自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 初心者でもわかる確定申告の書き方 青色・白色申告の違いと申請手順を解説

初心者でもわかる確定申告の書き方 青色・白色申告の違いと申請手順を解説

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

確定申告で間違った内容を記入し、ヒヤッとした経験はないでしょうか?また、確定申告を行なったことがない人、あるいは1、2度しかやったことがない人は、作業の流れが分からないという人もいるのではないでしょうか?今回は、確定申告が怖いと思っている人も、簡単に理解できるマニュアルを紹介していきます。記事を読むことで、自信を持って確定申告を行なえるようになりましょう。

この記事の目次

確定申告をスムーズにするために必要な書類

確定申告を行なう際は、以下のものを準備することでスムーズに進みます。

  • 売上帳
  • 請求書
  • 事業用の通帳
  • 生命保険料など各種控除書類

確定申告は毎年2月16日~3月15日の間にしなければなりません。年が変わったと同時に書類を準備しておくと良いです。

また、個人事業主の申告方法は2種類あるので、それも同時に確認しましょう。

  • 青色申告→青色申告決算書、確定申告書Bの記載が必要
  • 白色申告→収支計算書、確定申告書Bの記載が必要

上記の書類を準備することで、さらにスムーズに確定申告を行なえます。

確定申告書Bの簡単な書き方を紹介

青色申告をする人も白色申告をする人も、個人事業主であれば使用する確定申告書はBになります。確定申告書Bの書き方は下記の通りです。

1ページ目に記載する内容

  • 収入金額(飲食店で発生した収入は営業等・アに記載)
  • 所得金額(営業等①に各種経費、青色/白色控除申告分をひいた金額を記載)
  • 所得控除(生命保険料、医療費、地震保険料など)
  • 所得税額
  • 青色/申告特別控除額(10万円 or 65万円)
  • 税金還付を受ける振込先の口座

2ページ目に記載する内容

  • 源泉徴収後の所得金額
  • 1ページ目で記載した控除の詳細
  • 青色事業専従者(家族の中で同社で働いてる人を記載)

これを押さえておくことで、正確な税金額が計算されます。

青色申告者向けに青色申告決算書を紹介

「青色申告決算書」の書き方は下記の通りです。

1ページ目(損益計算書)

  • 売上金額(2ページ目の取引先別の売上金額の合計と一致)
  • 売上原価(期首在庫と期末在庫と仕入金額)
  • 経費(決算整理後の金額を記載)<減価償却費、前払分・未払分が発生する経費は注意が必要>
  • 引当金・準備金(積み上げた金額、繰り入れた金額を記載)
  • 青色申告特別控除

2ページ目

  • 取引先別の売上金額(1月1日~12月31日分)
  • 給与の詳細(従事月数の合計、年末調整後源泉徴収額を記載)
  • 貸倒引当金繰入額
  • 青色申告特別控除の詳細

3ページ目

  • 減価償却費
  • 税理士や弁護士報酬
  • 地代家賃の詳細(本年度中に発生した金額のみ)

4ページ目(貸借対照表)

  • 資産
  • 負債
  • 資本

これを全て正確に申告しないと、青色申告特別控除額(65万円)を受けることができなくなるので要注意です。

確定申告のやり方が分からなければ税理士に相談

全国の税務署に相談することで、確定申告の時間を短縮することができ別の業務に充てることができます。対面、電話での相談がありそれぞれ無料で利用することができとても便利です。さらに、有料で税理士にお願いする手もあります。金額は数万円程度からでとても便利です。経理業務の一部分から丸々やってもらえる場所もあります。自分が求めているものに応じて、応えてくれそうな人を選びましょう。

まとめ

それでは、おさらいです。

  • 確定申告は、毎年絶対行わなければならず、作業の際は書類を準備するとスムーズにできる。
  • 確定申告時には、主に収入・所得・経費・控除について記載する。
  • もし、自分だけで確定申告を行なうのがきつければ、税務署に相談したり税理士に委託したりする。

上記3点を押さえることで、確定申告をかなり楽に行なうことができます。これで確定申告の作業は自信を持って行なえます。経営者と税金は切っても切れない関係なので、ぜひ覚えておきましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「軽減税率対策ツール」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。