カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス

タッチ決済を導入したい方へ。種類・メリット・契約の流れなど解説

タッチ決済という言葉をご存知でしょうか。言葉自体は知らなくても、コンビニエンスストア、飲食店、小売店などでレジにあるリーダーにカードやスマートフォン(以下スマホ)・スマートウォッチをタッチする光景は今や日常ではないでしょうか。
今回は、新しい生活様式のなか接触機会が減らせることから政府も注目する、タッチ決済について説明します。

タッチ決済(非接触IC決済)とは

タッチ決済とは、消費者がカードやスマホ・スマートウォッチを決済端末にタッチして行う決済です。
「コンタクトレス決済」や「非接触型決済」とも呼ばれ、NFC(Near Field Communication:通信距離10cm程度の近距離無線通信技術)という通信技術が搭載されたNFC Type A、NFC Type B、NFC Type Fの3規格があります。

国際ブランドが採用し、海外でも普及しているのが、NFC Type A/Bが使われているタッチ決済です。NFC Type FはFelica(フェリカ)とも呼ばれ、いわゆる電子マネーとして、国内で普及してきたタッチ決済です。

NFC(Near Field Communication)規格とは

NFC Type-Aはオランダの企業が開発、NFC Type-Bはアメリカの企業が開発、そしてNFC Type F(Felica)はソニーが開発しました。

NFC Type A/Bは海外で広く普及しており、日本でもVisa、Mastercard®、JCBなどの国際ブランドがNFC Type A/B搭載カードを発行し国内・海外で使用可能となっています。

NFC Type F(Felica)はNFC Type A/Bに比べて通信速度が2倍近く速いのですが、ほぼ日本での展開に留まっているのが現状で、楽天EdyやWAON、Suica、iDやQuicPayなどに使われています。

NFCの種類画像

タッチ決済の種類

  • クレジットカード、Suicaなどの交通系電子マネー、 Apple Payなどが入ったスマホなど様々な種類があります。タッチ決済はこのマークのある端末で使用でき、国際ブランドのカードでもこのマークがあるものはタッチ決済に対応しています。

  • NFCの種類画像

クレジットカードなどの国際ブランドカードでのタッチ決済

カードをそのまま決済端末にタッチする決済で、国内でも広まりつつあります。サインや暗証番号は不要です。※セキュリティ上1回に1万円までなど、上限設定が可能

国際ブランド名 タッチ決済のサービス名
Visa Visaのタッチ決済
Mastercard® Mastercard® Contactless
JCB JCB Contactless
AMEX American Express Contactless

国際ブランドVisaは、全世界の取引のうち3件に1件が既にタッチ決済で処理されていると発表しました。国内で発行されたカードのうち、約1,900万枚がすでにタッチ決済に対応しているという状況です(※)。

店舗側が注意したいのは、お客様の「クレジットで」の一言には、磁気・IC・コンタクトレス(タッチ)の3パターンがあり得る、ということです。「磁気・IC」と「コンタクトレス(タッチ)」で操作が分かれている場合もあるので、決済前にお客様に確認し、正しい決済処理方法を選択しましょう。

(※) 出典:Visa 日本におけるキャッシュレス化の加速

スマホでのタッチ決済

スマホの場合はApple Pay、もしくはGoogle Payに登録して利用します。Apple Pay、Google Payは、クレジットカードやポイントカードなどを電子的に登録しておけるデジタルウォレット(電子的な財布)アプリで、カード番号やセキュリティコードを入力して登録します。

登録するカードによって、国際ブランドのタッチ決済や電子マネーのタッチ決済として利用できます。両方の決済に対応しているカードもあり、お客様のレジでの伝え方によって決済方法が変わりますので注意が必要です。
なおスマホと同様に、スマートウォッチなどのウェアラブル端末でも対応している機器が増えてきています。

カード型電子マネーでのタッチ決済

カード型電子マネー=NFC Type F(Felica)搭載カードを指します。主にクレジットカードに紐付いたiDやQUICPayと交通系(Suica・PASMOなど)・流通系(nanaco・WAONなど)に分かれており、カードを端末にタッチして決済します。

プリペイド式の場合は、残高の上限も各サービスで異なります。お客様が「Suicaで」など具体的にサービス名を伝えるため、店舗側との認識がずれる可能性が低く、スムーズに決済が行えます。

コンタクトレス決済の相関図の画像

タッチ決済導入のメリット

タッチ決済は、タッチするだけで決済できる簡単さとわかりやすさが最大の特徴です。キャッシュレス決済の中でも、お客様も店舗側も最も手間が少ないのがタッチ決済です。

  • レジでの会計の効率化

    タッチ決済であればレジでお客様を待たせなくて済み、混雑時でもスムーズに会計処理が行えます。
    Visaの調査によると、決済にかかる処理時間は現金の場合約16秒、Visaのタッチ決済の場合は約8秒と半分の時間でレジでの支払いが済んでいます(※)。

    (※) 出典:Visa 日本におけるキャッシュレス化の加速
  • レジでの会計の効率化を図るイラスト
  • インバウンド需要の機会損失が減る

    国際ブランドのタッチ決済を導入すれば、訪日外国人観光客のニーズにもしっかり対応ができます。
    海外ではタッチ決済対応のカードは各種の店舗に多く普及しており、また、ロンドンの地下鉄やバスはVisaのタッチ決済で乗れるようになっているなど生活にも浸透しています。

    通常のクレジットカードと同様に、「残額不足で商品の購入やサービスの提供を諦めた」という心配がなく、店舗側は単価アップの期待もできます。

  • インバウンド需要の機会損失が減るイラスト
  • 犯罪防止にも有効

    犯罪防止という観点からもタッチ決済は有効です。従来のカードをスライド方式でスキャンする場合、カードの磁気ストライプに埋め込まれた情報を、不正に抜き取る「スキミング」が可能です(スキミング詐欺には、店舗に忍び込んで端末に細工をし抜き取るという方法もあるのです)。
    一方でタッチ決済は、ICチップに情報を埋め込むため、スキミング詐欺を行うことが困難になります。

  • 犯罪防止にも有効な画像
  • 非接触なので衛生的に安心

    アメリカン・エキスプレス社は、キャッシュレス決済についての2020年の意識調査で、感染症の拡大後、キャッシュレス決済と現金決済の比率が逆転し、「タッチ決済」需要が一般生活者および店舗関係者双方で急拡大した(※)と報告しています。

    新しい生活様式の浸透後は、衛生面からもタッチ決済のニーズが高まったことがわかります。

    (※) アメリカン・エキスプレスがキャッシュレス決済について意識調査
  • 非接触なので衛生的に安心な画像

タッチ決済(クレジットカード)導入の方法

クレジットカードのタッチ決済導入には、クレジットカード決済と同様に、国際ブランドの加盟を担うアクワイアラと直接契約を結ぶ方法と、決済代行会社と契約を結ぶ方法があります。

どの国際ブランドを扱いたいか、どのクレジットカード決済が実際に多いかなど自店の現状を考慮して選ぶとよいでしょう。

導入までの流れ

導入までの流れをご紹介します

申込み(必要書類の送付)→加盟店審査→申込み書類の送付→端末・キットの配送

  • 申込み(必要書類の送付)→加盟店審査→申込み書類の送付→端末・キットの配送手順イラスト

早ければ数日で契約が締結でき、端末やキットが届くケースもありますが、審査に時間がかかる場合もありますので、アクワイアラや決済代行会社に事前の確認は必要でしょう。
端末やキットもタッチ決済(非接触)対応のものを選んでください。既にクレジットカード決済を導入している店舗であれば、契約先に直接連絡するとスムーズに導入切り替えが行えます。

「タッチ」以外の決済方法とは

非接触IC技術を使った「タッチ」以外の決済方法には、中国や日本で普及が進んでいる「QRコード」による決済があります。

QRコード決済

「QRコード・バーコード決済(※)」は、画面表示や紙に印字されたコードを読み取ることで、決済が完了します。

楽天ペイ、LINE Pay、PayPay、メルペイ、d払い、au PAYなどがあり、事前に残高をチャージするか、国際ブランドのカードを紐付けて決済します。決済以外にも、個人間送金機能、割り勘機能などが付帯しているものもあり、若い人を中心に急速に広がっています。

店舗側がQRコードを用意し、お客様のスマホで読み取るパターンと、お客様がスマホアプリで表示したコードを店舗側が読み取るパターンの2種類があります。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

最後に

主にタッチ(非接触)という決済方法をご案内してきましたが、「いくつもの決済方法をひとつの端末で処理できるサービスもある」ことをご存知でしょうか。

たとえば「磁気ストライプのクレジットカード用」「ICカードでタッチするクレジットカード用」など、一つひとつの端末がバラバラだと、レジ周りのスペースも足りませんし、スタッフが覚えるのも大変です。コンパクトな端末一台のみで、多くの決済サービスに対応できれば、スタッフの学習の負担、煩雑な業務の負担が軽減できますし、お客様を待たせたり、混乱させることもありません。

タッチ決済のようなキャッシュレス決済は、無駄な時間を削減し、お客様対応やサービス向上の時間を増やすことで、お客様にとってさらに便利なお店にするために存在しています。
ぜひ、前向きに検討してみてください。

Airペイでタッチ決済を導入する場合の手順

Airペイに申込むだけで、タッチ決済の導入が可能です。

  • 1.お申込み

    パソコン等で「Airペイ加盟店申し込み」画面を開き、店舗情報、口座情報、法人の場合は法人情報の入力をします。
    審査書類のアップロードが必要となりますので、書類を事前にご準備ください。

    申込み画面
  • 2.審査

    審査は通常3日程度 で完了です。審査結果は登録いただいたAirIDのメールアドレスに送信されるほか、管理画面でもご確認できます。

    ※現在、多数の申込みをいただいており、審査に時間を要しております。あらかじめご了承ください。

    管理画面
  • 3.配送

    審査が完了すると、ご登録いただいた店舗へカードリーダー、操作マニュアル、加盟店ステッカーをお届けします。

    ※Airペイ対応プリンターは、審査完了後にAirペイ管理画面からご購入いただけます。

    カードリーダー

    プリンターを確認する

  • 4.初期設定

    お手持ちのiPadまたはiPhoneにAirペイアプリのダウンロードを行なってください。カードリーダーの箱に同梱されているマニュアルをご参考に、各種設定を行なってください。

    ※Airペイアプリへのログインには、お申込み時のAirIDとパスワードが必要です。

    iPad マニュアル
  • 5.ご利用開始

    ご利用開始のお知らせメールが届きましたら、実際の決済機能をご利用頂けるようになります。

    ※カードリーダー到着後、1週間程度でメールが届きます。

    iPad カードリーダー

監修者ひとことコメント

タッチ決済の中でも、特にクレジットカードなどカードのタッチ決済は、店舗側が未対応であることも多いのが現状です。お客様にレジで「カードで」と言われても、タッチしたい方もいれば、差し込みたい(IC チップで決済したい)方、カードを店員に渡したい方もいます。ただでさえ決済手段が多い日本では、お客様と店員の理解度に差が出てくるのは仕方ありません。自分の店舗でどのような決済手段が可能かをしっかり理解し、さまざまなお客様とのコミュニケーションに備えるようにしてください。

監修

新関 広樹(にいぜき ひろき)FinTechコンサルタント

株式会社メンドレス代表。株式会社FiNRU代表。
アクセンチュアを経て、FinTechベンチャーのインフキュリオンにて、国内・東南アジアでのFinTech事業戦略立案、企画・実行支援に従事。
主に融資・決済・送金に関わるFinTechサービスに携わり、大手企業から外資スタートアップまで多くの企業を支援。
現在は山形県における農家支援も行っている。
https://www.mendoless.com/

ライターの画像
※この記事は2021年6月時点での情報です。