飲食店の業務をカンタンにするオーダーシステム

導入事例

Airレジ オーダーご利用の方に、導入した感想をお聞きしました。

仕事の効率が上がって、時間に余裕が生まれた。その分、おもてなしや新メニューの開発に力を注げます。

カフェ 座席数:34席

東京都国分寺市 イエノウエノカフェ 店主 杉田直木さん

  • 導入理由:紙伝票からの移行
  • ハンディ:2台
  • キッチンモニター:2台
国分寺駅から徒歩2分。マンションの屋上にあるちょっと珍ししいカフェです。テラス席では街の景色を眺めながら、挽きたてのコーヒーや手作りスイーツ、プレミアムビールが楽しめます。おすすめは自家製ジェノベーゼ。
イエノウエノカフェ イエノウエノカフェ

2021年7月8日掲載

この記事は「Airレジ オーダー」に、サービス名称変更前の取材記事です。
2022年2月17日、Airレジ ハンディからサービス名称を変更しています。

紙伝票をやめてから、オーダーミスがなくなりました。

うちのお店には、アルバイトを含めて20名のスタッフがいます。
「Airレジ オーダー」導入前は、各々が紙伝票に注文のメニューを書いていましたが、それぞれ文字の癖がありますし、間違いやオーダーミスも多かった。伝票のごみも気になり、ペーパーレス化を考えていました

画面をタッチするだけでオーダーできる「Airレジ オーダー」導入後は、ミスがほとんどなくなり、「キッチンモニター」との連動で、キッチンの作業効率も向上しました。以前は調理をしながらオーダーをメモし、提供後にペンで消すというやり方だったので、けっこう大変でした。

今は、提供したらモニターをタッチするだけ。簡単ですし、提供漏れもなくなりました。

紙伝票をやめてから、オーダーミスがなくなりました。

充実のサポート体制にも安心感。

電話による技術サポートがあることも、「Airレジ オーダー」導入の決め手でした。

もともと「Airレジ」を使っていて、そのときも問い合わせに丁寧に対応していただいたので、安心感がありましたね。他社のハンディも少し調べましたが、価格が高く、サポート体制にも不安があったので、迷うことはありませんでした。

また、私は他にも仕事を持っているので、お店の売上管理などはほぼ自宅で行っています。以前はファックスでデータを送ってもらうなどのやりとりがありましたが、「Airレジ オーダー」導入後は、毎日パソコンに正確な売上データが届くようになりました。税理士さんにもそのままデータを渡せるので、とても助かっています。

充実のサポート体制にも安心感。

時間が生まれた分、他の業務に力を注げます。

文字を書いたり、レジに金額を打ち込んだりする作業がなくなり、かなり時間を節約できるようになりました。その分、お客さまとのコミュニケーションや、メニュー開発に時間を割くことができます。丁寧に作業ができますし、新しいアイデアも生まれるようになりました。

スタッフも、お客さまとの会話をじっくり楽しめるようになったようです。
紙伝票のときは、オーダーを取ったらすぐにキッチンに行って伝える必要がありました。そのため、お客さまとお話が盛り上がっていても、どこかで話を切り上げなければならなかった。

でもハンディなら、ホールからオーダーを送信すればいいので、焦ってキッチンに行くこともなくなりましたね。

時間が生まれた分、他の業務に力を注げます。

スタッフもすぐに操作に慣れました。

とにかく操作が簡単なことも、「Airレジ オーダー」の魅力のひとつです。

みんなもすぐに操作に慣れてくれました。はじめのうちは戸惑っていたスタッフも、今では「紙伝票よりハンディの方がラク」と言っているくらいです。導入してまだ数ヵ月ですが、「昔からずっと使っているみたい」と言う人もいるほど、浸透しています。

また、紙伝票のときはお店ならではの略語があり、新人のスタッフは最初にそれを覚えなければいけませんでした。たとえば、ビールならB、コーヒーならCといった、独自のルールです。そういった決まりごとを教える必要もなくなったので、新人スタッフも早く仕事に馴染めるようになりました。

スタッフもすぐに操作に慣れました。

コロナ禍がIT化促進のチャンスでもありました。

新型コロナウイルスの流行で、緊急事態宣言が出たり、時短営業になったりと、いろいろな影響がありました。ですが、私はこれを「IT化を進めるチャンスになる」とも思っていました。通常営業しながら変えていくのは大変ですが、休業や時短を利用して、段階を踏みながら「Airレジ オーダー」を浸透させることができました。良いきっかけにもなったと思います。

また、スタッフがキッチンを行き来することが少なくなり、お客さまをレジ前でお待たせする時間も短くなりました。伝票のやりとりもなく、無駄な接触の機会を減らすことができたのも、「Airレジ オーダー」のおかげです。感染対策を進める上でも、重要な役割を果たしてくれています。

コロナ禍がIT化促進のチャンスでもありました。

お店として大事にしていることも、支えてくれる存在に。

この「イエノウエノカフェ」は、地元である国分寺のみなさんに喜んでもらうためにつくったお店です。売上を上げることよりも、安心して、心地よく過ごせる場所になれることを目指しています。こうした私たちの想いも、「Airレジ オーダー」が支えてくれています。

店内の業務に余裕ができたので、細かいところまで目が届きますし、お客さまへのおもてなしやコミュニケーションに専念できるようになりました。スタッフにとっても、今まで以上に楽しく、やりがいを持って働ける環境になったことでしょう。

「Airレジ オーダー」を導入したことは、お店も、お客さまも、スタッフも、みんなが幸せになれる選択だったと思っています。

お店として大事にしていることも、支えてくれる存在に。
導入事例トップへ戻る
疑問や不安はご相談ください

Airレジ オーダー導入相談

導入相談は無料 です。
いつでもご相談ください。

資料請求(無料)・問い合わせ
TOPへ