0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

2014年11月27日

1周年記念・新サービス発表「Airレジ カンファレンス2014」を実施

Airレジカンファレンス2014

11月27日「Airレジ カンファレンス2014」をアークヒルズカフェ(東京都港区)にて実施いたしました。

カンファレンスでは、Airレジ1周年に伴い、各種提携についてや機能面での進化、アカウント数が10万を超えたことを発表いたしました。また、「Airウェイト」(https://airregi.jp/wait/)「Airリザーブ」(https://airregi.jp/reserve/)という2つの新サービスを発表し、様々な角度からスモールビジネスを支援していくことをお伝えいたしました。発表の詳細について、下記の通りお知らせいたします。

「Airレジ」1周年を迎えて、進化と実績

2014年11月19日で1周年

スモールビジネスを応援したい。そんな思いから昨年11月19日にAirレジはスタートしました。“人 と お店”、“サービス と サービス”、“オンライン と オフライン”をAirレジでつなぐ。そんなサービスを目指してパートナーとの提携や機能追加を積み重ね、2014年11月19日に1周年を迎えることができました。

  • Airレジ一周年

オープンでつながりやすいレジへ、1年間で10のパートナーと提携

この1年間で、Airレジは10のパートナーと提携をしてまいりました。グルメ・クーポン情報サイト「ホットペッパー グルメ」やリクルートポイントのポイントアプリ「Airウォレット」など、リクルートライフスタイルが運営するサービスとの連携による、お店の集客面でのサポート。QR決済サービス「Square」との連携によるクレジットカード決済の実現。クラウド会計ソフト「freee(フリー)」「MFクラウド会計」「YAYOI SMART CONNECT」との連携によるなどお店のコスト削減、業務負荷軽減の面でのサポートも開始しています。

  • 10のパートナーと連携

1 周年に10 万アカウントを達成

2014年3月末にアカウント数が4万を突破いたしました。同時期に掲げた今年度中に10万アカウントという目標も達成することができました。今後も、より多くの方にお選びいただけるサービスを目指してまいります。

  • 10万アカウント達成

1年間で多くの主要機能を追加、無料でPOSレジの基本機能をカバー

Airレジは、初期費用・月額利用料ともに無料でお使いいただけるサービスとして、この一年間でお店の声を真摯に受け止めながらさまざまな機能を拡充してきました。リリース時点では左の表の通り非常にシンプルなものに絞っていましたが、1年間でPOSレジの基本機能を広く追加してまいりました。

  • 初期費用0円
    月額利用料0円
    会計機能
    商品管理
    オフライン機能
    レシート発行
    ドロア連携
  • クレジットカード決済
    顧客管理
    領収書発行
    会計ソフト連携
    在庫管理
    バーコード読み取り
    ABC分析
顧客管理機能

この機能は、お店に来店されるお客様の情報を簡単に記録し、呼び出せる機能です。画面からお客様の来店回数や以前、ご注文された商品を確認することができるので、接客の質を高めることが可能です。また、連携するホットペッパーから予約が入った際には、自動的にお客様の情報がAirレジ内に記録されます。

(2014年11月時点での情報です。2016年3月より、Airレジはリニューアルされ、予約機能・テーブル管理機能は「レストランボード」という別アプリへ移行・強化しました。詳細はこちら)

在庫管理機能
あらかじめ商品の在庫数量を設定しておくことで、Airレジ上で商品が売れるたびに、自動的に在庫数を減らしていき、在庫状況を管理することができます。
バーコード読み取り機能
Bluetoothで接続可能なバーコードリーダーでバーコードを読み取ります。これで、Airレジに登録した商品を画面上で探す手間を省くことができます。バーコードがない賞品については、商品登録時に商品コードを登録し、バーコードシールを発行していただくこともできます。
ABC分析機能
この機能は、商品ごとにどれくらいを占めているのかを簡単に分析する機能です。感覚的な売れ筋商品だけでなく、どの商品が売れているかを誰でも簡単にそして正確に知ることができます。

「Airウェイト」「Airリザーブ」2つの新サービスを発表

この1年、提携や機能追加によってAirレジを進化させてまいりました。まだまだ解決できていない課題も多く、今後も皆様の声を伺いながらサービスを磨き上げてまいります。一方で、Airレジだけでは解決できないこと課題もあり、今回2つの新サービスとして、順番待ち管理アプリ「Airウェイト」、簡単に使える予約管理システム「Airリザーブ」を発表いたしました。

Airウェイトとは

Airウェイトは、iPadにアプリをインストールしプリンターと接続することで、お客様の来店受付から番号券の発券、入店までの案内がデジタル管理できるサービスです。
4月より行っていた15店舗で17,000人に体験していただいた実証実験では、60%超の方が「Airウェイトがあれば再来店をしたい」という結果が出ております。基本無料(※)で、iPadをお持ちの方であればすぐにApp StoreよりAirウェイトをダウンロードしていただくことができます。
※今後新たに追加される一部機能やサービスは有料でご提供させていただく場合がございます。

Airウェイト3つの特徴

1.iPadでかんたん管理

紙の受付票と同様のシンプルな操作で、店員1人が来店受付から案内まで行うことができます。初心者の方でもすぐにオペレーションできるよう、優しいデザインを実現しました。

2.順番待ち状況をリアルタイム確認

お客様自身で待ち状況を、どこでもリアルタイムに確認できるため、待ち時間を有効に活用してもらうことができます。行列の理由による離脱が減り、再来店意向も高くなります。

3.分析によるサービスの改善

可視化された待ち組数などの情報により、お客様に正確な情報提供が可能です。店舗オペレーションの改善やお客様へのコミュニケーション改善を通じて、顧客満足度の向上につなげることができます。

  • Airウェイトロゴ
  • Airウェイト画面

Airリザーブとは

Airリザーブは、業種やサービスを問わずに、電話予約、直接予約、ネット予約を一元管理できる予約管理システムです。
店舗サイトを運営されている場合は「予約」ボタンのリンク設定、ソーシャルメディアでは予約URLを投稿するだけで、ネットからの予約受付が可能になります。これにより、24時間ネット受付によりお客様からの予約の取りこぼしを防ぎ、店舗の「予約数の最大化」に貢献します。
ヨガ教室、フィットネスクラブなどの「レッスン」「スクール」から、イベント・セミナー、アクティビティ、歯科や診療院、貸し会議室など幅広い業態・サービスにおける「予約」でお使いいただくことができます。

Airリザーブ3つの特徴

1.無料(※)

だれでも簡単に、無料で安心してはじめられる予約管理システムです。
※今後新たに追加される一部機能やサービスは有料でご提供させていただく場合がございます。

2.予約の一元管理

電話予約・ネット予約・直接予約、すべての予約を一元管理できます。

3.導入が簡単

店舗サイトに予約ボタンを設置したり、ブログ・SNSに予約URLを投稿するだけでネット予約ができます。

  • Airリザーブロゴ
  • Airリザーブイラスト

さあ、あなたのお店にも
Airレジを。

Airレジは無料で、誰でもカンタンにお使いいただけます。

Airレジ

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

AirREGI

562,000アカウント※2

※1 調査主体:株式会社リクルート / 調査実施機関:株式会社インテージ / 調査実施時期:2020年11月20日(金)~2020年11月24日(火) /
対象者条件:店舗数30店舗以下の飲食業・小売業・サービス業で、勤務先の店舗や施設でレジを導入、または使用している男女18~69歳 / サンプルサイズ:n=1,053 ※2 自社調べ(2021年3月末時点)