0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

2016年4月28日

2016年5月10日 Airレジ リニューアル、レストランボード リリースと事前準備についてのお知らせ

2016年5月10日(火)より、会計機能がより充実した「Airレジ」と飲食店をはじめ様々な業種の予約業務でご利用いただける「レストランボード」の2つのアプリとして生まれ変わります。
リニューアルの詳細につきましては、2016年3月28日(月)にご案内している下記のお知らせをご確認ください。
2016年5月中旬以降 Airレジ リニューアル、レストランボード リリースのお知らせ

5月10日以降の利用に関するご注意

5月10日以降、「Airレジ」アップデートまたは「レストランボード」をインストールし、AirIDでログインするとデータの「引き継ぎ作業(所要時間:初回ログイン後のみ数秒~5分程度)」が開始されます。

複数のiOS端末またはAndroid端末をご利用の方へ

複数の端末で同じAirID(アカウント)をご利用の場合、1つのiOS端末で「引き継ぎ作業」が完了すると、その他の端末はアプリをアップデート頂くまでご利用いただけなくなります。
特に、iOS端末とAndroid端末をあわせてご利用の場合、iOS端末に新しい「Airレジ」もしくは「レストランボード」をインストールしてアップデートしてしまうと、Android端末の「Airレジ」はそれ以降ご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

iPhone版「Airレジ」をご利用の方へ

5月10日よりiPhone版「Airレジ」は、iPad版「Airレジ」アプリと統合いたします。
iPhone版「Airレジ」をご利用の方は、お手数ではございますが、一度「Airレジ」アプリをiPhoneからアンインストールいただき(※1)、再度AppStoreよりインストールをしていただくようお願いいたします。データは自動で引き継がれ、これまでと同じようにお使いいただけますので、ご安心ください。

※1 アプリを削除いただく前に、「未送信データ(※2)」がないことをご確認ください。未送信データが残っている状態でアプリを削除してしまうと、未送信データも一緒に削除されてしまいますので、未送信データがある場合は未送信データの送信を行って頂いてから、削除していただきますようお願いいたします。

※2 未送信データとは、通信ができない状況等により端末に残った状態(未送信の状態)の会計データのことです。

4月30日までに必ず実施してください

1. アプリの自動アップデートをオフにする(1分)

リニューアル後のAirレジアプリをアップデートすると初回ログイン後にデータの引き継ぎ作業がはじまります。
引き継ぎ作業には5分程度かかり、その間Airレジはご利用できません。
ユーザーの皆様の業務に支障の出ない時間帯にアップデートをおこなっていただくため、必ず自動アップデート設定を「オフ」にしてください。

2. OSをアップデートする(20分〜)

新しいAirレジアプリは、iOS8.0以上の端末でご利用いただけます。iOS8.0未満の端末をご利用の方は、iOSソフトウェア・アップデートを実施してください。
OSのアップデートを開始すると20分〜数時間(ネットワーク状況によっては時間が異なります)端末が使用できなくなるため、閉店後や定休日など業務に差し支えのない時間帯に実施してください。
アップデート方法のさらなる詳細については、こちらをご覧ください。

バージョンの確認方法

iOSソフトウェア・アップデート方法

リニューアルについて記載されている「事前準備マニュアル」も是非、ご利用ください。

詳細・事前準備マニュアル・お問い合わせ

Airレジ リニューアル、レストランボード リリースの詳細に関して

3月28日のお知らせにてご案内しております。こちらをご覧ください。

事前作業およびアップデート方法

マニュアル(PDF)をご用意しております。こちらをご覧ください。

本件に関してのお問い合わせ

Airレジヘルプデスク

さあ、あなたのお店にも
Airレジを。

Airレジは無料で、誰でもカンタンにお使いいただけます。

Airレジ

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

AirREGI

562,000アカウント※2

※1 調査主体:株式会社リクルート / 調査実施機関:株式会社インテージ / 調査実施時期:2020年11月20日(金)~2020年11月24日(火) /
対象者条件:店舗数30店舗以下の飲食業・小売業・サービス業で、勤務先の店舗や施設でレジを導入、または使用している男女18~69歳 / サンプルサイズ:n=1,053 ※2 自社調べ(2021年3月末時点)