自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > いまさら聞けない!副業をしている人の初めての確定申告

いまさら聞けない!副業をしている人の初めての確定申告

Airレジマガジン編集部

最近はインターネットを使って副業をはじめる人が増えてきています。サラリーマンをしながら飲食店を経営している人もいるかもしれません。副業で稼いだ分の収入は申告し、税金を納める必要があります。
今回は確定申告の申告書作成の方法についてご紹介します。場合によっては節税効果を得ることもできるので、確定申告の方法を理解し、正しい金額を納税するようにしましょう。

この記事の目次

副業していたら必ず確定申告をしなければいけないの?

給与所得や事業収入のある人が、本業以外にも収入を得た場合、原則として全て確定申告の必要があります。サラリーマンの場合は毎月給与から所得税が引かれているはずです。副業で収入を得た場合も同様に、所得税を国に納めなければいけません。

収入の金額によって確定申告が必要なケースと不要なケースがあります。1年間で20万円以上の副業の所得がある場合は、確定申告をする必要があります。しない場合は脱税になってしまいます。それに対して副業の所得がが1年間で20万未満の場合は確定申告をする必要はありません。

所得税の計算方法と確定申告の種類

所得税は所得(収入-必要経費)×税率-控除額で計算されます。税率と控除額は所得金額によって一定金額が定められています。

  • 195万円以下の場合 税率5% 控除金額0円
  • 195万を超え330万以下の場合 税率10% 控除金額97500円
  • 330万を超え695万以下の場合 税率20% 控除金額427500円
  • 695万を超え900万以下の場合 税率23% 控除金額636000円
  • 900万を超え1800万以下の場合 税率33% 控除金額2796000円
  • 1800万を超え4000万以下の場合 税率40% 控除金額2796000円
  • 4000万超の場合 税率45% 控除金額4796000円

また確定申告には白色申告と青色申告とがあり所得計算の方法が異なります。

  • 白色申告:年間売上-必要経費=事業所得
  • 青色申告:年間売上-必要経費-控除額=事業所得

サラリーマンをしている場合は白色申告で提出する場合が多いでしょう。

確定申告の記入方法と注意点

今回は副業をしている多くの人が行っている白色申告の方法についてご紹介します。

白色申告制度とは

各種節税の特典は受けられないのですが、簡易にできる確定申告方法です。2014年1月以降、簡単な帳簿づけをすることと、領収書・請求書・銀行振り込みの控えなどを保管しておくことが義務化されています。帳簿は7年間、その他の書類は5年間の保存が必要です。

白色申告の記入項目

  • 収支内訳書の作成
  • 確定申告書Bに収入を記載

雇用形態別の確定申告方法と注意点

アルバイトとして副収入を得る場合は、源泉徴収票を使って確定申告をする必要があります。それ以外でも業務委託やフリーランスとして副収入を得る場合は支払い調書へ取引報告書が必要となりますので、注意しましょう。

まとめ

副業をしている場合、原則として確定申告をする必要があります。もう一度おさらいしておきましょう。

  • 20万以上の副収入がある場合は確定申告をする必要がある
  • 納める税金は所得金額によって変わり、所得税=(収入-経費)×税率 で計算される
  • 確定申告には白色申告と青色申告がある
  • 雇用形態によって確定申告に必要な書類が変わる

今回の記事を参考に申告書の作り方を学び、正しい金額を納税するようにしましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。