自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 【行く前に読む】税務相談は税務署!効率のいい相談をするポイントを解説

【行く前に読む】税務相談は税務署!効率のいい相談をするポイントを解説

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

1年の総まとめと言えば、【確定申告】でしょう。事業の規模が大きければそれだけ複雑になりますが、チャレンジを諦めるほど難しくはありません。わからないことがあった場合には誰に相談していますか? インターネットで検索すると多くの情報を得ることができますが、情報があふれすぎて精査に時間がかかってしまいます。正しい情報をお得に手に入れ、経費の削減も期待できる相談場所と知って得する活用法について紹介します。

この記事の目次

税務で相談できる相手とは?

確定申告で頭を悩ませる前に、専門家に相談して問題を解決しましょう。相談できる相手と選ぶポイントについて紹介します。

相談できる場所と相手

  • 税務署の相談窓口
  • 税理士に直接相談
  • 税理士による確定申告相談会

双方の考え方の違い

相談相手を大きく分けると税務署と税理士に分けられます。覚えておいてほしいのが、税務署と税理士は考え方が違うということです。

  • 税務署:法律を重視したアドバイス
  • 税理士:節税に着目したアドバイス

わかりやすく言うと、税務署は法律に基づいたアドバイスが得られる反面、税理士は1円でも払う税金を少なくするアドバイスが得られるということです。どちらも税務におけるアドバイスがもらえることは共通していますが、考え方の違いについて覚えておいてください。

税務署をおすすめする理由

確定申告の相談は税務署をおすすめします。なぜ節税を目指してくれる税理士ではないのでしょうか? 理由を簡単に説明します。

税務署への相談による利点

  • 無料
  • 相談方法が選べる
  • 相談時期を問わない

最大の利点は無料で相談ができるということです。税理士に相談料を払って節税したとして、どの程度のプラスになるでしょうか。回数が増えればその分、経費もかかってしまうのです。

税務署での相談方法

相談方法の代表的な相談電話センターは、名前を聞かれることがなく匿名での相談ができます。確定申告の時期を問わず1年中相談することができるため、早めの準備の時にも最適です。電話相談のほかに面接での相談も利用できます。予約制になっているため、資料が必要な場合など電話での相談が困難な時に利用するといいでしょう。確定申告の時期に税務署で開催される申告相談もおすすめです。

欲しい情報が得られない時は

少しでも節税したい! と税務署に相談しても、こちらが望むアドバイスを得ることは難しいです。納税者に有益になるアドバイスやより詳しいことを知りたい時、すべての税務を任せたい時には専門家である税理士に相談してみましょう。

税務署での税務相談

税務署で相談するときの注意事項と活用法をまとめました。

相談電話センターの窓口

インターネットで検索しても電話相談センターの電話番号は見つかりません。各地にある税務署の代表番号にかける必要があります。税務署に電話をかけると多くの場合、自動音声による案内になります。音声案内に従い、国税の質問→所得税と選択すると担当者につながります。

効率のいい相談のために

あらかじめ聞きたいことをまとめておくことが大切です。担当者は税金について詳しいですが、相談専門のスタッフではないため話がうまいとは限りません。要領を得た回答が得られないこともありますが、必要な情報を得られるように頑張って伝えてみましょう。

面接相談の注意事項

電話と違い、資料を見ながら相談ができるため、確実な回答が期待できますが、必要な書類がそろっていないと何の意味もありません。準備はしっかりとして行きましょう。

確定申告の相談は余裕を持った時期に

2月、3月は確定申告の時期なので、多くの人が相談します。電話がつながりにくいことや面接の予約が取れないこともあります。せっかく1年中相談を受け付けているのですから、余裕を持った時期に準備を進めて相談することで、スムーズな確定申告が可能になるでしょう。

まとめ

税務署への相談をおすすめする理由は、次の3つです。

  • 無料である
  • 1年中相談ができる
  • 匿名での相談

なんといっても相談料が無料なのが一番大きいポイントでしょう。何度も気軽に相談できるとともに、経費の削減にもつながります。1年を通して相談ができることで、確定申告時期に焦ることなく早めに準備できるのもうれしいですね。税務署で相談してもこちらが望む有益な情報が得られなかった時は、税務の専門家である税理士が味方になってくれることを覚えておいてください。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「法人の税金カンタンガイド」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。