自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 【接客マナー】メイクは大丈夫?お客様の好みに合わせる方法と事例紹介!

【接客マナー】メイクは大丈夫?お客様の好みに合わせる方法と事例紹介!

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

スタッフがきちんとお化粧してくれるのはいいけれど、お客様好みのメイクなのか分からなくて困っていませんか?ここでは、お客様好みのメイクになっているか確認する方法と、お客様好みのメイクを見つける方法をご紹介します。さらに、接客に関わる業界で導入されている具体的な事例も合わせてご確認いただけます。お客様の好みに合わせたメイクで顧客満足度をもっと向上させることができます。

この記事の目次

お客様好みのメイクにするために必要なこととは?

お店のスタッフのメイクをお客様好みにするためには下記の2つを意識して指導しましょう。

  1. 立地や客層
  2. お店のコンセプト

立地や客層

立地や客層によって好みのメイクは異なります。富裕層が多い地域では洗練された高級なものを好む傾向があります。そのため、ナチュラルメイクよりも華のあるメイクのほうがお客様好みであるといえます。逆に、自然派志向のお客様が多い地域で華美なメイクを施すと、浮いてしまうことが考えられます。スタッフの個人的な好みでメイクをするのではなく、立地や客層を意識したメイクをするように心がけましょう。

お店のコンセプト

立地や客層を意識しすぎてお店のコンセプトとズレるメイクをしてしまっては、コンセプトの意味がなくなってしまいます。お店のコンセプトが明確であれば、立地や客層は控えめに意識しながら、お店のコンセプトを大切にすることがポイントです。

お客様の好みのメイクはどうやって見つければいい?

お客様の好みのメイクは、最寄り駅やお店の前を歩いている人を観察すれば分かります。たとえばお店の場所がビジネス街の場合は、スーツを着ている人がたくさん歩いているはずです。柔らかな印象のナチュラルメイクよりも大人の雰囲気を感じる女性らしいメイクを好むのではないかと想像することができます。

そこに、お店のコンセプトと照らし合わせてメイクの方向性を定めます。

お店のコンセプトが癒しの場合

大人の雰囲気の中にも柔らかな印象を取り入れたメイクをするとよいでしょう。眉毛はやや丸みを帯びた直線眉にし、ベースメイクをセミマットに仕上げることで、大人らしい落ち着いた印象を与えることができます。ここに柔らかな優しい印象を与えるために、チークや口紅はコーラルピンクにしてみましょう。パーツによって印象を使い分けるのがポイントです。

お店のコンセプトが元気の場合

女性らしいメイクをベースにはっきりとした色を多く使うことを意識してみましょう。眉やベースは先ほど解説したように、落ち着いたイメージで仕上げます。ここにイキイキとしたフレッシュな印象に見せるには、チークや口紅、アイシャドウに明るい色を使ってみましょう。目元と頬に明るい色が使われることで、どのような世代の人でもぐんと印象が変わります。

お客様の好みに合わせた具体的なメイク事例!

それでは実際に、接客に関わる業界でどのようなメイクの方法が取り入れられているのかをご紹介します。

アミューズメント業界

テーマパークを運営している企業では、日本国内だけでなく海外からのお客様にも対応する必要があります。そのため、ラメやペールのアイシャドウは禁止されているなど、流行を追わない普遍的なナチュラルメイクが義務付けられています。また、華美なメイクはテーマパークのコンセプトに合わないことも考えられます。どのような文化にも対応できて、テーマパークのイメージを損なわないために、ナチュラルメイクが推奨されているのです。

エアライン業界

エアライン会社で働くCAは、幅広い年代から好まれる華やかで品のあるメイクが基本となっています。また、暗い機内でも華やかな印象をキープするために、やや派手めに仕上げるのがポイントとなっています。だからといって、つけまつげやカラーコンタクトは禁止となっているため、アイラインやマスカラなどを工夫することでハッキリとしたメイクに仕上げています。

メイクなどの身だしなみ以外にも気を付けるべき接客のポイントはこちらの記事で確認しましょう。

接客の基本だけでは物足りない!リピーターにつながる接客の心得とは?

まとめ

スタッフのメイクをお客様の好みに合わせる方法は、下記の2つにまとめることができます。

  • お客様好みのメイクにするためには【立地と客層・お店のコンセプト】を意識する
  • お客様好みのメイクを知るためには【最寄り駅やお店の前を歩いている人】を観察する

女性だからメイクができて当然と思っている経営者の方がいるかもしれませんが、実はメイクを習ったことのある女性は100人中、10人いるかいないかなのです。スタッフ自己流のメイクがお客様好みでなければ、お店のイメージが下がってしまうかもしれません。メイクについてもっと意識すれば、顧客満足度向上につながります。あなたのお店でも是非取り入れてみてください。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。