0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

キャットラウンジ 猫の館ME

前年比で130%売上がアップする月も!
経営のパートナー「Airレジ」と実現した、コロナ禍での経営黒字化

キャットラウンジ 猫の館ME

  • 小売
  • 1店舗

2021年8月27日掲載

スムーズな店舗運営を妨げていた、会計業務と在庫管理の負担

スムーズな店舗運営を妨げていた、会計業務と在庫管理の負担

当店は「猫を売らない猫のお店」です。猫カフェに、猫に特化したペットショップを併設し、保護猫が幸せに生きていけるサポートを行っています。そのため、通常のペットショップのように猫の販売は行っておらず、猫カフェで保護猫と触れ合いながら、新しい家族との出会いの場を演出しています。そのコンセプトが支持されて、連日、多くのお客様に来店いただいています。しかし、お客様の数はもちろん、ECサイトを開設して販売チャネルが増えた結果、スタッフの負担が大きくなっていました。特に課題だったのは会計業務と在庫管理です。まず会計業務では、手書きの伝票を使っていました。それにより会計の際、商品の値段を一つ一つ電卓に打たなければならず、ミスが多くて会計スピードもなかなか上がりませんでした。また、全ての商品に値札を貼ったり、売上をエクセルに入力したりする手間もあります。ですので、商品入荷時や、月末の業務量はかなり大きな負担でした。次に在庫管理です。当店では2000点を超えるアイテムを取り揃えています。しかし、エクセルで管理を行っていたため、せっかくECサイトで購入いただいたのに欠品だったケースが多々ありました。こうした状況の中、2019年10月からの消費増税が決まります。軽減税率にも対応しなければならないので作業はさらに煩雑になるでしょう。そこで補助金が出ることもあり、POSレジの導入を決めました。

業務の負担が減り、売上アップの施策に注力可能に

業務の負担が減り、売上アップの施策に注力可能に

当店ではさまざまな決済手段に対応するため、2018年に「Airペイ」を導入しています。実は、そのときに「Airレジ」のことも知りましたが、導入の検討はしていません。なぜなら在庫管理の点数に限界があり、どちらかというと飲食店で使うサービスだと感じていたからです。しかし、あらためて「Airレジ」の導入事例を見て驚愕します。なんと3500点の在庫管理に成功している小売店の事例があったのです。その点数を管理できるのなら当店でも大丈夫だろうと感じ、「Airレジ」の導入を決めました。「Airレジ」を導入した結果、レジ作業が格段にスムーズになりました。また、エクセルに売上を打ち込む作業がなくなっただけでなく、クラウド会計ソフト「freee」とも連携ができるので期末の作業もなくなりました。そればかりか「Airレジ」を導入して、リアルタイムで売上が分かるようになった結果、売上アップの打ち手を考えられるようになりました。「目標までの進捗が芳しくない」と分かれば、「次の土日にフェアをしよう」とすぐに打ち手を実行できます。そうした取り組みが実を結んで、前年比で130%売上がアップする月もあるほどになりました。

経営者の仕事に集中でき、新たな展開に大きく前進

経営者の仕事に集中でき、新たな展開に大きく前進

「Airレジ」を導入して一番よかったことは、私が経営者の仕事に集中できるようになったことです。前期は法人化をして以来、初めて黒字を達成できました。コロナ禍にもかかわらず、こうした数字を達成できたのは「Airレジ」のおかげといっても過言ではありません。現在、店舗の移転を考えています。前々から、もっと駅の近くへの移転を考えていたのですが、会計業務に忙殺されてなかなか着手できずにいました。しかし、「Airレジ」の導入後、会計業務がスマートになって本来やりたかった経営者としての仕事に集中できるようになったので、プレゼンテーションの資料づくりや、不動産との関係性づくりなどにあてる時間ができました。まだ理想的な物件に出会えていませんが、移転の実現は間近でしょう。オープンから9年がたって、たくさんの里親が生まれると共に、当店の取り組みが全国の猫好きに知られるようになりました。それと同時に、私たちの活動に寄付をしたいという声が全国から届くようにもなっています。だんだんと理念の実現に近づいていますが、まだまだ道半ばです。むしろ経営者としての仕事に注力できるようになった、これからが本番だと考えています。「Airレジ」の力も借りながら、その実現に向けて取り組んでいきたいですね。

キャットラウンジ 猫の館ME

キャットラウンジ 猫の館ME

千葉県浦安市堀江6-9-1 Rita新浦安

業種: 小売

店舗数: 1店舗

その他の導入事例

導入事例一覧へ戻る

導入事例カタログを申し込み

さあ、あなたのお店にも
Airレジを。

Airレジは無料で、誰でもカンタンにお使いいただけます。

Airレジ

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

AirREGI

663,000アカウント※2

※1 調査主体:株式会社リクルート / 調査実施機関:株式会社インテージ / 調査実施時期:2021年11月11日(木)~2021年11月15日(月) /
対象者条件:店舗数30店舗以下の飲食業・小売業・サービス業で、勤務先の店舗や施設でレジを導入、または使用している男女18~69歳 / サンプルサイズ:n=1,063 ※2 自社調べ(2022年6月末時点)