お客様の声

実際に「Airキャッシュ」をご利用いただいている
経営者の皆さまにお伺いしました

※ 写真はイメージです。

設立間もない会社でも
スムーズに資金調達

入金が早いから、
チャレンジするタイミングを逃さない

千葉県
iPhone修理のアイスマ 白井店
車井 しのぶ様
修理業
ご利用金額
5〜15万円

「地域の人の役に立ちたい」60歳で起業

iPhoneを中心にデバイスの修理や中古販売、映像制作などを行う当店は、息子が勤務していた会社のフランチャイズ店として2020年11月にオープンしました。過去の経営経験を生かして再度起業したい思いがあったので、そのタイミングで私が社長となり60歳で会社を設立。「地域の人のお役に立つ」地域密着店を目指して、店舗運営は息子夫婦が、私は主に法人営業を担当しています。
高齢者の方のスマホやパソコン利用が一般的になったことで、当店でも使い方のサポートや修理のオーダーを多くいただくように。しかしオープンから半年、新規のお客様が増えつつあるなかでの緊急事態宣言の延長。営業時間短縮と外出自粛が影響し、徐々に店舗の売上が厳しくなっていきました。

長引くコロナ禍。売上の柱を増やすにも資金が必要

※ 写真はイメージです。

売上の多くは、実店舗での販売や修理によるものです。映像制作を新たな売上の柱に育てるため、地元企業の社長にインタビューを行い、私どものYouTubeコンテンツとして配信していきました。企業PRになることで、新たな受注につながる可能性は見えてきたものの、売上に結びつくまで時間がかかる上に制作資金も要します。
店舗の売上減で運転資金の調達も必要になったため、日本政策金融公庫の特別利子補給制度を活用して借入を行いました。しかし、長引くコロナ禍で数カ月後には資金繰りが困難に。自己資金で賄うにも限界があります。そんなときに知ったのが、「Airキャッシュ※1」でした。

カード決済から資金調達まで。
リクルートならではの安心感

※ 写真はイメージです。

電話で案内を受け、迷うことなく利用を決めました。当店は8割以上のお客様がキャッシュレス決済で支払いをされます。デバイスの修理やパソコンの購入でお支払いいただく金額が大きく、その中からであれば、引落しに困る心配はないと判断しました。何よりも、うちの営業状況を見ていただきながら利用できる安心感がありました。申込後すぐに入金があり、おかげで仕入れの支払いに充てることができました。仕入れもカード決済がメインなので、口座内でやり繰りが完了できます。その便利さもありがたいですね。

逃したくないタイミングですぐに利用できるから、チャレンジを続けられる

私どものように設立から日が浅い会社に、銀行からの融資はなかなか望めません。審査が通ったとしても入金に1カ月はかかるので、急場の運転資金として調達するのは難しいんです。
それに、100万円や200万円といった大きな金額でなくても、「今、手元にあればチャレンジできるのに」というタイミングが時としてあります。昔は「お金を借りるのは恥ずかしいこと」という風潮がありましたが、事業を伸ばすために資金を調達するのは当たり前のこと。今後もAirキャッシュの力を借りて、チャレンジし続けたいと思っています。