• 美容
  • hair&relax LINK

2020年4月22日掲載

hair&relax LINK

ポイントの活用で昨対比2倍の売上を達成。客単価も5倍になり、経営が軌道に乗りました。

店のリニューアルに合わせて、共通ポイントの活用で客層を広げたい。

当店は地域で長く愛されてきた、50年近い歴史がある床屋です。10年前、師匠から店を引き継ぎ、現在は私がオーナーを務めています。店を受け継いだ当時、常連客が多く、客層は60代の男性がメインでした。特に好評だったのが3回の来店で1,000円の割引券と交換になるスタンプカードです。しかし、還元率があまりに高過ぎて、店に利益が残らない月もあり、頭を悩ませていました。一方で、つくばエクスプレス開業後、店を構える三郷市に若い世代が流入し、街の雰囲気が変わり始めていました。お店をさらに発展させるためにも、新しい層を取り込みたい。そう決意し、2018年10月、“リラックス”をテーマに全面リニューアルをしました。そのタイミングで店独自のスタンプカードも止めました。変わりに検討したのが共通ポイントシステムです。私自身、いろいろなポイントを貯めているので、その便利さを知っています。それを自店でも導入できたら、お客様に還元する施策を続けられるだけでなく、新規集客も狙えるだろうと思ったのです。自店に合うサービスを探しているとき、インターネットで見つけたのが「Airペイ ポイント」です。「Airペイ ポイント」なら、圧倒的な知名度を誇る3つの共通ポイントを個店でも活用できます。リクルートのサービスだという安心感も後押しとなり、2019年10月に導入を決めました。
ブランド力のあるカードを自店で使えるとは夢にも思っていませんでした。
ブランド力のあるカードを自店で使えるとは夢にも思っていませんでした。

効果的なキャンペーンの実施で昨対比2倍の過去最高の売上を記録。

「Airペイ ポイント」の導入後、のぼりを掲げたり、レジの近くや個室にPOPを掲示したりして、ポイントが使えることを積極的にアナウンスしています。会計時も「ポイントカードを持っていますか」という一声を忘れません。近隣の大型ショッピングモールでTポイントやWAON POINTが、URの家賃でPontaが使えたり貯まったりするので、いずれかのポイントカードを持っているお客様が想像以上に多いです。そうしたお客様はポイントが貯まる店を積極的に使うので、自店がそこに入り込めたメリットは計り知れません。また、ポイントの話題で会話が弾み、コニュニケーションを通しても“リラックス”できる雰囲気を提供できるようになりました。のぼりを見て来店されるお客様も増え、現在、メインの客層が30、40代に変わり、男女比も6対4になったほどです。そうした新しいお客様たちへ感謝の気持ちを伝えたいと思い、2019年12月11日から29日の間、4,000円以上のお会計でTポイントが3倍になるキャンペーンを実施しました。すると想像以上に来店客が増え、昨年対比で2倍以上の売上を達成できました。「Airペイ ポイント」がなければ成し遂げることができなかった数字で、私たち自身、そのポテンシャルの高さにとても驚いています。
店頭にのぼりを掲げ、共通ポイントが利用できるということを積極的にPRしている。
店頭にのぼりを掲げ、共通ポイントが利用できるということを積極的にPRしている。

ポイントの活用が安定経営を実現し、ビジョンの実現を支えてくれる。

リニューアル前、当店の客単価は2,500円ほどです。リニューアル後、それが3,500円に伸び、「Airペイ ポイント」導入後は6,000円まで上がりました。「ポイントが貯まったり、使えたりするなら」という理由で、プラスのオーダーが入るようになったのです。以前、カラーといえば白髪染めくらいでした。しかし、今ではファッションカラーのニーズが伸びています。女性のお客様が増えて、トリートメントやヘッドスパなどのニーズが高まったのも大きいですね。客単価が上がった結果、経営的に楽になって、今後の展開もゆとりをもって考えられるようになりました。「Airペイ ポイント」は導入したら、それで終わりではありません。サポートスタッフが定期的に連絡をしてくれて、しっかりとサポートしてくれるので安心して使い続けられます。当店では「Airペイ ポイント」の導入によって、新規集客に成功しただけでなく、客単価が上がり、売上のアップも成し遂げることできました。店名のLINKには地域と繋がるという意味があります。だからこそ、今後、さらに当店のことを好きになってもらえるような施策を行っていきたいです。「Airペイ ポイント」を活用しながら地域になくてはならない店づくりをしたいと考えています。
客単価が上がった結果、売上も劇的に伸びて、販促費用としてはとてもリーブナブルだと感じています。
客単価が上がった結果、売上も劇的に伸びて、販促費用としてはとてもリーブナブルだと感じています。