスに関して当社が提供するシステムの総称をいう。

第2条(利用条件)

  1. POICHI for Airレジ加盟店は、本アプリの利用に先立ち、JCBとの間でPOICHI加盟店契約を締結する。
  2. POICHI for Airレジ加盟店は、本サービスの利用に際しては、JCBが定めるJCB加盟店規約に従う。
  3. POICHI for Airレジ加盟店は、当社が本サービスの取次代理店として、以下の事項を行うことを承諾する。
    1. POICHI加盟店申込に対するJCBの審査結果を受領すること
    2. JCBがJCB加盟店規約に基づき解除権を行使する場合に事前通知を受領すること

第3条(申込)

  1. 新たにPOICHI for Airレジ加盟店になろうとする個人又は法人(以下「新規加盟店希望者」という。)は、本約款に同意の上、ウェブを通じて提供される申込画面又は申込書により、当社に対して、以下の各号に掲げる事項を届け出ることにより、申込を行う。
    1. 会社名、法人個人の別、会社所在地、代表者名、電話番号等の申込会社情報
    2. 申込店舗数、店名(屋号)、店舗電話番号、店舗所在地等の店舗情報
  2. 当社は、新規加盟店希望者より提出された情報に基づき審査を行う。
  3. 第1項に基づき、当社に対して提出した情報に誤りがあったことにより、POICHI for Airレジ加盟店が本サービスの利用を受けられなかった場合であっても、当社は一切の責任を負わない。

第4条(届出情報の変更)

POICHI for Airレジ加盟店は、前条第1項に基づき届け出た情報(以下併せて「届出情報」という。)に変更があった場合には、当社に対し、遅滞なく所定の方法で届け出なければならない。

第5条(通知方法)

  1. 当社からPOICHI for Airレジ加盟店に対し、通知、承諾、指示その他の連絡を行う場合は、本条の定めによることとする。なお、PICHI for Airレジ加盟店が法人の場合には、当該通知等は、POICHI for Airレジ加盟店の担当者宛に行う。
  2. 当社が届出のあったPOICHI for Airレジ加盟店の所在地に書面を郵送した場合には、POICHI for Airレジ加盟店の受領拒絶、不在その他の事情で書面が到達しなかった場合又は配達が遅延した場合であっても、通常到達すべき時期に到達したものとみなす。
  3. 当社が事前にPOICHI for Airレジ加盟店から届出のあったメールアドレス(以下「届出メールアドレス」という。)に電子メールを送信した場合には、当該電子メールは、POICHI for Airレジ加盟店が受信した時点又は当社による送信後24時間の経過のいずれか早い時点に到達したものとみなす。
  4. 当社が届出メールアドレスに対し、加盟店管理画面の当社所定のページに連絡事項を掲示した旨を電子メールにて通知した場合には、POICHI for Airレジ加盟店は、速やかに当該連絡事項を確認しなければならず、POICHI for Airレジ加盟店による確認又は当該電子メールが前項により到達したとみなされた時点から24時間の経過のいずれか早い時点に当該連絡事項は、POICHI for Airレジ加盟店に到達したものとみなす。

第6条(決済端末の貸与等)

  1. POICHI for Airレジ加盟店は、本アプリを通じて本サービスを利用するに先立って、株式会社リクルートライフスタイル(以下「RLS」という。)所定の方法により、RLSに対し決済端末の貸与を申し込むこととする。この場合、RLSが認めたときに限り、複数の決済端末の貸与を受けることができる
  2. RLSは、前項に基づき、決済端末貸与の申込みを受け付けた場合には、当社所定の貸与料金を受領した上で、申込者に対し、決済端末を貸与する。前項の申込みを行ったにもかかわらず、決済端末が届かなかった場合には、POICHI for Airレジ加盟店は、速やかにRLS所定の方法により、決済端末の再送付を申し込むものとする。
  3. POICHI for Airレジ加盟店は、決済端末を受領し、当社所定の方法で本アプリをダウンロードするほか、決済端末及び本アプリを通じて本システムを管理するサーバに有効に接続できる環境を整える等、本システムを利用したポイントの付与又は利用を行うことができる設備その他の環境を整備するものとする。なお、本アプリがバージョンアップされた場合には、POICHI for Airレジ加盟店は、当社所定の方法により本アプリをアップデート等するものとし、これをしなかったことにより、本システムが利用できなかった場合でも、当社は責任を負わない。
  4. POICHI for Airレジ加盟店は、決済端末を善良な管理者の注意をもって管理し、第三者に譲渡又は使用させてはならない。また、POICHI for Airレジ加盟店は、決済端末や本アプリ等本システムに際して使用する機器やソフトウェアを損壊若しくは解体又はリバースエンジニアリング等の解析行為を行ってはならないほか、取扱上の注意事項を遵守し、改変行為その他定められた目的及び使用方法以外に使用してはならない。
  5. POICHI for Airレジ加盟店は、決済端末が電池切れ(ただし脱着可能な電池を使用している決済端末は除く。)、故障、破損等により使用することができなくなった場合には、RLSに対し、当社所定の方法で交換を申し出るものとする。
  6. POICHI for Airレジ加盟店は、第2項又は第5項に基づく決済端末の貸与又は交換に先立って、当社が第3条第2項に準じた審査を行う場合があり、かかる審査の結果により、決済端末の貸与又は交換をしないことがあることを承諾する。
  7. POICHI for Airレジ加盟店は、当社との間の個別加盟店契約が終了した場合には、アプリの利用を中止し、直ちにRLS所定の方法により決済端末を返還する。この場合、返還に要する費用は、POICHI for Airレジ加盟店の負担とする。
  8. POICHI for Airレジ加盟店がその故意又は過失により決済端末を紛失又は毀損したと当社が判断した場合には、当社は、当該加盟店に対し、違約金として、当該決済端末と同一のもの(同一のものがない場合にあっては、同等のもの)の当該判断時点における価格相当額を請求できるものとする。

第7条(地位譲渡の禁止)

POICHI for Airレジ加盟店は、本契約上の地位を第三者に譲渡できない。

第8条(秘密保持)

  1. POICHI for Airレジ加盟店は、本システムに関連して知り得た一切の秘密情報を他に提供、開示又は漏えいしてはならず、また本システムに関する業務以外の目的に使用してはならない。ただし、以下の各号に該当する場合は、この限りではない。
    1. 当該情報を受領した時点で、既に公知の情報であった場合
    2. 当該情報を受領した後に、当該情報を受領した当事者の責めに帰すべき事由によらずして公知となった場合
    3. 当該情報を受領した時点で、守秘義務を負うことなく、既に保有していた情報である場合
    4. 当該情報を受領した後に、守秘義務に服さない第三者から守秘義務を負うことなく適法かつ正当に開示を受けた場合
  2. 本条の規定は、本契約終了後も効力を有するものとする。

第9条(反社会的勢力の排除)

  1. POICHI for Airレジ加盟店は、当社に対し、自己並びに自己の役員及び従業員が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これに準ずる者(以下これらを総称して「暴力団員等」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
    3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
    5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
  2. POICHI for Airレジ加盟店は、当社に対し、自ら又は第三者を利用して以下の各号に該当する行為を行わせないことを確約する。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 当社は、POICHI for Airレジ加盟店が前各項の確約に反し、又は反していると合理的に疑われる場合、催告その他何等の手続を要することなく、本契約を将来に向けて解約することができる。なお、当社は、かかる合理的な疑いの内容及び根拠に関し、POICHI for Airレジ加盟店に対して説明し、又は開示する義務を何ら負わないものとし、本契約の解約に起因し、又は関連してPOICHI for Airレジ加盟店に損害が生じた場合であっても、何ら責任を負うものではない。
  4. 前項に基づき本契約が解約された場合、当社に損害が生じた場合には、POICHI for Airレジ加盟店は、これを賠償する義務を負う。

第10条(免責)

  1. 当社は、天災地変等の不可抗力又は営業上のやむを得ない事由により、本システムを終了する場合には、当社所定の方法によりPOICHI for Airレジ加盟店に通知又は公表することにより、本システムの提供を終了することができる。ただし、やむを得ない事由がある場合には、当社は、事前に通知又は公表することなく本項に基づく本システムを終了することができる。
  2. 前項に基づき本システムを終了したことにより、POICHI for Airレジ加盟店に生じた損害について、当社は責任を負わないものとする。

第11条(契約の終了)

当社と特定のPOICHI for Airレジ加盟店との間の契約関係が終了したときは、当該加盟店は、本システムの利用に関する表示を取り外し、決済端末を返還する等、当社の指示に従い本システムの利用を中止する措置を講じなければならない。

第12条(損害賠償)

POICHI for Airレジ加盟店は、自らの責めに帰すべき事由又は本契約に違反したことにより、当社又は第三者に損害、損失又は費用(合理的な弁護士費用を含み、以下「損害等」という。)を生じさせたときは、かかる損害等を賠償する責任を負う。

第13条(免責)

当社は、故意又は重過失による場合を除き、POICHI for Airレジ加盟店(POICHI for Airレジ加盟店が第三者に対して賠償した場合を含む。)に対して責任を負わないものとし、POICHI for Airレジ加盟店は、これを承諾する。

第14条(変更)

本約款は、当社所定の方法により変更内容を公表することにより、かかる公表日をもって変更することができるものとする。

第15条(管轄合意)

本契約に関して紛争を生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所と定める。

第16条(準拠法)

本約款に関する準拠法は日本法が適用されるものとする。

以上

平成28年10月3日 施行

お気軽にお問い合わせください