注文・調理・配膳をカンタンにするオーダーエントリーシステム

導入事例

Airレジ ハンディご利用者の方に、導入した感想をお聞きしました。

「レストランボード」で席を割り当て「Airレジ ハンディ」で注文を取り、「Airレジ」で会計。
流れがスムーズになり、作業負荷が軽減しました。

和食

東京都中央区銀座 長宗我部 銀座 アルバイト

  • 座席数:34席
  • ハンディ:4台
  • キッチンプリンター:3台
  • 紙伝票からの変更
高知料理を提供しているお店です。わらで炙ったカツオのたたきや、うつぼの刺身、土佐赤肉など高知で食べるそのままの味を提供しています。銀座という場所柄、近くの会社員の方に会食でご利用いただくことが多いです。
長宗我部 銀座

2020年3月23日掲載

紙伝票のときは、注文ごとに厨房に通しに行く必要がありました。

「Airレジ ハンディ」を導入する前は、紙伝票に手で書き込んで注文を取っていました。

お客様から注文を取ったら、紙に書いて厨房にオーダーを通しに行く。それだけでかなり時間を取られていました。

忙しい時間帯は、頻繁にお客様に声をかけられるので、作業が重なるし、料理やドリンクが出ているかの確認をするときも大変でした。

紙伝票のときは、注文ごとに厨房に通しに行く必要がありました。

ドリンクが出ているかどうかの確認にも時間を取られていました。

「Airレジ ハンディ」を導入して劇的に変わったことは、お客様の注文内容と、いま料理やドリンクがどこまで提供されているのかが、一目瞭然でわかること。注文を打ち込むとキッチンプリンターから紙で出力されます。

提供されたらその紙を捨てる流れなので、もしも出ていないドリンクなどがあればすぐわかる。ホールにいるスタッフ全員が現在のお店の状況を把握できるので、お互いにフォローしあうこともできます。

営業時間中の余計な動きや、スタッフ間での口頭でのやりとりもなくなり、接客がとてもスムーズになりました。

ドリンクが出ているかどうかの確認にも時間を取られていました。

軽くて片手で扱えるので、お客様に呼ばれたときにもすばやく対応できます。

お客様から声をかけられたらサッと取り出して注文を取ることができるように、スタッフ全員が「Airレジ ハンディ」を携帯しています。
片手に何か持っているときであっても、iPod touchは軽いのでもう一方の手で扱うことができます。

私は以前、他のハンディ端末を利用したことがあるのですが、その端末は大きくて、ボタン位置や操作も複雑でした。両手を使わなければ注文を取ることができませんでした。

iPod touchは軽くて片手で扱えるので、お客様に呼ばれたときにもすばやく取り出して対応できます。

感覚的に操作できてカンタン。

「Airレジ ハンディ」はスマホを操作するのと同じ感覚で使えるところがいいですね。画面内にメニューボタンがわかりやすく配置されているので、指先だけでサッと注文を打ち込めます。取り消しの作業なども数をマイナスにするだけで済みます。とにかく使いやすい。

「Airレジ ハンディ」で取った注文は、厨房に自動で届いているし、そのまま伝票にも反映されていくので、忘れることもありません。お客様に声をかけられて、スタッフがすぐに対応できるかどうかは、お店の印象にも大きく影響してくることだと思います。

感覚的に操作できてカンタン。

テーブルごとに紙伝票を用意する必要がなく、ボタンひとつですぐ会計。

紙伝票を使っていたときは、開店前に予約分の伝票をテーブルごとに準備する作業などもありました。

連携している予約台帳の「レストランボード」で席の管理をしているので、「Airレジ ハンディ」で空席を確認してご案内して、そのまま注文を取ります。お会計もボタン一つで「Airレジ」に合計金額が表示されます。

書く作業や計算する業務がなくなったことで、大幅に作業負荷が軽減されています。注文の取り間違いや、会計ミスがなくなったことも大きいですね。手書きではなくすべてデータとして残っているので、お客様にとっても安心感があると思います。

テーブルごとに紙伝票を用意する必要がなく、ボタンひとつですぐ会計。

「レストランボード」との連携で、常連か新規のお客様かも把握できます。

また「レストランボード」とデータ連携していることで、常連さんなのか、新規のお客様なのかも把握できますし、注文内容も自動で「レストランボード」に蓄積されていくので、お客様の情報を知りたいときにも役立ちます。

どれだけお客様の情報を把握できているかで、サービス提供にも違いが出てきますよね。お客様の好みがわかっていれば、接客の際に話す内容も自然と変わってきます。

こうした情報も「Airレジ ハンディ」なら画面上で把握できる。
便利だし、とても役立ちます。

「レストランボード」との連携で、常連か新規のお客様かも把握できます。
導入事例トップへ戻る

Airレジ ハンディ導入相談

導入相談は無料 です。
いつでもご相談ください。

資料請求(無料)・問い合わせ

Airレジ ハンディは、
基本機能が0円で使える
Airレジ、レストランボードとカンタン連携。

サービス連携をみる