東毛酪農63℃の導入事例 | やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス

お問い合わせ0120-759-225(平日10:00〜19:00)メールはこちら担当者から説明を受ける方

導入事例

東毛酪農63℃ / 株式会社三丸 代表取締役 青山 稔さん、横浜・八景島シーパラダイス店 店長 青山 祥太朗さん

「東毛酪農63℃」の導入事例

カフェ東毛酪農63℃

スタッフ数12人

株式会社三丸 代表取締役青山 稔さん
横浜・八景島シーパラダイス店 店長青山 祥太朗さん

この記事は月刊食堂2018年12月号に掲載された記事の転載となります。

横浜・八景島シーパラダイス(以下シーパラダイス)内にある「東毛酪農63℃」は、ソフトクリーム、パフェ、クレープなどのスイーツと、カレーやパスタなどのフードを販売する90坪81席のカフェである

横浜・八景島シーパラダイス(以下シーパラダイス)内にある「東毛酪農63℃」は、ソフトクリーム、パフェ、クレープなどのスイーツと、カレーやパスタなどのフードを販売する90坪81席のカフェである。東毛酪農63℃は、経営母体である㈱三丸の代表取締役青山稔氏が広告代理店勤務当時に、群馬の東毛酪農業協同組合が生産する「パスチャライズド牛乳」(以下パス乳)に出会い、食品事業部門を立ち上げ、東京スカイツリーの東京ソラマチにオープンしたブランドである。その後、青山氏は広告代理店を退社して独立。埼玉の「コクーンシティ」に自営1号店を、自営2号店をシーパラダイスに開業した。
一般的な牛乳が120~130℃で2~3秒殺菌される超高温殺菌(UHT)であるのに対し、パス乳は63~65℃で30分間殺菌処理を行う。低温保持殺菌(LTLT)と呼ばれるこの方法による牛乳は、いわゆる牛乳臭さや後口の粘りがなく、原乳本来のほのかな甘みや香りを保ち、後味も爽やか。ソフトクリームやホイップクリームにしても、その特徴がはっきりと感じられる優しい味わいになる。有用菌やタンパク質も保たれるため栄養面でもメリットがあり、健康食品としてのアピールも可能だ。「本当に価値あるものの魅力は、必ず消費者に受け入れられる。大切なのはその価値の伝え方です」と話す青山氏が惚れ込んだこだわりの牛乳である。

スタッフの作業負担を減らすことは、『この店で働いてくれてありがとう』という、経営者の感謝の気持ちを伝えることにもつながると思います

導入したAirシフトについて、青山社長は次のように語る。 「スタッフが快適に気軽に働ける環境をつくり上げることは会社の責任です。また、PAスタッフは数店舗を掛け持ちで働くことも多く、当店を優先して働いてくれるスタッフが増えることは、店の運営にとっても大きなメリットになります。Airシフトを導入することによって、店舗側のシフト作成が効率化できただけではなく、スタッフにとっての利便性を大きく向上させることができました。スタッフとのコミュニケーションも円滑になり、シフト作成・管理の際の双方のストレスは大幅に緩和されました。スタッフの作業負担を減らすことは、『この店で働いてくれてありがとう』という、経営者の感謝の気持ちを伝えることにもつながると思います」

シフト作成時間が半分に。スタッフも使いやすいと好評

シフト作成時間が半分に。スタッフも使いやすいと好評

「Airシフトになって、シフト作成および管理に必要な作業時間が半分くらいになりました。スタッフ全員がAirシフトと連携するシフトボードを使っているので、一括で管理できます。特に便利なのが『シフト作成アシスト機能』です。曜日ごと、時間帯ごとの必要人員を設定しておくと、スタッフからのシフト希望からおおよそのスタッフのシフトが自動的に作成されるので、あとは微調整して全員に確定シフトのPDFを送ればシフト作成は完了です。また、スタッフのシフト希望がどのくらい採用されているかも表示されるので、公平なシフトづくりができるのもいいですね。スタッフの定着にも寄与すると思います。」(青山店長)

店長とのやり取りがしやすく、履歴や確定シフトもシフトボードだけで管理できるので使いやすい。ひとつのアプリで済むので間違いもなく安心

スタッフからは、「LINEなどに比べ、店長とのやり取りがしやすく、履歴や確定シフトもシフトボードだけで管理できるので使いやすい。ひとつのアプリで済むので間違いもなく安心」と好評だという。LINEや口頭でのやりとり、紙のシフトカレンダーなどでシフトを作成することは、店舗とスタッフ双方のストレスになり、ミスも起こりやすい。一本化できる上、定型文メッセージ、スタッフの過去履歴からのシフト希望送付などの機能を標準搭載するAirシフトは、店舗運営の改善に大きく貢献する。「シフト作成アシスト」や「希望叶え率」は、いずれもリリース後に追加された機能である。シフト作成アシストはシフト傾向をAI学習するため、使い続ければ精度がアップする。こうしたバージョンアップを頻繁に行っている点もAirシフトの特徴である。勤怠管理機能も追加され、Airシフトを利用しているPCを活用して、スタッフが出勤・休憩・退勤などを打刻し、店舗は打刻実績管理とともに概算人件費のシミュレーションができるようになった。これらの機能が追加されたことによって、別に専用システムを購入する必要がなく、コスト削減にも役立つ。 当面は5店舗前後の展開を目標とする東毛酪農63℃では、今後も継続してAirシフトを活用していく意向だ。

店舗情報

東毛酪農63℃ 横浜・八景島シーパラダイス

神奈川県横浜市金沢区八景島 ベイマーケットB棟1F

業種:飲食/カフェ
スタッフ数:12人

東毛酪農63℃ 横浜・八景島シーパラダイス

導入事例一覧へ戻る

最大2ヶ月(利用開始月と翌月)は無料で体験できます

アカウント登録