自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 消費税の端数処理は切り捨てが当たり前? 申告時の計算法とは?

消費税の端数処理は切り捨てが当たり前? 申告時の計算法とは?

Airレジマガジン編集部

消費税を計算したときに出る小数点以下の端数は、どのように処理しているか知っていますか? 多くの店舗では【切り捨て】を採用していますが、【切り捨て、切り上げ、四捨五入】どれでも自由に採用できます。店舗経営においてどの処理方法を選択するのが一番適しているか知ることで自信を持って価格を表示できます。納税額の算出における端数処理の影響についてもまとめてあります。

この記事の目次

消費税の端数とは?

消費税を計算すると出ることがある1円未満の端数を消費税の端数と言います。端数分はそのまま払うことができないため、処理する必要がでてきます。

消費税の端数の処理方法は?

消費税の端数を処理するために、切り捨て、切り上げ、四捨五入の3種類の方法があります。98円の商品の消費税を計算すると98×8%=7.84円になります。

  • 切り捨て7円
  • 切り上げ8円
  • 四捨五入8円

上記の通り、計算方法により消費税額に差がでますが、法律ではどの端数処理を採用するかは定められていないため、事業者が自由に決めることができます。

総額表示方式とは?

平成27年4月1日より、商品の販売やサービスを提供するときに、取引価格に消費税額を含めた価格(総額)を表示することが義務付けられました。消費者が支払う金額が一目で分かる表示にしなければならないため、消費税の端数計算が避けられなくなりました。

総額表示義務の特例

消費税が10%に上がるときの事業者の負担を減らすため、総額表示には特例措置があります。表示する価格が税込価格であると誤解されない表示であれば、総額表示ではなくてもいいとされています。この特例措置は平成30年9月30日までの期間が決められていますので、それまでに総額表示に変えなければなりません。

消費税の端数処理はどうすればいい?

迷ったときには切り捨てをおすすめします。消費税の端数処理は法律で定められていないため、事業所で選択しなければなりませんが、金銭的ではなく感覚的な損を避けることにもつながります。

多くの事業者は?

多くの事業者は切り捨てを採用しています。税抜価格が表示されていれば確かめる人もいるかもしれません。端数と販売価格の差額を余計に取られていると思われることを避けるために、多くの事業者は切り捨てを採用していると考えられます。

事業者間の端数処理について

事業者間での売上げや仕入れに対する消費税の端数処理についても、法律で定められていません。自由に選べますが、請求書の発行の際にトラブルを避けるためにも、前もって業者間で決める場合が多いです。事業者間では総額表示は義務化されていないため、端数処理だけしっかりと取り決めがされていれば大丈夫です。

消費税の端数処理を変えた時の申告時の影響は?

申告時の消費税の計算において端数処理を変えたことによる影響は出ません。消費税の端数処理により表示価格に差が出ましたが、納税額を計算するときには別の視点から計算をはじめるのです。

標準課税額を求める

納付税額を計算するときには、税抜価格ではなく税込価格の合計額(売上代金)を使います。はじめに税込価格から税抜価格を差し戻し計算し、それを標準課税額とします。(1,000円未満は切り捨て)

納付税額を計算する

標準課税額を元に消費税額を算出します。これがすべて納付税額になるわけではなく、仕入れ時に消費税を払っていた場合はその額を控除した額が納税額になります。(100円未満の端数は切り捨て)

消費税の端数処理による影響は?

納付税の計算の流れを見てもらうとわかる通り売上代金として税込でいくら受け取ったのかに着目しており、消費税としていくら受け取っているかは関係がないことがわかります。あくまでも消費税の端数処理は販売価格を決めるための目安だと考えることができます。

まとめ

消費税の端数処理に対する重要な3つのポイントをまとめました。

  • 消費税の端数処理は切り捨て、切り上げ、四捨五入のどれを選んでもいい。
  • 業者間の仕入れ、売上げに対する端数処理は双方で話し合って決める。
  • 納税額は売上げの合計額から算出するため、端数処理による影響はない。

端数処理を考えた時、どの計算法を採用すると得になるかを考えてしまいがちです。消費税の端数処理は消費税額を決めるものではなく、販売価格を決めるものだと考えることで端数処理や納付税計算に悩まされずに店舗経営ができるでしょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

Airレジ マガジンが気に入ったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします

店舗コンサルタントが教える5つのコツ

「経営お役立ち冊子」差し上げます

下記のフォームにご入力の上、送信ボタンを押してください。ご入力いただいたメールアドレスに「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

必須項目

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。