リクルートの飲食店向け業務支援サービス

case32

本格焼肉 チファジャ
西院店

カンタン操作のメッセージ配信機能で、手間をかけず効果的な情報発信が実現しました。

本格焼肉 チファジャ 西院店_レストランボード導入事例 本格焼肉 チファジャ 西院店_レストランボード導入事例

導入前の課題

以前の予約管理は、その日の予約を書き込んだ紙をコピーしてスタッフと共有するというもの。聞き取って書き込むという方法では、聞き間違いや書き間違い、さらには見間違いといった様々なミスが起こりがちでした。せっかくご予約いただいたお客様に迷惑をかけてしまうこともありました。

西院店がオープンしたのは約10年前。時代の流れとともにお客様の層やニーズも変わって来ていることを実感しています。お客様への情報発信の仕方も時代とともに大きく変化しました。以前はテーブルに置いているアンケートハガキを書いてくださったお客様にDMを送ったり、実にアナログな方法だったんです。その反応と言うと0.1%程度、ほとんどないといった状況でした。この方法を続けても、手間がかかるだけでお客様には全く響いていない、時代の変化に対応していないことを痛感しました。

導入後の活用例

会社がレストランボードを導入した時に実感した大きなメリットは、予約の人的なミスが防げること。予約管理機能を使用することで文字や数字が見やすくなり、確認時の誤りが減りました。加えて当日の予約状況をスタッフ全員で共有できるので、とても助かっています。

また、時代に合った情報を配信するにはどうすればよいか。という課題に対しては、メッセージ配信機能を使用しました。使ってみて感じたことは、とにかく操作がカンタン。操作はたった5工程ほどで完了です。こんなにカンタンに送信できる機能を使わない手はないですね。作業に時間を取られることなく、手軽に配信できるので助かっています。この機能を使ってメッセージを配信するうちに、反応の良かったメッセージとそうでなかったメッセージがはっきりと分かるように。クーポン内容とその結果をきちんと検証することで、次に配信するメッセージの内容をより効果的な内容にできるようになりました。送信したメッセージからの反応も格段に増え、メッセージ配信の効果を実感しています。手軽に操作できるのでクーポン内容の変更もカンタンです。配信済みのメッセージをフォーマットにして利用、そこにプラスαの工夫を加えてより効果が期待できるメッセージ作りに役立てています。

それから、配信曜日とその反応が出る曜日のタイミング、配信から反応までどれくらいの日数がかかるかなど、時間的な流れが分かるようになりました。また当店はサラリーマン、学生さんなど老若男女、幅広い層に利用していただいているので、その属性の利用時期に合わせて曜日や時期を工夫して配信しています。今後もメッセージ配信機能を活用しながら効果的な情報発信をしていきたいですね。

本格焼肉 チファジャ 西院店

本格焼肉 チファジャ 西院店

京都府京都市右京区西院東淳和院町1-1 アフレ西院ビル6F

阪急京都線の西院駅から徒歩1分、焼肉食べ放題の本格焼肉店です。新鮮な食材と伝統の焼肉たれが自慢、美味しいお肉をリーズナブルな価格で提供しています。窓際から一望できる東山の絶景とともにお楽しみください。