自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > カフェ常連客をもっと満足させる方法とは?ハートをつかむ具体的な方法3つ

カフェ常連客をもっと満足させる方法とは?ハートをつかむ具体的な方法3つ

Airレジマガジン編集部

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

あなたは常連客への正しい対応方法をご存じですか?何度も自分のお店に通ってくださるからきっと満足してくださっているはずと思っている人は要注意です。もしかしたら新規オープンしたカフェに浮気されてしまうかもしれません。今回は、カフェ常連客を満足させる具体的な方法を3つご紹介します。常連客へ適切な対応を行えば、もっとファンが増えるかもしれません。

この記事の目次

カフェ常連客を満足させる方法は?

カフェ常連客を満足させる方法を知るためには、来店動機を聞きだして記録します。当たり前のことですが、常連客をもっと満足させるためには、どのような動機があってご来店いただいているのかを理解しなければなりません。ご来店いただく目的が分かれば、あなたのお店に対して何を求めているのかが明確になります。満足してもらうポイントがわかれば、あとはその部分にもっと磨きをかけていけばいいわけです。

具体的な来店動機には下記のようなものが考えられます。

  • コーヒーが美味しいから
  • 内装が素敵で落ち着くから
  • デザートセットのケーキが美味しいから
  • モーニングサービスを実施しているから
  • お気に入りのスタッフに会えるのが楽しみだから
  • コンセントが使えるから
  • 無料wifiがあるから

来店動機を常連客から聞き出すには下記の方法があります。

  • 直接聞く
  • アンケートに回答してもらう

直接聞く場合は、いつも来店いただいていることにお礼を述べたうえで、どのようなところが気に入っているのかをお伺いするのがよいでしょう。アンケートに回答してもらう場合は、アンケート用紙にあらかじめ上記のような来店動機を記載することでお客様が回答しやすくなります。また、その他という空白欄を用意しておくことで思いがけない動機を知ることができる可能性が高くなります。お客様が自由に書き込めるスペースはかならず作るようにしましょう。

カフェ常連客はどういうお店を求めている?

カフェ常連客は原則として環境が変わることを嫌う傾向があります。そのため、いつも変わらない店舗であり続けることが大切なこととなります。いつも変わらない店舗であり続けるということは、店舗としての継続力が問われているわけです。安定した継続力を保ち続けるために大切なポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

基本は変えない

基本は変えないということは、現在のコンセプトや雰囲気は変えてはならないということです。たとえば、開業当初から長く親しまれているメニューがあったとします。常連客がお連れのお客様にも楽しんでもらおうと来店したのに、そのメニューがなくなっていたらがっかりしてしまいます。基本は変えないということが、安定した継続を可能にします。

変化への対応する

基本は変えないことが原則ですが、変化には柔軟に対応するようにしましょう。たとえば下記のような対応が考えられます。

  • 分煙店舗から完全禁煙の店舗にする
  • クレジットカードや電子マネーでのお支払いに対応する

これらのポイントをおさえれば、いつも変わらない店舗でありながら継続していくことが可能となるのです。

カフェ常連客を店舗経営に活用する方法は?

カフェ常連客にモニターになってもらうことで店舗経営に役立てることができます。まだメニューに載せていない新開発商品があれば、是非常連客に提供しましょう。気心が知れた間柄であれば、率直な意見を忌憚なくおっしゃっていただけるでしょうし、常連客からのアドバイスを新商品に反映することもできます。常連客が指摘した内容を新メニューに盛り込めば、一緒にメニュー開発したという思い出にもなりますし、そのメニューを楽しんでもらおうともっとたくさんのお客様をお連れしてもらえるかもしれません。カフェ常連客は新メニューのモニターとしての役割も担ってくれているのです。

メニュー開発の具体的な方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

リピーター続出!メニュー開発を工夫するだけで、お店はもっと繁盛する!

まとめ

カフェ常連客をもっと満足させる具体的な方法は下記の3つにまとめられます。

  • カフェ常連客を満足させる方法を知るためには【来店動機】を聞きだして記録する
  • カフェ常連客は【環境が変わることを嫌う】傾向があることを理解する
  • カフェ常連客に【モニターになってもらう】ことで店舗経営に役立てることができる

特に1の来店動機ですが、聞き出すまではいいのですが実際に記録している人はほとんどいないのではないでしょうか。来店動機を記録することで思わぬ発見があるかもしれません。これらのポイントをおさえれば、カフェ常連客をもっと満足させることができるようになります。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

中野 裕哲(なかの ひろあき)氏

中野 裕哲(なかの ひろあき)起業コンサルタント(R)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。