自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > はじめて確定申告をする方必見!準備する書類など基礎知識をご紹介

はじめて確定申告をする方必見!準備する書類など基礎知識をご紹介

Airレジマガジン編集部

毎年確定申告を行なってるけど、イマイチ仕組みを理解できてない人や、確定申告を一人でしたいけど誰もいないと不安な人など色々な方がいると思います。そこで今回は、不安を少しでも解消できるよう、確定申告の流れを説明させていただきます。これを機に、確定申告についての知識を身につけスムーズに行なえるようにしましょう!

この記事の目次

そもそもなぜ確定申告は必要なのでしょう?

まず初めに、確定申告の時期と目的を一緒に見てみましょう。確定申告とは、2月中旬から3月中旬にかけて、1年間(1月1日~同年12月31日)の所得を申請するものになります。それにより、来年度以降に納める税金(あるいは還付金)の金額が決まるのです。毎年絶対しなければならないものです。また確定申告の対象者は、個人事業主、あるいは2か所以上から収入を得ている(バイトの掛け持ち・会社に勤めながら副業の収入がある)人などが対象となっております。

確定申告時に準備するものを見ていきましょう

確定申告の時に、毎年モタモタしてしまう人もいるのではないでしょうか?効率的に確定申告を行なうためには、手元に書類を揃えておくことが重要です。下記が準備物になります。

  • 領収書
  • 請求書
  • 請求書控など収入金額が分かる書類
  • 納品書
  • クレジットカードの明細書
  • 事業用の口座明細書
  • 生命保険・国民年金などの控除証明書
  • 還付の際に振り込んでもらう通帳

領収書、請求書、納品書、クレジットカードの明細書、事業用の口座明細書は、事業収入・経費の金額を記入する際に使います。請求書控は収入金額の確認に必要です。また、生命保険・国民年金などの控除証明書については、控除金額を記入する際に使います。

確定申告をしないと後々大変なことが起こります

では、確定申告をしないと何が起こってしまうのでしょうか?まず、来年度以降に支払う所得税・住民税などが確定されません。なので、税金を納めてない状態になります。結果的に納税の義務を怠ってることになります。いわゆる「脱税」です。そのため延滞金の加算、重加算税(納税額の最大40%加算)の追加が適用されるかもしれません。すると、元々の税額に上乗せされた金額を払わないといけなくなります。脱税金額が大きいと、刑事事件へとつながりかねません。あまりに悪質だと認められた場合は「逮捕」されるので、絶対に毎年確定申告をしましょう。

確定申告時、間違った場合の対処法を紹介します

確定申告時に書類の内容を間違ったまま提出してしまい、そのまま放置してる人はいないでしょうか?例えば、確定申告後に領収書が出てきたなど、イレギュラーなことを経験した人もいると思います。でも、大丈夫です!確定申告期間内であれば、提出日付が新しい方の書類が適用されます。そのため、間違った内容で出した書類が適用される心配はありません。しかし確定申告期間が終わった後に、間違いに気付く場合もあるでしょう。それでは、いつまでに修正申告したら良いと思いますか?答えは、5年以内です。ただし、税務署から指摘されると過少申告加算税など余計にかかる場合もあるので、気付いたらすぐ申告しましょう。

まとめ

それでは、今回のポイントをもう一度おさらいしてみましょう。

  • 確定申告は納税金額を確定するためにあるので、嘘をつかず毎年申告しましょう。
  • 事業に関する収入・経費に関する書類、控除の書類は前もって準備することで、確定申告がスムーズに進みます。
  • 間違った内容で提出したら、気付いた時にすぐ再申告することが大事です。

脱税をすると、余計な税金が加算され会社が傾く恐れもあります。くれぐれも申告内容は正確に記入できるようにしましょう!

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。