自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジ マガジン > 経営ノウハウ記事 > 確定申告の時期はいつからいつまで?必要な書類や手続き方法を解説

確定申告の時期はいつからいつまで?必要な書類や手続き方法を解説

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

会社勤めの方は、確定申告と聞いてもどんな作業なのかイメージが湧きづらいかもしれません。しかし個人事業主など必ず確定申告をしなければいけない方はその手続き方法について理解している必要があります。しかしながら確定申告ってなんとなく難しそうだし面倒な手続きが多いのではと思っている方は多いのではないでしょうか? ここでは確定申告が初めてという方に、手続き方法や確定申告の期間・期限・メリットをわかりやすく紹介します。

この記事の目次

確定申告とは

私たちには納税の義務があります。簡単に言うと、「税金を国に納めなければいけないですよ」というものです。この税金と言われるものは様々な種類があり、その1つに所得税というものがあります。そして、納めるべき所得税を計算して国に対して申告する制度のことを確定申告と言います。毎年1月1日〜12月31日までに得たすべての所得を計算して、申告・納税しなければなりません。

個人事業主や複数から収入を得ている人などが確定申告の対象となります。例外もありますが、年末調整を行っていない人で一定の所得がある人は基本的に確定申告が必要なので、この機会に手続きの方法を覚え確定申告を行うようにしましょう。

確定申告の時期と期間

確定申告の期間は1月1日~12月31日までの1年間の収入や必要経費・所得を、申告を提出する期限は翌年の2月16日~3月15日までと決まっています。

確定申告の期日を過ぎてしまった場合の対処方法

万が一確定申告の期日が過ぎてしまった場合、延滞税や無申告加算税のようなペナルティが課されることがあります。本来納めなくてもよいお金なので、ただし、確定申告をする必要があったのに手続きをしていない場合、税金を納めていないとみなされペナルティが課せられます。延滞税金の加算や無申告加算税と言われる追加分の支払いを求められる事がありますので十分に注意が必要です。

逆に確定申告をする事で給与からの源泉徴収などで納めすぎた所得税が戻ってくる場合があります。具体的には医療費控除や住宅ローン控除などです。確定申告の義務が無い人でも場合によっては還付金を受けられる場合があります。

確定申告の手続き方法と必要な書類

確定申告の手続きは下記順に進めていきます。

申告用紙を入手する

国税庁のホームページ、近くの税務署などから入手可能です。

確定申告書には申告書Aと申告書Bがあります。AとBの違いは申告できる所得区分の数だけです。Bのほうが、より多くの所得区分に対応しているため、Aに比べて項目が多くなって、申告書の作りも複雑に見えます。
申告書Aは、給与や年金、あとは一時的な所得(一時所得)または少額の所得(雑所得)があった場合に使用します。会社員や年金受給者が、医療費控除などの控除を申告する際などに使用します。
申告書Bは申告書Aで対応しきれない事業所得や不動産所得などの所得がある場合に使用します。もちろん申告書Aを使えば済むケースでも、申告書Bを使って申告することは全く問題ありません。

申告に必要な書類を用意する

生命保険・国民年金などの控除証明書・所得を証明する書類・収支内訳書など

主なものは以下の通りです。

  • 生命保険料控除証明書
    毎年10月ごろに生命保険会社から郵送されてきます。生命保険料控除を受けるために必要な書類です。
  • 地震保険料控除証明書
    毎年10月ごろに損害保険会社から郵送されてきます。地震保険料控除を受けるために必要な書類です。
  • 国民年金保険料控除証明書
    毎年10月ごろに日本年金機構から郵送されてきます。社会保険料控除を受けるために必要な書類です。
  • 所得を証明する書類
    給与所得がある場合の源泉徴収票などです。よく源泉徴収票と勘違いしてしまいますが、1月ごろに取引先から送られてくる支払調書は、確定申告書に添付する必要はありません。

申告書を提出

提出前に記入漏れ不足書類がないか確認しましょう。3月15日までの期限も忘れずに!

所得税の納付還元

手続きの際に還付される税金の受け取り場所を記載します。また所得税を自分で納付される場合は3月15日までに金融機関等に納付し、振替納税を希望する場合は指定金融機関より4月中旬に引き落とされます。

確定申告の準備と注意点

確定申告をスムーズに行うには、何よりも毎月しっかりと記帳しておくことが必要です。確定申告の時期にまとめてやろうとすれば、内容を忘れていたり、書類を紛失していたりと、余計に時間がかかってしまいます。面倒でも、日にちを決めるなどして、毎月入力を行っていきましょう。

簡単にできる確定申告の方法

ご紹介した確定申告の手続きが面倒だと思う方もいらっしゃるかもしれません。最近では簡単に確定申告が出来るサービスなどがあります。

上記のようなサービスを利用する事でより簡単に確定申告の手続きをおこなうことができます。

まとめ

今回紹介した確定申告について大切なポイントをまとめておきます。

  • 確定申告が必要な人とは:年末調整をおこなっていない人達で一定の所得がある人は基本的に確定申告が必要なケースが多い
  • 確定申告の期間は1月1日~12月31日の1年間。申告期限は翌年の2月16日~3月15日まで
  • 確定申告の時期になって慌てないように、毎月会計記帳を行うことが重要である

申告漏れがおきないようにこの2点は必ず押さえておきましょう!簡単にできる確定申告サービスとして、インターネットから申告できるe-TAX等があります。手続きが不安だという方はこのようなサービスを利用してみると良いでしょう。

※この記事は公開時点、または更新時点の情報を元に作成しています。

この記事を書いた人

Airレジ マガジン編集部

自分らしいお店づくりを応援する情報サイト、「Airレジ マガジン」の編集部。お店を開業したい方や経営している方向けに、開業に向けての情報や業務課題の解決のヒントとなるような記事を掲載しています。

この執筆者の記事一覧
中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/