Sunrichの導入事例 | やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス

お問い合わせ0120-759-225(平日10:00〜19:00)メールはこちら担当者から説明を受ける方

導入事例

Sunrich 店長 小池 あさみ 氏

「Sunrich」の導入事例

ネイルサロンSunrich

スタッフ数7人

店長 小池 あさみ 氏

2号店ができたタイミングでAirシフトを導入。料金体系の分かりやすさが決め手に

当店は4年前に開業しました。客層は20~70代までと幅広く、都内だけでなく横浜や川崎方面からもご来店されます。この恵比寿店のほか、表参道店を開業することになったタイミングでシフト作成ツールの導入を考えはじめました。当時、スタッフが13名ほど在籍しており、紙でのシフト作成に限界を感じたことが一番の理由です。いくつかのツールを比較検討したのですが、Airシフトは利用価格が1人につき100円というのが単純明快で心惹かれました。シフト管理にそこまでコストをかけられない中、ほかと比べても安かったですし、スタッフ数によって毎月の利用料が増減するだけなので経費としても分かりやすいのがいいですね。また、かねてから予約システムとしてホットペッパービューティーを利用していた縁もあり、リクルートのサービスということで信頼や期待感も決め手になりました。

また、管理者だけでなく、スタッフにも連動するアプリが入って自分でスケジュール管理ができる点も魅力的でした。

3パターンのポジションが混在するシフトも組みやすくなった

3パターンのポジションが混在するシフトも組みやすくなった

当店では、アイラッシュ専門スタッフのシフト、ネイル専門スタッフのシフト、両メニュー施術可能なスタッフのシフトの3パターン作成する必要があります。それぞれ早番と遅番があり、コアタイムには4~5人入るようにシフトを組むのですが、専門スタッフがなるべく被らないように気を付ける必要があるのでかなり複雑です。社員は休み希望日を送ってくるのに対して、アルバイトスタッフは入れる日時だけを送ってきますが、Airシフトの自動反映機能によって希望シフトを可視化できるため、作業時間はかなり短縮されています。

導入前は、チャットアプリで個別に希望シフトを集めて紙に書き出す工程が本当に大変でした。すべて紙で作業していたので、スタッフたちも出勤時にバックヤードに貼られたシフト表を確認しなければ、自分のシフトを確認できませんでした。しかし今は、自由なタイミングで事前確認できるので、スタッフたちも効率的に動けるようになったと思います。シフトが決まれば、その分早くホットペッパービューティーの予約枠を設定できるので、今ではスタッフたちが空いた時間に率先して調整してくれています。当日のオペレーションもよりスムーズになって、お客様にも上質なサービスを提供できています。

タイムカード機能の正確な計算が店とスタッフの信頼関係につながる

紙のタイムカードから脱却したことで、スタッフごとの業務量に気付けるように

シフト作成に加え、重宝しているのが勤怠管理機能です。以前は、紙のタイムカードを数時間かけて表計算ソフトに書き起こし、全員分の勤務時間を計算しており手間がかかるので変えたいと思っていました。Airシフトを使い始めてからは、その作業が丸々なくなって煩わしさから解放されました。トータルの勤務時間がデータで表示されるのはスタッフにとっても嬉しい変化だと思います。また、紙への打刻だと調整が効かなかったので、仕事が終わっているのにシフト上で決められた退勤時間まで待って打刻するスタッフも少なくなかったんです。本当はもっと早く上がれるのに、無駄な時間を過ごすのは働き方としてもよくありません。これまで、オーバーした場合は15分単位で切り捨てていましたが、Airシフトに変えてからはトータルの勤務時間をきちんと給与に反映できるようになりました。それにより、シフト上の退勤時間より早くても遅くても正直な打刻が習慣化したことは、管理者とスタッフ双方にとって時間の効率化につながっていると思います。そして、今は計算せずとも常に最新データを確認できるので、社員たちの勤務時間をこまめにチェックし、あまりにも規定時間をオーバーしているときには時間調整を入れるといった動きも生まれました。スタッフごとの業務量が可視化できるようになったことで、間違いなく働き方改革の一助になっています。

スタッフの声

シフトボードと連携してスタッフも嬉しいAirシフト

シフトボードと連携してスタッフも嬉しいAirシフト
スタッフMAIKOさん

3人の育児中で複雑な希望シフトも、履歴から編集できるので簡単です。
ネイル専門のアルバイトスタッフとして勤務しています。育児中の私は固定シフトではなく、入れる日と時間をこちらから店長に連絡しています。子どもの年齢が8歳と5歳、3歳ということでシフトが流動的ですが、それでもシフトボードを使えば、過去のシフト履歴を編集してシフト提出ができるので煩雑さはかなり軽減されていると思います。また、保護者会などの行事があれば、早番・遅番という括りではなく時間指定でお願いすることも多いのですが、シフトボードならチャットアプリよりも機械的に伝達できるので感情としても楽ですね。

店舗情報

Sunrich

東京都渋谷区恵比寿4-27-1 pagoda SK302

業種:サービス/ネイルサロン
スタッフ数:7人

Sunrich

導入事例一覧へ戻る

最大2ヶ月(利用開始月と翌月)は無料で体験できます

アカウント登録