自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > お店の名刺「ショップカード」が集客効果抜群な理由! 作成方法や注意点を解説

お店の名刺「ショップカード」が集客効果抜群な理由! 作成方法や注意点を解説

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

「リピーターになってもらうにはどうしたらいいの?」「新規のお客様を少しでも増やすには?」そんな経営者の悩みに、お店の名刺(ショップカード)が解決策のひとつになるということをご存知ですか?名刺作成は集客対策のためにとても大切なステップです。集客効果を見込める名刺の作り方、また予算がない場合には無料で作成する方法についてもご紹介します。

この記事の目次

お店の名刺が集客の助けになる理由

お店にはよくショップカードと呼ばれる店の情報が記載された名刺が置いてあります。たいていはレジの横に置いてあるのですが、お客様がこれを手にするのはどんなときでしょうか。それは「このお店よかったな」と思ったとき、あるいはその名刺のデザインがおしゃれだったり好みだったりすると手にする場合があります。

来店してすぐは印象に残っているお店であっても、しばらくすると忘れてしまうのは自然なことです。しかし名刺を手に取ってもらうことで、お客様が偶然あなたのお店を思い出すチャンスが増えます。また、そのお客様が知り合いに名刺を渡して「ここよいお店だったよ」などと紹介しやすくなるということもあります。住所をわざわざ調べて教えるのは面倒でも、名刺を渡すだけなら簡単です。こうしてリピーターや新規のお客様を得られる可能性が高まるのがお店の名刺を作るメリットです。

効果のあるお店の名刺の作り方

お店の名刺に記載すべきことは、店名や住所、電話番号といった基本情報のほか、たとえばハッピーアワーなどのお客様にとって利益になる情報です。お店のわかりやすい地図などもお客様が足を運びやすくなる情報です。また、お店の雰囲気に合ったシンプルでインパクトがあるデザインや、ロゴなどもお店の詳細を想起させ、引きつける効果があります。

デザインは名刺の効果を左右するので、個性的なデザインにも強い印刷会社に発注すべきです。お店の名刺はたいてい、片面に店名やロゴを、もう一方の面にお店の情報などを印刷するので、両面・カラー印刷のものであることがほとんどです。片面で白黒の名刺よりは少し予算を高く見積もらなくてはいけません。デザイン料は3千円から8千円くらい、百枚印刷すると千円から2千円というところが相場です。注文してから一週間もあれば納品されるでしょう。

予算がなくても名刺を作ることは可能?

開店費用にお金が掛かってしまい、少しでも節約したいという人もいるでしょう。そんな場合でも無料でダウンロードできる名刺作成ソフトウェアを使えば簡単に作ることができます。

ソフトウェアをダウンロードせず、名刺のテンプレートを選んで無料でダウンロードすることもできます。また、オンライン上で編集してしまうことも可能です。前項で記した情報を盛り込みながら、一目でどんな店なのかが分かるデザインであるということにも気を配りましょう。

まとめ

本記事は下記3点にまとめられます。

  • お店の名刺を作るとリピーターや新規のお客様の獲得につながる
  • お客様が足を運びたくなる情報を記載し、店の特長を表すようなデザインにする
  • 予算がない場合は無料作成ソフトや、無料でダウンロードできるテンプレートなども使用できる

名刺は、立派なお店の武器となり得ます。盛り込む情報を吟味し、シンプルでインパクトがあり、しかもお店の特色が分かるようなデザインであればお客様の関心を惹くことができます。一度来店したお客様が再来店したくなるような名刺であること、同時にはじめて名刺を見るお客様が足を運んでみようと思える名刺であること、両方を意識した作り方が大切です。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。