自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 接客時に自己PR!専門知識や資格をさりげなくアピールするコツとは?

接客時に自己PR!専門知識や資格をさりげなくアピールするコツとは?

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

飲食店を経営する皆さんは、専門知識や資格を接客に生かすことができていますか?ここでは、飲食店ならではの専門性の高い知識などを、お客さまにさりげなくアピールするメリットやコツを紹介します。

うまく自己PRできれば接客の質の向上につながりますし、お客さまがお店に信頼感を感じてもらえるチャンスにもなるため、ポイントを押さえておきましょう。

この記事の目次

専門知識や資格をアピールするメリットとは?

飲食店の接客において、サービス内容と関連する専門知識や資格をお客さまにアピールすることは、以下のようなメリットが期待できます。

他店との差別化を図ることができる

数ある飲食店の中から自分のお店を選んでもらうには、他店とは異なる何らかの魅力が必要です。差別化のポイントにはメニューや食材などがありますが、接客する人の専門性の高さや知識の豊富さも、お客さまへのアピールポイントになります。

信頼感や付加価値を感じてもらえる

接客の良し悪しは、お客さまがお店のリピーターになるかどうかを決める指標のひとつです。お客さまに「ワインの知識が豊富だな」「食材に詳しそう」とプラスαの価値を印象づけられると接客への信頼感が増し、「また来たい」と思ってもらえやすいでしょう。

ただし、押し付けがましいアピールや単なる自慢は NGです。お客さまが心から満足し、お店や自分の評価が高まるような、お客さま・お店・自分の三方よしにつながる自己PRを心がけましょう。

自己PRにつながる資格や知識とは?

お店で提供しているフード類や食材、ドリンク類に関する知識は、お客さまのメニュー選びをサポートできる情報なのでアピールしやすいです。カフェや居酒屋などの接客に役立つ資格の例を紹介しましょう。

フード系の資格

フード系の資格には以下のようなものがあります。

  • ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)
  • チーズプロフェッショナル
  • おさかなマイスター
  • 調味料マイスター

野菜や魚の旬や栄養素、チーズの種類や味といった食材についての専門知識は、メニュー選びに迷っているお客さまの手助けになるでしょう。

コーヒー・紅茶関連の資格

コーヒーや紅茶、ハーブティーの品揃えが多いお店では、以下のような資格が役立つでしょう。

  • コーヒーインストラクター
  • JBAバリスタライセンス
  • ティーインストラクター
  • 紅茶コーディネーター
  • ハーブティーブレンドマイスター

アルコール関連の資格

お酒の種類ごとに以下のような資格があり、産地や味、香りなどの知識があることをアピールできます。

  • ソムリエ
  • ワインアドバイザー
  • ビアテイスター
  • 焼酎アドバイザー
  • きき酒師

資格を持っていない場合は?

上記のような資格がなくても、お店で提供している食材やドリンク類について得意分野があれば、細やかな情報提供を心がけましょう。お客さまにとっては、メニューや食材について知りたいことに的確に答えてくれれば、資格の有無はあまり関係ありません。

接客時にどう活かせば良いの?

資格がある場合、資格名や認定ステッカー・バッジを店内やメニュー、胸元のネームプレートでわかるようにしておくと、専門性の高さをさりげなくアピールできます。

例えばワインの資格がある場合、「お客さまの予測を超えるワイン選びサービスをご提供します。」とメニューに加えておくと「聞いてみよう」と思われやすいでしょう。

自己PRはタイミングよく具体的に

自己PRのお声がけは、タイミングや流れを考えて具体的に行いましょう。例えば、唐突に「チーズの資格を持っているので何でも聞いてください」だと漠然としていて少し上から目線の感じがします。一方、お客さまがワインを注文した際に「15種類のチーズからこのワインに最適なものをご案内できますが、いかがですか?」というお声がけの方が自然で好印象でしょう。

資格がない場合はどうアピールする?

資格を保有していない場合は、以下のようなプラスαの情報提供になるお声がけを心がけると、お客さまの満足度アップにつながりやすいです。

  • 産地
  • 栽培方法や製法
  • 香りや味の特徴
  • 食材やドリンク類の相性

こうした情報を加えると、「食材にもこだわっているお店なんだな」「この人なら安心して相談できる」とお店やスタッフへの信頼感が増すでしょう。

飲食店の接客については、以下の記事もチェックしておきましょう。

接客の基本だけでは物足りない!リピーターにつながる接客の心得とは?

接客はお店の姿勢を表す!今もこれからも変わらないサービスをお客さまにご提供するための3つのポイント

まとめ

この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 他店との差別化やお店の付加価値アップにつながる。
  • お客さまのメニュー選びをサポートすることができる。
  • メニューに資格を記載するなどし、自然な流れで具体的にアピールしよう。
  • 資格がない場合でもプラスαの情報提供を心がけよう。

接客時に専門性の高さをさりげなくPRすると、接客の質が高まり、お店に対する信頼感もアップしやすいです。資格などがある場合は接客に活用し、ない場合でもお客さまに役立つ情報をお声がけに加えるなど、できることから実践しましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ

「これひとつでわかる Airレジ」
冊子を差し上げます

  • レジ機能が0円
  • すぐに売上分析
  • カンタンな操作

下記のフォームにご入力の上、送信ボタンを押してください。ご入力いただいたメールアドレスに「これひとつでわかる Airレジ」冊子のダウンロードリンクをお送りします。

必須項目

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。