自分らしいお店づくりを応援する情報サイト

Airレジマガジン > 経営ノウハウ記事 > 飲食店のコンセプトとは?作り方や活用方法を徹底解説!

飲食店のコンセプトとは?作り方や活用方法を徹底解説!

Airレジマガジン編集部

あなたのお店には、経営方針に影響を与えるような明確なコンセプトがありますか?もしあなたのお店に明確なコンセプトがなければ、今からでも遅くないので是非作ってみましょう。あなたのお店のコンセプトが確立すれば、事業がもっと拡大して成功する可能性が高くなります。また、行列ができる繁盛店として雑誌に掲載されるかもしれません。飲食店の事業を成功させるために必要なコンセプトの作り方や活用方法を紹介していきます。

この記事の目次

そもそも飲食店のコンセプトとは?

飲食店のコンセプトとはお店のテーマや骨子となるものです。コンセプトはお店の雰囲気そのものにダイレクトに関わってくるため、事業の成功に大きな影響を与えることになります。また繁盛店や人気店には、かならず明確なコンセプトが存在します。なかには経営者が意図していない場合でも流行るお店には明確なコンセプトが根底にあり、結果として統一感のあるお店作りになっているものです。そのため、飲食店のコンセプトをつくることは、事業を成功させるための近道であるということがいえるのです。

それではさっそく、飲食店のコンセプトの作り方をご紹介しましょう。

コンセプトの作り方は?

飲食店のコンセプトを作る方法は2つあります。

  1. アイディアとコンセプトを分けて考える
  2. 豊富なアイディアからコンセプトを見極める

アイディアとコンセプトを分けて考える

アイディアはコンセプトと似ていますが、分けて考えるようにするのがポイントです。たとえば、カフェオレはマグカップではなくカフェオレボウルで提供したいというのは、コンセプトではなくアイディアです。また、カフェオレをカフェオレボウルで提供して、子育て世代の主婦層に心の底からくつろいでもらいたいというのはコンセプトです。

  • こういうことがしたい:アイディア
  • 誰にそのアイディアを提供したいのか:コンセプト

アイディアとコンセプトを分けて考えることで、誰に何をしたいのかを明確にすることができます。

豊富なアイディアからコンセプトを見極める

自分の構想から出てきたアイディアだけでなく、以下のアイディアも是非取り入れるようにしましょう。

  • トレンド情報の収集
  • 繁盛店を観察して得られるアイディア

自分の頭の中にあるアイディアだけでコンセプトを作ると、独りよがりな経営になってしまいがちです。本当に愛されるお店にするためには自分の構想以外のアイディアを取り入れるようにしましょう。具体的な方法はこちらの記事で是非ご確認ください。

飲食店を開業するための7つのステップ! 「コンセプトづくり」で繁盛店を目指そう

コンセプトを作ったらどうすればいい?

お店のコンセプトは以下のように応用することができます。

お店のキャッチコピーに活用

お店のコンセプトをキャッチコピーに活用する方法はこちらの記事でご確認いただけます。

飲食店のキャッチコピーはつけるべき?他のお店と差をつけよう!

スタッフの接客マナーに活用

お店のコンセプトが明確になれば、スタッフの接客マナーも統一感を持たせることができます。接客マナーに関する髪型やメイクに関する記事は以下の記事でご確認ください。

【接客マナー】髪型まで意識していますか?好感度を上げる3つのコツ

【接客マナー】メイクは大丈夫?お客様の好みに合わせる方法と事例紹介!

メニューコンセプトに反映

メニューコンセプトに反映する方法は以下の記事を参考にしてみてください。

リピーター続出!メニュー開発を工夫するだけで、お店はもっと繁盛する!

カフェメニューのレシピはどう作る?お客様を呼び込むメニューとは?

まとめ

飲食店のコンセプトについて復習しましょう。

  • 飲食店のコンセプトを作ることは事業を成功させる近道となる
  • 飲食店のコンセプトの作り方は【アイディアとコンセプトを分けて考える】と【豊富なアイディアからコンセプトを見極める】の2つである
  • 飲食店のコンセプトは、キャッチコピーや接客マナー、メニューコンセプトに活用することができる

明確なコンセプトを確立すればブレない経営をすることができるため、事業が失敗する確率を低くすることができます。繁盛店とそうでないお店をよく観察すれば、コンセプトの違いや有無で圧倒的な差がついていることが分かるでしょう。あなたのお店もコンセプトを明確にして、キャッチコピーやメニューに取り入れるようにしましょう。

※この記事は公開時点の情報を元に作成しています。

メールにて「経営お役立ち冊子」のダウンロードリンクをお送りします。

この記事を書いた人

Airレジマガジン編集部

「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。

集客から会計、仕入れまで。お店の業務に役立つAirシリーズ。