自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジ マガジン > 経営ノウハウ記事 > 軽減税率

軽減税率

飲食店の「立食形式での飲食料品」の提供は、軽減税率の適用対象か?
飲食店として軽減税率の対象にならないポイント2つ 軽減税率の対象品目は、「新聞」と「飲食料品」の2つに大別され…
飲食店等で「缶やペットボトルのまま」の販売は、軽減税率の適用対象か?
店内飲食における販売の形態は消費税率を左右する要因ではない 軽減税率の対象品目は、「新聞」と「飲食料品」の2つ…
飲食店や小売店のレジ前の「菓子」の販売は、軽減税率の適用対象か?
軽減税率の対象・行為をしっかり把握する 軽減税率の対象品目は、「新聞」と「飲食料品」の2つに大別されます。この…
店内飲食から「変更して持ち帰る」のは、軽減税率の適用対象か?
お客様に確認しないことは一番揉めるケースになる 軽減税率の対象品目は「新聞」と「飲食料品」の2つに大別され、そ…
料理の残りを持ち帰る折り詰め(パック)は、軽減税率の適用対象か?
当初の契約(オーダー内容)によって消費税率は決定される 軽減税率の対象品目は、「新聞」と「飲食料品」の2つに大…
2つの税率区分「イートイン」「テイクアウト」の判断基準は何か?
お客様の意思を確認してから会計をする 軽減税率の対象品目は「新聞」と「飲食料品」の2つに大別され、そのうちの飲…
コーヒーチケット(引換券)の販売は、軽減税率の適用対象か?
店内飲食か持ち帰りかを決めてから会計をする原則 コーヒーチケット(引換券)の取扱い まずは、コーヒーチケット…
店内飲食の対象外商品の販売時も、イートインの意思確認はすべきか?
イートインスペースの活用の仕方を改めて考える 軽減税率の対象品目は「新聞」と「飲食料品」の2つに大別されます。…
店内掲示をしていても、軽減税率イートインの意思確認はすべきか?
イートインスペースや休憩スペースの用途を改めてお知らせする 軽減税率の対象品目は「新聞」と「飲食料品」の2つに…
軽減税率の適用対象「イートインスペースで飲食」の確認は必要か?
10%・8%の課税税率は会計前に掲示しておくとスムーズ 8%の軽減税率の対象になる品目には、酒類・医薬品等の例外…

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAir ビジネスツールズ。