• リラクゼーション
  • 一歩堂はり灸整骨院 整体院

2019年7月8日掲載

一歩堂はり灸整骨院 整体院

自由診療にポイントを活用するという挑戦。お客様に喜ばれる新しい取り組みも「Airペイ ポイント」と一緒だから行えます

自由診療のリピーター創出にポイントを活用

当治療院の開業は2009年8月で、今年で10年目を迎えます。その間、力を入れてきたのはオーダーメイドの治療をはじめ、整体や鍼灸、オイルマッサージといった自由診療です。同時に「ストップ少子化!」をコンセプトに、不妊や逆子、安産灸、美容、美顔鍼灸なども行い、女性の一生涯をサポートしてきました。ポイントシステムの導入を考えたきっかけは、新規の患者様を増やしながら多くのリピーターを獲得して、自由診療の受診者の比率を高めたいと思ったからです。それが他の治療院との差別化にもなると考え、検討を始めました。しかし、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷といった保険が適用される診療にはポイントを付与することができません。法律の関係上、整骨院は自由診療にしか付与できないので、ポイントが貯まる治療院は少ないのです。しかし、TポイントやPonta、WAON POINTという一般的に広く普及しているポイントを自由診療で付与できれば、患者さんに驚きを与えられて自由診療の顧客満足度向上と競合差別化につながるでしょう。そうなると狙った通り、患者様のすそ野を広げて、リピート率の向上も実現できると思い、「Airペイ ポイント」の導入を決めました。
治療院として、患者様が喜ぶような取り組みは積極的に実施したいという思いが、「Airペイ ポイント」の導入につながっています
治療院として、患者様が喜ぶような取り組みは積極的に実施したいという思いが、「Airペイ ポイント」の導入につながっています

20名近いスタッフがスムーズに使いこなせるというインパクト

「Airペイ ポイント」の導入はスムーズに進みました。20名近くのスタッフが在籍していますが、マニュアルを読んだだけで、すぐに使いこなすことができました。新人が入ってきても1カ月もあれば使いこなすことができています。ただ大勢のスタッフがいるため、曜日はもちろん午前と午後でがらりと入れ替わることが珍しくありません。そこで何かミスなどがあればマニュアル化をして、いつでもスムーズに運用できる体制を整えています。何か困ったことがあってもAirペイ ポイントのサポートスタッフがいるので安心です。電話で問い合わせをしたらすぐに解決できるので、年中無休で受け付け対応している当院にとって、これほどうれしいことはありません。現在、会計時に「ポイントカードはお持ちですか」と声掛けするとともに、タブレットをお客様の方に向けて、何ポイント貯まっているのかをご案内しています。この他にも、院内にPOPを掲示したり、SNSやホームページに掲載したりして積極的に告知しているので、ポイントカードを使えることが徐々に浸透してきているのではないでしょうか。最近、案内しないでもポイントカードを提示してくれる患者様が増えてきています。
誰にとっても使いやすいツールなので、操作方法の共有や教育もスムーズです
誰にとっても使いやすいツールなので、操作方法の共有や教育もスムーズです

ポイントをはじめとした多彩な決済手段で治療院のブランディングに成功

医療業界はITの活用が遅れています。手提げ金庫に手書きの領収書を使って会計している、古いスタイルの治療院も少なくありません。しかし、時代はキャッシュレス化です。その対応を進めながら、売上項目のデータなども即時に集計したいと思い、2018年7月に「Airレジ」を導入しました。その活用を通して、リクルートに対する信頼が高まった結果、クレジットカードを導入できる「Airペイ」、QR決済の「Airペイ QR」そして「Airペイ ポイント」と利用サービスを広げ、幅広い決済手段に対応できる環境が整っています。それが他の治療院との差別化になっているのではないでしょうか。自由診療にポイントを付与しているという積極的なアナウンスも「自由診療に力を入れている治療院」というブランディングにつながっています。私が目指しているのは「痛みを根本原因から改善に導く施術」です。今秋には分院として、女性の悩みに特化した治療院が開院します。本院と分院で相乗効果を発揮しながら、さらに地域の方々の健康の実現に貢献していきたいと考えています。その実現に向けて、「Airペイ ポイント」はなくてはならない存在です。
POPなどのツールを活用して、レジ周りでもポイントを使えることを周知しています
POPなどのツールを活用して、レジ周りでもポイントを使えることを周知しています