自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 源泉徴収額(所得税)の計算方法がすっきりわかる!ポイント解説

源泉徴収額(所得税)の計算方法がすっきりわかる!ポイント解説

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

源泉徴収という言葉、聞くだけで何だか気が重くなりませんか?いかにも面倒な手続きがありそうで、お金のこととなると従業員毎に計算するのも時間がかかりそう…。今回はそういったお悩みを解決すべく、源泉徴収で「しなければならないこと」を「サクッと」紹介していきます。手続きの概要から計算方法までこの通りに行えば、あっという間に片付くので要チェックです。

この記事の目次

そもそも源泉徴収とは?

源泉徴収について簡単にまとめると以下のようになります。

  • 源泉徴収とは、従業員の所得税を給与天引きという形で徴収するもの
  • 月に1回(原則として、給与を支払った月の翌月10日)に納付
  • 従業員9名以下の事業主は税務署に申請すれば年2回でも良い(7月と翌年1月)

不明な点については、税務署に行き納税窓口で「源泉徴収について教えてください」と言えば、それに必要な書類の作成方法や必要な準備についても詳しく教えてくれます。

源泉徴収の計算方法1(必要な項目を知る)

源泉徴収する所得税は雇用者がしっかりと計算して税務署に納税する必要があります。そこで、雇用者が知っておくべき源泉徴収の計算方法をお伝えします。前提として国税庁のHPにある「源泉徴収税額表」が必要ですので、必ずその年度の分の「源泉徴収税額表」を用意してから計算するようにしてください。

さて、その上で注意したいのは以下の点です。

  • 【課税対象額】は給与から「社会保険料を引いた額」になること
  • 日給、月給、賞与でそれぞれに課税額が異なること
  • 給与を受ける人の扶養家族の人数で課税額が異なること

これらに注意して、国税庁HPの「源泉徴収税額表」の中から従業員の給与を探し、税額を確認することになります。そのため、源泉徴収の額を計算するためには以下の式に当てはめて【課税対象額】を調べる必要があります。

【従業員の給与】-【社会保険料の金額】=【課税対象額】

この課税対象額を国税庁の早見表にある左欄より探し、次の式に当てはめて【源泉徴収額】を決定しなければなりません。

【扶養家族の数に応じた税額】+【基本の所得税(早見表右端の欄)】=【源泉徴収額】

これが最終的な源泉徴収の額になります。

源泉徴収の計算方法2(具体的な数字で考える)

それでは、実際の源泉徴収額を計算してみましょう。

計算式は以下の通りです。

  • 【従業員の給与】-【社会保険料の金額】=【課税対象額】
  • 【扶養家族の数に応じた税額】+【基本の所得税(早見表右端の欄)】=【源泉徴収額】

月額給与15万円、扶養家族無しの従業員の場合

※社会保険料の額はそれぞれの事業者で異なります。本件は一例です。

  • 15万円(従業員の給与)-2万円(社会保険料の金額)=13万円(課税対象額)

この13万円(課税対象額)を国税庁「源泉徴収税額表」に照らし合わせて、以下の計算をします。

  • 2,260円(扶養家族の数に応じた税額:0人)

この条件の場合には源泉徴収額は2,260円となります。

まとめ

源泉徴収とその計算についてまとめると次のようになります。

  • そもそも源泉徴収は従業員の所得税を給与から天引きすること
  • 月1回(従業員9人以下の場合には年2回)、税務署へ納税
  • 源泉徴収の課税対象額は給与から社会保険料を引いた額
  • 源泉徴収額は扶養家族の人数と収入額で変わる
  • 国税庁のHPにある「源泉徴収税額表」に当てはめて計算する

源泉徴収については実はまったく複雑ではありません。所得に応じた超税額が「源泉徴収税額表」に記載されているので、国税庁HPからしっかりとチェックしておきましょう。計算式を参考に処理しましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「軽減税率対策ツール」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。