導入事例 - iPad対応の受付・順番待ち管理システム - Airウェイト -

中華そば 多賀野 導入事例

  • 飲食店
  • 受付
Airウェイトの導入効果

街とお客様に迷惑をかけずに新時代の店舗運営を実現。
行列が解消し、新たなファンも獲得できました。
2020年8月21日掲載

中華そば 多賀野

行列による「3密」状態を解消し、お客様と地域に安心感を与えたい。

大好きなラーメンを通して、地域に愛される店を作りたい。その思いの下、1996年に品川区の中延に「中華そば 多賀野」をオープンさせました。店が繁盛し始めたのはオープン2年目からです。魚介系ラーメンのブームに合わせて雑誌やテレビで紹介されて、連日、50人くらいの行列があたりまえとなりました。客層は若者からご年配の方まで幅広くいます。創業からそろそろ25年を迎えるとあって、3世代にわたって通ってくれるお客様も珍しくありません。実直に味と向き合ってきたからこそ、長い間、ファンでいてくれる方がいるのではないかと思っています。だからこそ、たくさんのファンがいる証でもある行列は、ラーメン店にとって誇りです。「並んでいるからおいしい」という印象を与えることができるので、行列がもたらすメリットは計り知れません。しかし、新型コロナウイルスの感染が広がり、「3密」を避ける必要が出てきました。そこで間隔をとって並んでもらったところ、今度は行列が長くなり、近隣の店舗や住民の方に、他店舗に入りにくいなどといったご迷惑をかけてしまいました。行列には販促効果がありますが、お客様の安全が第一です。それに中延で商売をしているからには、街に迷惑をかけるわけにもいきません。ですので、緊急事態宣言に合わせて休業をし、行列を解消するために順番待ちシステムの導入を検討し始めました。
中華そば 多賀野 導入事例1

「Airウェイト」の導入前、新しい時代に合わせて、どうラーメン店を経営していくか悩んでいました。

行列解消だけでなく、お客様との新しい関係づくりにも活用できるツール。

最終的に「Airウェイト」の導入を決めた理由は2つあります。1つ目がコストの安さで、2つ目が契約違約金や契約期間の縛りがないことです。お店に合わなければ解約すればいい。それくらい気軽な気持ちで導入することができました。実際に店舗で稼働させる前には常連客で使い方を試したり、テイクアウトで活用したりしたので、営業再開後に問題は起きていません。「Airウェイト」導入の効果はてきめんです。導入前は1人の従業員がつきっきりで行列を管理する必要がありましたが、今はその必要がありません。行列が解消したお陰で、「3密」も無事に解消できました。地域に根付いた店づくりを目指しているからこそ、そのインパクトはとても大きいです。実を言うと、長年通ってくれているにもかかわらず、顔と名前が一致しなかったお客様がいました。「Airウェイト」の導入後、番号券を発券する時に必ず全員のお客様とお話ししています。それを通して、一人一人のお客様に対する理解が深まり、ファンづくりにつながっています。
中華そば 多賀野 導入事例2

以前は業務に必死で、お客様とゆっくり話す時間がなかったため、交流の機会が作れた意義は大きいです。

導入の結果お客様に大好評で、ご年配の方も無理なく使ってくれています。

導入後、お客様からのクレームは一切ありません。ご年配の方も面白がって使ってくれています。病院や銀行にも番号券を発券するシステムがあるので、私たちが想像している以上に慣れているのかもしれません。スマートフォンを使えない方には「〇時に来てくださいね」と発券時に一言かけるだけで問題なくご来店いただけています。導入前、不満に感じるお客様もいるのではないかと心配していました。しかし、「とても便利だ」と喜んでくれる方がほとんどで安心しています。また、「Airウェイト」の導入をきっかけに街を散策する人が増えました。当店の周辺は、中延商店街を中心に多くの店が軒を連ねています。待ち時間の間、商店で買い物をしたり、喫茶店でくつろいだりしている方が増えるなど、中延商店街を楽しんで頂ければとても嬉しく思います。テクノロジーの導入に抵抗感のあるラーメン店も少なくありません。しかし、「Airウェイト」ならiPad一台でIT化が一気に進みます。ブランドページに機能紹介やよくある質問などがまとまっているので、ITに疎い人でもスムーズに使いこなすことができるでしょう。
中華そば 多賀野 導入事例3

直感的な操作が可能なので、年齢を問わずスムーズに使いこなすことができます。

未来の当店を支える新たなファンの開拓もできています。

「Airウェイト」を導入した結果、行列に並ばなくてよくなったので、これまではあまり来店されなかったカップルや家族連れの姿が増えました。また、中延周辺は再開発が進んでおり、新しい人がどんどんと流入してきています。そうした方にも気軽に利用してもらえるようになって客層はグッと広がりました。つまり、待ち時間を有効に使ってもらったり、入店までの心理的なストレスを軽減したりするだけで、これまで集客できなかった層にアプローチできるようになったということです。「中華そば」や「つけめん」「ごまの辛いそば」といった自慢のメニューを実際に食べてもらうことで新たなファンの獲得につながっています。「Airウェイト」は受付管理だけでなく、販促ツールにもなるので、スタッフを1人雇う以上のメリットがあることは間違いありません。これから新しい生活様式に合わせなければ、お客様に選ばれる店を作れなくなります。当店は「Airウェイト」で新たな可能性を開くことができました。引き続き、その力を借りながら、ポストコロナ時代にも選ばれる店をつくっていきたいです。
中華そば 多賀野 導入事例4

「Airウェイト」のお陰で、これから先の時代も自慢の一杯を届けられる手応えを感じています。

企業プロフィール

中華そば 多賀野 プロフィール
中華そば 多賀野 飲食店
中華そば 多賀野 プロフィール
〒142-0053 東京都品川区中延2丁目15−10
TEL.03-3787-2100
「中華そば 多賀野」の原点は、店主の高野氏の趣味のラーメンづくりだ。その味をもっと多くの方に楽しんでもらいたいと思い、1996年に創業。品川区中延で根強い人気を誇り、客の70%をリピーターが占めるほどファンが多い。2019年には香港にライセンス契約の店舗ができ、同店の味は世界に広がろうとしている。

その他の導入事例

動画の停止