自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 厚生年金とは?保険料や加入のメリットなど基礎知識を紹介

厚生年金とは?保険料や加入のメリットなど基礎知識を紹介

Airレジマガジン編集部

自分が経営するお店で従業員を雇った際に、従業員から厚生年金に関する質問を受けたことで、初めて自分の店と厚生年金との関わりについて考えたという方も多いと思います。個人でお店を経営する方にとって、厚生年金はどのような役割を果たしているのでしょうか。今回は個人経営のお店における厚生年金の基礎知識と、加入時のメリットについて見ていきたいと思います。

この記事の目次

そもそも厚生年金とは何なのか?

厚生年金は、サラリーマン時代から当たり前のように加入していたため詳しく知らないという方も多いと思います。そもそも日本の年金制度には大きく分けて、すべての国民が加入を義務づけられている国民年金と、法人が加入する厚生年金の2種類があります。

厚生年金は国民年金に上乗せされて給付される年金であるため、この2つの年金の関係は2段階制と呼ばれることもあります。厚生年金は会社や法人に勤めている方にとっては加入が義務づけられているものですが、個人でお店を経営しているような個人事業主は加入することができないものになっています。

個人経営の飲食店が厚生年金に加入するためには?

前述したように、個人事業主が一人だけで厚生年金に入ることは制度上不可能となっています。ですから、個人事業主が厚生年金の加入について考えなければならないのは、お店で従業員を雇うようになってからです。

基本的に、従業員を5人以上抱えるお店の場合、厚生年金への加入は強制となっています。では、従業員が4人以下のお店において、厚生年金への加入はどのようになっているのでしょうか。従業員が4人以下の場合には厚生年金には任意加入とされていますので、お店の経営状態や従業員からの要望などを総合的に考えて判断することになるでしょう。

厚生年金への任意加入は従業員全員の同意が必要となりますので、一人の従業員が加入を熱望していても、その他の従業員が加入に後ろ向きであった場合には加入することができません。また、従業員が4人以下であったとしても、お店が法人になっている場合には加入が強制になることも覚えておきましょう。

厚生年金加入でお店にはどんなメリットがある?

従業員からの希望を採用して、お店で厚生年金に加入することになることは、従業員だけでなく事業主、そしてお店自体に対しても大きなメリットをもたらします。事業主にとっては、月々の保険料は増えてしまいますが、そのぶん将来的にもらえる年金額が増えるため、将来設計をすることが容易になります。また、厚生年金に加入していることでお店の社会的な信用は向上しますので、より優秀な従業員が集まってきやすくなるというお店にとってのメリットもあります。

雇われる従業員側としても、自分を雇っているところが厚生年金に加入していることで生活の安定を図ることができ、将来設計の安心感も生まれますから、結果的に離職する可能性を低くすることにもつながると言えるでしょう。

まとめ

個人事業主が厚生年金について知っておくべきこととしては

  • 厚生年金は個人事業主だけでは加入することができない
  • 厚生年金は5人以上の従業員がいる場合には強制加入だが、4人以下の場合は任意加入
  • 厚生年金に加入することで従業員だけでなく、事業主とお店自体にもメリットをもたらす

ということだと言えます。従業員を雇った際に、厚生年金について何も答えられないということがないように、しっかりと理解しておきましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「労務管理カンタンガイド」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。